あやめちゃんを救う会

エレファントカシマシDB 2002/05/31(金) 渋谷公会堂 セットリスト

30th ANNIVERSARY TOUR 2017

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.奴隷天国

前回は渋谷公会堂 
1曲目に演奏

02.おはよう こんにちは

前回は渋谷公会堂 
2曲目に演奏

03.デーデ

前回は渋谷公会堂 
3曲目に演奏

04.武蔵野

前回は渋谷公会堂 
4曲目に演奏

05.女神になって

前回は渋谷公会堂 
5曲目に演奏

06.部屋

前回は渋谷公会堂 
6曲目に演奏

07.面影(おもかげ)

前回は渋谷公会堂 
7曲目に演奏

08.秋-さらば遠い夢よ-

前回は渋谷公会堂 
8曲目に演奏

09.かくれんぼ

前回は渋谷公会堂 
9曲目に演奏

10.マボロシ

前回は渋谷公会堂 
10曲目に演奏

11.暑中見舞-憂鬱な午後-

前回は渋谷公会堂 
11曲目に演奏

12.真夏の革命

前回は渋谷公会堂 
12曲目に演奏

13.普通の日々

前回は渋谷公会堂 
13曲目に演奏

14.so many people(アンコール1)

前回はSHIBUYA-AX 
1曲目に演奏

15.ふわふわ(アンコール1)

前回は札幌道新ホール 
14曲目に演奏

16.浮雲男(アンコール1)

前回は渋谷公会堂 
15曲目に演奏

17.昔の侍(アンコール1)

前回は渋谷公会堂 
16曲目に演奏

18.星の降るような夜に(アンコール1)

前回は札幌道新ホール 
16曲目に演奏

19.孤独な旅人(アンコール2)

前回は福岡市民会館 
14曲目に演奏

20.珍奇男(アンコール2)

前回は渋谷公会堂 
19曲目に演奏

21.ハローNew York!(アンコール2)

前回は渋谷公会堂 
21曲目に演奏

22.あなたのやさしさをオレは何に例えよう(アンコール2)

前回は渋谷公会堂 
22曲目に演奏


Tomoさんのライブレポート

高音の出があまりよくなかった。部屋のファルセットもかすれていた。それでも全身が震えるくらい美しいファルセットだった。一体どうなってしまったのだろう、私の耳は。

showさんのライブレポート

『ソーメニーピーポー』でやたら盛り上がった。ライフツアーでは『ソーメニー・・』やったのはこの日だけだったようだ。今日は『世界禁煙デー』知ってか知らずか、「みんなタバコを吸おう」と言って『浮雲男』へ。かなりまとまったステージになってしまったことを、「これはこれでいいじゃないですか」とも。やっぱりわざと緊迫したステージを狙っているんだな。
トミには裏で「オレがステージで何やっても気にしないでくれ」とか言っているのかもしれない。そう勘ぐるほどライフツアーは全体的に荒れていたようだ。

クリスティーヌさんのライブレポート

 ツアー最終日。チケットぎりぎりに購入したら、最後列から2番目だった。この日は立ち見も出てたみたいで、やっぱ東京はすげーやと思った。一番後ろから観るツアーフィナーレ。これまた最高でした。途中、やっぱり宮本氏で北極圏のように冷たく凍りついた会場でしたが、無事感動のフィナーレ!ライフツアー最高だった、気が付いたら6回参戦して、お腹一杯になりました。ありがとうエレカシ!!!

Rooさんのライブレポート

初の最前。宮本氏が「ぷかり~ぷかり~」と目の前で歌っている姿が今でも目に焼きついています。ど迫力。最高のライブでした。

kazuさんのライブレポート

新曲はかなりライブ向け。箱はやっぱ最高!

みずきさんのライブレポート

月末だったから参戦を諦めていたが、奇跡の様に間に合った。「ライフ」はファンのなかでも好き嫌いが別れるアルバムだけど、私にとってはリアルタイムでリリースを体験したアルバムなので感慨もひとしお。最高に嬉しいツアーだった。そのファイナル。珍奇男でちょっと怖い場面があったけど、充分楽しめた♪

映像備忘録さんのライブレポート

完全中継 (Viewsic)   DVD

ころぼっくるさんのライブレポート

奴隷天国で震え上がり、珍奇男で凍りついた。

junさんのライブレポート

初めてのエレファントカシマシのライブの参加でした。
この頃はあまり昔の曲は聞いておらず、宮本氏が「ふわふわ~ッ!」と歌う前に曲名を言われ、2階席から見ると1階席の人たちが飛び跳ねていたのを見て、可愛らしい曲なのかな?とその時は勝手に思っていました。今、思うとすごい大間違いでした・・・。
途中のMCの時に、会場中が緊縛した状態になり、今までに行ってたライブではそんな体験した事が無かったので、
かなり衝撃的でした。
宮本氏は職人気質の人なのかなと、その時思いました。
ライブが終了し、会場を出て階段を降りながら回りを見ると、意外に女性が多かった事に驚きました。
ライブの最中、凄い格好いいッ!と思った曲は後日ライブDVDが発売されて、確認したら「珍奇男」でした。



103さんのライブレポート

初ライブ。初の生宮本に驚愕。宮本監督が脚本・演出・主演した作品を見せられた気がした。この人どうなってんの?などと退いているのは周りを見渡してもどうも自分だけらしい。バンドのメンバーは誰もあの人に注意せーへんのか?とかそういう考えがアタマを巡る。ほっといてええのん?ちょっとそこらのファンの人!この人達はこれでええんですか?と聞いて廻りたい衝動に駆られる。見ている客が焦るとはどういうバンドなんだ。でも最後にはナナメ前の大きいおねえさんにつられ、ぷかり~と手をあげたんだから~はまっていた。ふらふらと赤本やパンフなどを購入して出ると、その場にいた別のお姉さんから声を掛けられた。のでここぞとばかり喋り倒すことに。するとその人はエレファントカシマシ初体験者の私に「これからもエレカシを応援してね」と何度も言って去って行った。田舎に住み暮らしている自分にとって、この渋公の夜のエレファントカシマシは『麻薬作用をもたらす強すぎる刺激物』の最初の一滴みたいなものだった。



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ