エレファントカシマシDB 1999/12/16(木) 広島アステールプラザ大ホール セットリスト

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.soul rescue

前回は熊本県立劇場演劇ホール 
2曲目に演奏

02.so many people

前回は熊本県立劇場演劇ホール 
3曲目に演奏

03.デーデ

前回は熊本県立劇場演劇ホール 
4曲目に演奏

04.星の砂

前回は熊本県立劇場演劇ホール 
5曲目に演奏

05.真冬のロマンチック

前回は熊本県立劇場演劇ホール 
6曲目に演奏

06.シャララ

前回は熊本県立劇場演劇ホール 
7曲目に演奏

07.珍奇男

前回は熊本県立劇場演劇ホール 
8曲目に演奏

08.ゴクロウサン

前回は熊本県立劇場演劇ホール 
9曲目に演奏

09.花男

前回は熊本県立劇場演劇ホール 
10曲目に演奏

10.赤い薔薇(アンコール1)

前回は福岡サンパレス 
13曲目に演奏

11.悲しみの果て(アンコール1)

前回は熊本県立劇場演劇ホール 
11曲目に演奏

12.遠い浜辺(アンコール1)

前回は川口リリアメインホール 
12曲目に演奏

13.風に吹かれて(アンコール1)

前回は熊本県立劇場演劇ホール 
12曲目に演奏

14.やさしさ(アンコール1)

前回は日比谷野外大音楽堂 
18曲目に演奏

15.BLUE DAYS(アンコール1)

前回は福岡サンパレス 
14曲目に演奏

16.I am happy(アンコール2)

17.ガストロンジャー(アンコール2)

前回は熊本県立劇場演劇ホール 
16曲目に演奏


pommeさんのライブレポート

福岡のみではまたきっと満足しないだろうと予測していた私は、広島行きをひとり決めていた。「ああ来てよかった。」
なぜならミヤジがものすごくノッていたのだ。
声の調子は1000パーセント。「イエエエエエエエエ〜」とマイクなくても通りそうな声。

私の席は6列25番のド真ん中。まさにストライクゾーン(?)。
しかも6列目からちょうど一段高くなっていてステージ全て見渡せた。
広さも1200人位でコンパクト。

宮本さんは本当に気をつかう人のようで、警備員のお兄さんが一番前のスピーカーの前に立っていると、一列目端の観客の邪魔になってたようで、その警備員に「お仕事中にすみませんが、もうちょっと奥に行ってもらえますかね。(観客の人が)見えないんで。」と言っていた。

アクシデントもあった。ギターの石くんがステージ中央にでてきたとき、宮本さんが石くんの首にマイクのコードをぐるっと一周させて首をしめた(!!)ので、石くん機材に足をとられうしろにぶっ倒れた。「大丈夫ですか!?」とか言ってたけど、災難だな。
そのあと宮本さんは「小学生のときに、同級生の子の首しめて気絶させちゃったことあります。」・・・(!!)

もうひとつが、歌ってるときに機材のガムテープをはがしはじめ、床に投げ捨て、また拾ってなぜか頭につけた(!!)。
そして取ろうとすると取れない。(当たり前じゃあ!)
歌が終わってすぐステージから引っ込んだあと、5分以上出てこない。
「ああ、あれは取れんだろう。」と思っていると、髪の毛を切ったらしく、一部だけぴんぴん立ってた。

あと「明日に向かって走れ」といいつつ「遠い浜辺」を歌った。

宮本さんは本当に愛すべき人だと思った。

kazyさんのライブレポート

椅子のあるホールだったので、ライブ会場としてはふさわしくなかった。一体となってライブを楽しめず、エレカシを観察する感じに終わった。男性ファンが多かったような気もする。



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ