あやめちゃんを救う会

エレファントカシマシDB 1995/06/21(水) 下北沢シェルター セットリスト

30th ANNIVERSARY TOUR 2017

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.夢を見ようぜ

前回は日比谷野外大音楽堂 
5曲目に演奏

02.ライブにせかされて

03.悲しみの果て

04.Baby自転車

05.孤独な旅人

06.BABY BABY

07.さよならばかり

08.始まりはいつも

09.花男

前回は日比谷野外大音楽堂 
15曲目に演奏


晴空雲音さんのライブレポート

多分10曲程度ではなかったかと思います。「夢を見ようぜ」から始まり、あっという間でした。


まずは、シェルターの狭さにビビりつつも、石クン寄りの真ん中辺りを相方と陣取る。予想通り、ほぼ野郎であったため、よく見えない。チラホラいる女性たちもほとんど一人で来ていた様子。前の方はかなりギュウギュウだったみたいだけど、自分たちは何とか乗り切れそうな程度でした。


契約切れ真っ最中にも関わらず、これだけ多くの人が見に来ていることに自分が思わず感動(笑)。本人たちも嬉しかったことでしょう。しかし、即興曲では「エピックのバカヤロー!クビにすんじゃねー」と本音を叫んでおられる曲がありました(驚)。

当時、メンバーは20代最後。すでにミヤジは自分を「オジサン」発言してました(汗)。


復帰作となった「悲しみの果て」を初めに披露したのは、このライブだったと思います。今以上にギターはメタメタでしたが(汗)、感動すると同時に、やはり宮本浩次は天才だと確信!
インパクトありまくりで、口ずさめるくらい好きになり、今に至ります。好きな曲はたくさんありますが、この瞬間に立ち会ってしまったため、これを超えるものは今のところないのです・・・。
「Baby自転車」も「孤独な旅人」もやったと記憶しています。



開始前、結構早く到着していたため、相方と開場前にてボーッとしていると、花束を持った20代前半~半ばくらいの女性(2人)が通用口に向かって歩いて行くのを目撃。入り待ちというヤツですかね。花束を渡した模様です。



正式なセットリストを提供できればよいのですが・・・。記憶が曖昧なものですみません



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ