エレファントカシマシDB 2004/01/15(木) ROCK YOU LIVE VOL.5~QUIET RIOT~ セットリスト

30th ANNIVERSARY TOUR 2017

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.生きている証

前回はROCKIN'ON PRESENTS COUNTDOWN JAPAN 03/04 
6曲目に演奏

02.月の夜

前回はSHIBUYA-AX 
11曲目に演奏

03.傷だらけの夜明け

前回は新宿コマ劇場 
19曲目に演奏

04.悲しみの果て

前回は名古屋E.L.L. 
12曲目に演奏

05.化ケモノ青年

前回は新宿コマ劇場 
20曲目に演奏

06.パワー・イン・ザ・ワールド

前回は新宿コマ劇場 
18曲目に演奏

07.イージー

前回は新宿コマ劇場 
17曲目に演奏


スパイダー・ウェブ・ローズさんのライブレポート

下手から登場。白シャツで、ギターは何本使うのか?全部、持ってきた。という感じに、置いてありまして。宮本さんが登場とともに、会場から「宮本~」「みやじー」の声援。すでに、よい空気が会場を包み込むようだった。椅子が用意されていた。
1曲目は、「生きる証」と勝手に名付けたい曲、この歌詞の”父をこえたい想い。母を慕う心。花を愛で(づ)る心。”この唄い出しがいい。この曲の中で、”今とかさぁ~”って唄うのが、
好き。やっぱり、歌で生きていかなきゃ。これだけの表現力をもっているのだもの。
そして、この曲を聴いていると、生きていること自体の意味。生きていることの証明。それは、おそらく、不確定で証明不能なのかもしれない。けれど、絶対的に正しい証明は与えられなくても(それは、本当は無理なのだけど)、正しい確実なこと信じられること。そう、思えてくる。
この曲が終わって、ピースサインをしてた。
2曲目は、「月の夜」だったけど、歌がとてもよかった。
3曲目は、コマで唄ったときに、異常に短かった曲で、♪夜と朝の間の~ だなんて、まるでピーターのような歌詞で、コマで聴いた時は、正直・・・・やめとくれ・・・。と、思ったけど、
今回はとても良かった。自然は昔に比べてその美しさは劣ってしまてるかもしれない、私達だって自然の一部なわけだし、星や雲や 幸いにも青い昼間の空と、朝焼けや夕焼け。青い夕焼けではなくて、地球に住んでいることを感じるもの。美しくて儚いものを 女の人にあげたいんだ。
4曲目は、「悲しみの果て」だったか・・・そうか・・・。
5曲目は、「バケモノ青年」”あら?お父さん~”が、今日の方が、コマよりふっきれてて良かった。この曲が始まって、会場からも声援があがったように思う。って、自分が、”ひゅー”とか、言ってしまったような。つい。
曲が終わるたびに、だらーん。と、仰け反り。”次は、どうしよう?”という感じ。

MCは、今日は、独りなので向き合ってます。とか、言ってた。その通り、宮本さんがスタジオに人を呼んで聴かせてくれてるような、そんな雰囲気。
それから、いつもは、バンドでやってるので、シャツとか破ったりできるんだけど。
みたいな、間が持たないのか?ギターを弾いてて、シャツを破けなくってお困りの様子。
帰りに、脱いで帰ってたけど。
それから、即興曲みたいなのを弾いてみて、”できると思ったんだけどなぁ”とか、
ちゃんと、曲は準備してこなかったんでしょうか。それとも、演技でしょうか?
”レコーディングしているんだけど、もっと弾き語りの曲を創っておけばよかった”とも、言ってたような。

6曲目の「パワーインザワールド」をギターだけで唄うとは、驚いたけど、カッコ良かった。
7曲目は、「結論」(?)最初、けっつろーん ってなんのことかと思ったが、結論だった。
男は強いイメージ、女は男に抱かれて眠る。とか、、
そうか・・そういう女性がお好みなのか、男と女の理想関係の結論といったところ。ちゃんと、聴いてみないとわからないけど。

凄いボーカリストだと、改めて思った。
確かに、声のちゃんとでてないところもあったかも知れないけど、
気迫が凄かったし、全身で歌う姿に感動した。それに自由な自分の呼吸で歌っていたのが、良かった。

山田六郎さんのライブレポート

「先生一人で大丈夫なのかなあ」とやや不安げに見てたら
やっぱり右往左往してた・・・。
一曲目の「生きている証」と「今夜は酒持って来い!」「結論」が未だ頭から離れず。

スピッツの二人を見て思ったのは、ライブってこんな緊張感なしで見られるんだなあ
ということ。

ミノムシハニーさんのライブレポート

弾き語りと聞いちゃ行かねばと。渋谷の街を走る走る~出番に間に合ってよかった~コマとは違った感じで新曲が聞けてよかったです。何を唄うかかなり悩んでいたけれど、本当に気軽にステージにあがって来ちゃったんだろーか?どーなの?

showさんのライブレポート

1.不明
『父を超えたい心。母を求むる心。それが生きてる証』

2.月の夜

3.不明
『夜空も星も全て君にあげよう。』

4.悲しみの果て
『浮かんで消えるだろう』まで。ひどい。

5.バケモノ青年
『おい今夜は酒持って来い。あの19世紀以来今日に至るまでこの国の男の魂はいつだって右往左往』

6.パワー・イン・ザ・ワールド
『怒りの歌だ。枯れ果てた大地の一輪の花。』

7.不明
もう予定がないらしく頭を抱える。なんにもないんだごめん。
『結論。結論。それが結論』

ケプラーさんのライブレポート

宮本独り。メンバーに見守られやったらしいけれど。困ってましたが、他に出演していた人達とはもう歴然たる違いを感じましたね。テクニックとかではなく、力を持ってる人なのだと実感しました。かっこよかったよ宮本。

ぴのさんのライブレポート

ソロも面白いじゃないか。
スピッツなんぞより全然いいぞ。

Niandraさんのライブレポート

こういうイベントは初めて。こんな狭い箱で、しかもアコースティックライブだし。私の持論ではアコースティックで聞いて良い曲は、バンドでやろうがどんな形でやろうが良い曲なのだと。やはり良かった。

宵待ダルさんのライブレポート

参戦!

ダイスケさんのライブレポート

なんとか宮本が見れるところには居れた。独り、のはずがメンバー全員来てて保護者会みたい・・・だ。選曲に迷ってたので「あれもあるじゃん!」となんだっけかな何か曲名叫んでみたけど、そりゃ反応ないわなー。ははは。

ex after meさんのライブレポート

突然ソロって「???」と思いながらも当然参戦。今日は、バンドのボーカルがみんなソロでやるスペシャルな夜。それもsyrup16g、 spitzなどビッグネーム。それでもミヤジは異才を放っていた。アコギでやれるいい曲いっぱいあるでしょ、あんたは。なのにエレキで爆音。おまけに一人でやるような曲はないとかいってるし。ミヤジの声っていいなぁ、と改めて思った。あと、syrup16gの独特の声に強烈にやられました。これから好きになりそう。草野さんもやっぱいい声だった。それにしても、一人であの迫力はどーよ。エレカシここにあり!!

ころぼっくるさんのライブレポート

二日前のライブより、この日の弾き語りのほうが圧倒的に良かった。
石くんが舞台下手にいるのが気になって仕方なかった。



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ