エレファントカシマシDB 2003/09/04(木) 新宿LIQUID ROOM セットリスト

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.俺の道

前回はMONSTER BaSH 2003 
1曲目に演奏

02.ハロー人生!!

前回はMONSTER BaSH 2003 
2曲目に演奏

03.季節はずれの男

前回は新宿LIQUID ROOM 
5曲目に演奏

04.歴史

前回はROCK IN JAPAN FESTIVAL 2003 
5曲目に演奏

05.覚醒(オマエに言った)

前回は神戸チキンジョージ 
6曲目に演奏

06.ろくでなし

前回は神戸チキンジョージ 
8曲目に演奏

07.ラスト・ゲーム

前回はMONSTER BaSH 2003 
3曲目に演奏

08.勉強オレ

前回は神戸チキンジョージ 
5曲目に演奏

09.オレの中の宇宙

前回はKOIWAI ROCK FESTIVAL ロックのほそ道 
6曲目に演奏

10.ロック屋(五月雨東京)

前回はMONSTER BaSH 2003 
6曲目に演奏

11.生命賛歌

前回はMONSTER BaSH 2003 
8曲目に演奏

12.武蔵野(アンコール1)

前回はSHIBUYA-AX 
8曲目に演奏

13.悲しみの果て(アンコール1)

前回はMONSTER BaSH 2003 
5曲目に演奏

14.どこへ?(アンコール1)

前回はMONSTER BaSH 2003 
7曲目に演奏


showさんのライブレポート

まさしく俺の道ツアーだった。ちょっと短め。例の新曲どう?U2のようなハイフレットのギターが絡み、LET ME SEE のように聴こえるところはブライアンフェリーの歌いっぷりっぽい。悪く言えばまとまりすぎている。他の曲はなかなかタイトな演奏だった。ストーンズの PAINT IT BLACK を口ずさみ、石クンにイントロ弾かせるがミヤジが『できない』と言って終わった。なんなんだ。

『どこへ?』で石クンがコードカッティングでトミとタイミングを合わせようとしたらミヤジが格好悪いからやめろと。んー。ミヤジの微妙な気持ちなんか分からないっつうの。

山田六郎さんのライブレポート

最前列で見てて、圧死寸前でした。
宮本先生かっけー!

スパイダー・ウェブ・ローズさんのライブレポート

待ちに待ったぞ『俺の道』TOUR!今後、これほど近くに行くことはないぞ!というほど至近距離で観ていました。宮本さんは大暴れで怒ってもいたけれど、許せる怒りん坊さんだった。私にとっては心の中に大切に保存しておきたいライブになった。と・・止めたんだけど、興奮が少しばかり落ち着いてきた。宮本さんは黒シャツに黒のズボン(後ろのポケットが両方とも破れてるタイプ)黒の靴下(毛玉付き)黒のペタンコな靴(裏イボ)。冨永さんは、ボルドーっぽい赤のTシャツ。1曲目を唄う前に「聴こえますか?」とか、なんとか、聞いていだ。誰に、聞いたんだかわからないので、困ります。そして。ファンの皆様。宮本さんがボタンを1つ外しただけで、前に押さないでください(笑)。私が、後ろの方だったら、当然、歓声あげて前進します。2曲目の”ハロ人”で早くもドラムセットに突っ込む。まだ、始まったばかりだったので、正直”何で?”と思ったのだけども、嫌な印象を受けなかった。冨永さんの表情が冷静で、大暴れする子供とやさしく見守るお父さんのように思えたからかな?3曲目は、何を唄ったのか実は覚えていない。4曲目は新曲で洋楽(ってったって、洋楽聴かない私がわかるはずもなく)っぽいような。あのメロディに歌詞が、日本語で?もう、このまんまでもいいんじゃんか?ってくらい、メロディが美しいと感じた。新曲が1曲だけだったので、歌詞なしでも聴いてて辛くなかったのもよかった。さぁ、ヤバイ。もう、覚えてない。「ろくでなし」では、「ションベンシテェ」と、言っっただけではなく、モジモジ君みたいな動作をしてて、”マジ、ヤバッ!ここで、すんなよっ!”と思ったほどだった。変でした踊。その後のパフォーマンスの部分も感情が体からにじみ出てくるようで圧倒されました。「ロック屋」で子供の頃のことを唄うところがあるけど、あの歌詞の時だけは、顔を観ることができなかった。音楽上や生きていく上での辛い気持ちを歌っているのは、平気で聴けるんですけどね。MCは「役所に行った。新宿は儲かってるから、のんびりしてる。渋谷も・・」とか、そうのような内容のことでした。そして、その話の続きがない。石森さんを後ろの隅まで追いやった後、アドリブでなんか上手いことやって欲しかったみたいで、そんなことを言ってたけど「みんなの前で怒るのは嫌だ。かっこ悪いから」と、言ってました。”じゃぁ、言わなきゃいいじゃん!”と思うが、言っちゃうから彼らしいんだとも思えるので、好きにしてくれ。この話だけは終わりがありました。その曲の石森さんのギターはカッコよかった。「勉強オレ」の時は、唄いだしの歌詞を忘れたような顔をしていた。(気のせいかも)
自然に身体が動く。生命賛歌で終わりだったんですが、「どこへ?」を歌ってないことに気が付かなかった。そして、アンコールは「武蔵野」「悲しみ果て」「どこへ?」だったので、「どこへ?」という曲で歌おうとしていることを、補完しているように思え、よりこの曲が引き立ったし印象深い。アンコールの時は、宮本さんが白シャツ。石森さんがツアーTシャツの黒を着てました。興奮しているのに、私の手は終始ピグモン状態だった。エレカシ、中くらいのところで観た方が、いいのかも??帰りに火星がよく見えた。綺麗だった。

チロさんのライブレポート

なんと、4年ぶりのエレカシライブ!なんか初めて見た時よりドキドキしてた気がします。あまりにもタイトで無駄のない構成でカッコ良かったのですが、やっぱり終わった時「えぇっ!?もう終わり?」って感じで。ちょっと短すぎ、と思いました。
しかし宮本さん、トミさんのドラムセットに飛び込んだり、石クンに「アドリブもできねぇのかよ!」と言ってみたり多少、荒れ気味?と思いましたが真剣さが伝わってきて、それもまた良しと。この何がおこるかわからない感じがたまりません。個人的には「武蔵野」より「ガストロンジャー」が激しく聴きたかった・・・。

ケプラーさんのライブレポート

なんと7年ぶりのエレカシ!ずっと貧乏で観れなかったのだ~。とうとうエレカシ観れる日がやってきた…と期待しまくりで行ったわりに、何だか拍子抜け。あれ??近くで観たわりに印象の薄いライブでありました。

みずきさんのライブレポート

今にして思えば、この日がアタシの“歴史”初聴き記念日。歌詞無しのこの曲にひと目(耳?)惚れ!
ミヤジは石くんに水かけるわ、ギターに蹴りいれるわ、ヘッドロックかけるわでもう大変(笑)「ジュウシマツみたいなカオして」とも言っていた。どんなカオだよ?!

宵待ダルさんのライブレポート

参戦!

ダイスケさんのライブレポート

思い出せないけどイマイチだったような。
初日だからですかね。

Tomoさんのライブレポート

「どこへ」のエンディング近く、顔を上げてフロアの隅々を見渡していた宮本さん、何を確認していたのだろう。
歌詞が出来上がっていない新曲をやるというのは、よほど今気に入っているのだろう。と推測するのが普通だろう。普通が通用するかどうかは疑問だが。ミディアムで、チョッパーベースでも合いそうなリズムだった。こんなこと考えるのも高緑さんに絡んでいたからで、何となくチョッパーだと絡みづらいんじゃないかと、そんなアホな画面が浮かんだからだ。



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ