エレファントカシマシDB 2004/08/08(日) ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2004 セットリスト

30th ANNIVERSARY TOUR 2017

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.パワー・イン・ザ・ワールド

前回は0724YAMABIKARI 
1曲目に演奏

02.平成理想主義

03.達者であれよ

04.友達がいるのさ

前回は日比谷野外大音楽堂 
12曲目に演奏

05.悲しみの果て

前回は日比谷野外大音楽堂 
3曲目に演奏

06.歴史

前回は0724YAMABIKARI 
4曲目に演奏

07.化ケモノ青年

前回は0724YAMABIKARI 
3曲目に演奏

08.ハロー人生!!

前回はSHIBUYA-AX 
12曲目に演奏

09.どこへ?

前回は0724YAMABIKARI 
7曲目に演奏

10.生命賛歌

前回は0724YAMABIKARI 
8曲目に演奏

11.ガストロンジャー

前回は日比谷野外大音楽堂 
15曲目に演奏


ZONOTTYさんのライブレポート

野音で出会ったりふたりとともに6時間高速を走り続け、ひたちなかへ!
3日目HY、HUSKING BEEにつづいていよいよ我らがエレカシの登場!!
パワー・イン・ザ・ワールドからエレカシワールドの始まり!
フェスで新曲を3曲もやるなんてこれまた吃驚!(1曲は「友達がいるのさ」でした。)
白シャツか夏空に映えて、とても素敵なステージでした。
宮本氏の即興ひたちなかのうた「ひたひなか~♪」も素敵でした(笑)

ひろこさんのライブレポート

サポートメンバーが2人。宮本さんは髪がサッパリとしていて,すこしやせたなぁと思われました。しかし相変わらずの脚線美。あの年齢であの体型をどうやってキープしているのだろう?やっぱりトレーニングしてるのかな。あまり想像できないけれど。去年と同じく白シャツを着ていて,“お坊っちゃん”という感じの出で立ちでした。途中シャツの胸をはいでボタンが飛んでいった。はだけた胸がまたかっこいい。宮本さんのライブパフォーマンスは,いつ見ても圧巻で,見る者を魅了しますね。今回エレカシのライブを始めて見るという姉も,固まっていました。あの声と,あの目とあの動きに。今回はなんだかたおやかなポーズもいろいろ見せてくれて。悩ましげな面持ちで,両胸にクロスした手の平をあててくねくねとしたり。ヒジョーに(ヒジョーに!)セクシーでした。メンバーの表情もはっきりと見える場所まで行けたので,宮本さんに引っ張られて前で演奏してくれた石くんの,元に戻るときのはにかんだ顔もばっちり見え,とてもかわいかったです。今まで自分が見た中で一番安心して見ていられました。観衆にもたくさん声をかけてくれて。なんか,機嫌良さそうで(笑),すごくうれしかった。

みずきさんのライブレポート

文句なしで楽しいフェスだった。エレカシの出番のときはステージ前が、ハッキリ言って非常にゆるゆるだったけど~。「良い風吹いて~♪」とミヤジが歌ったとおりに風が心地よかった。野外で聴くエレカシ、グーです!フェスのオフィシャルサイトでクイックレポみたけど、使われてる画像にいっこも宮本以外のメンバーが映ってないのが不満だ。

workingmanさんのライブレポート

やはり暑い時間帯にエレカシ。メンバーと共に登場した宮本さん、マイクを素通りしてステージの最前の方へ。そして凄まじい眼光で観客に睨みをきかせる姿がおっきなモニターに映し出されるとうぉぉぉおおお!と観客もヒートアップ、そのままパワーインザワールド。すごかった。フェスに行くと改めて宮本さんの声のでかさに気づかされます。ほんとどうなってるんだろう。。

映像備忘録さんのライブレポート

パワー・イン・ザ・ワールド ・友達がいるのさ・悲しみの果て・生命賛歌   (M-ON!)

象牙さんのライブレポート

初めてライブでガストロンジャーを聴きました。
我を忘れて盛り上がってしまった。

tkoさんのライブレポート

フェスではエレカシの印象があまりないんだなあ。

ころぼっくるさんのライブレポート

エレカシらしからぬ格好良さの「平成理想主義」には度肝を抜かれた。
後にも先にもこの日はベストアクト。

アロエさんのライブレポート

恒例行事



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ