エレファントカシマシDB 1990/12/21(金) 名古屋CLUB QUATTRO セットリスト

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.夢のちまた

前回は大阪バナナホール 
1曲目に演奏

02.うつらうつら

前回は大阪バナナホール 
2曲目に演奏

03.てって

前回は大阪バナナホール 
4曲目に演奏

04.浮き草

前回は大阪バナナホール 
5曲目に演奏

05.ファイティングマン

前回は大阪バナナホール 
3曲目に演奏

06.星の砂

前回は大阪バナナホール 
6曲目に演奏

07.待つ男

前回は大阪バナナホール 
7曲目に演奏

08.珍奇男

前回は大阪バナナホール 
9曲目に演奏

09.月と歩いた

前回は大阪バナナホール 
8曲目に演奏

10.遁生

前回は横浜CLUB 24 YOKOHAMA 
7曲目に演奏

11.男は行く

前回は大阪バナナホール 
11曲目に演奏


昭和枯れすすきさんのライブレポート

夢のちまた」しょっぱなからイントロを演りなおし、歌詞を変えて始まった。今日は気分が良さそうだった。MCも空気が和むものが多かった。例えば「女。女はいいよ。 男。男は駄目だね、こんな所に来ちゃ。 皆社長になれたらいいね。 そりゃ、俺かー。」と、ぼけたりつっこんだりして笑えた。  観客から「カッコイイ!」と声が掛かると「格好良いなんて変だね。いや、悪い意味じゃなくって。」なんて珍しく微笑ましいコミュニケーションもあった。そんな訳で観客からの声がけも多くなってしまい、「個人的には話しかけないように。」という注意も優しいお兄さんだった。  「待つ男」ではぼく と歌詞を変えていた。 「遁世」では「女のために」を強調していた。「男は行く」では弦がきれちゃった。  何の脈絡も無いが、色々印象に残った。 石森さんの茶色の皮パンも印象深かった。



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ