エレファントカシマシDB ファンプロフィール

一番下へ

項目内容
ハンドルネーム助役
プロフィール更新(別ウィンドウでPC版に飛びます)
ライブ履歴更新(別ウィンドウでPC版に飛びます)
一言
性別
ファン歴2004/06から14年1ヶ月経過
居住地域兵庫県 / 三田市
誕生日
血液型B型
初めて買ったSINGLEさよならはダンスの後に/倍賞千恵子
初めて買ったALBUM Please Please Me/The Beatles
好きな曲BEST1あなたのやさしさをオレは何に例えよう
好きな曲BEST2ヒトコイシクテ、アイヲモトメテ
好きな曲BEST3普通の日々
好きな曲BEST4悩んでます
好きな曲BEST5悩んでます
好きな曲BEST6悩んでます
好きな曲BEST7悩んでます
好きな曲BEST8悩んでます
好きな曲BEST9悩んでます
好きな曲BEST10悩んでます
ライブ曲BEST1ファイティングマン
ライブ曲BEST2TEKUMAKUMAYAKON
ライブ曲BEST3RAINBOW
ライブ曲BEST4珍奇男
ライブ曲BEST5悩んでます
ライブ曲BEST6悩んでます
ライブ曲BEST7悩んでます
ライブ曲BEST8悩んでます
ライブ曲BEST9悩んでます
ライブ曲BEST10悩んでます
好きなアルバム1STARTING OVER
好きなアルバム2愛と夢
好きなアルバム3町を見下ろす丘
日本1
日本2
日本3
海外1
海外2
海外3
著名人1
著名人2
著名人3
尊敬
趣味スポーツクライミング
ホームページ
ファンクラブPAO
自己紹介67歳のエレカシファンです。ビートルズやストーンズをリアルタイムで聴いてきましたが、この歳になってエレカシと共に歩めることをとても幸せに思っています。
登録日2017/11/27
更新日2018/07/02
参加ライブ情報
 大阪BIG CAT
 なんばHatch
 大阪城野外音楽堂
 なんばHatch
 大阪城野外音楽堂
 日本武道館
 ZEPP OSAKA
 大阪城野外音楽堂
 大阪厚生年金会館大ホール
 大阪城野外音楽堂
 ZEPP OSAKA
 大阪国際会議場メインホール(グランキューブ大阪)
 大阪城野外音楽堂
 Zepp Namba
 Zepp Nagoya
 大阪城野外音楽堂
 さいたまスーパーアリーナ
 Zepp Fukuoka
 Zepp Nagoya
 Zepp Namba
 FM802 25th Anniversary 802GO! ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY
 日本武道館
 なんばHatch
 名古屋 日本特殊陶業市民会館フォレストホール
 なら100年会館
 新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA
 新春ライブ2016 大阪フェスティバルホール
 Zepp Namba
 Zepp Nagoya
 日本武道館
 大阪城ホール
 岡山市民会館
 神戸国際会館こくさいホール
 名古屋国際会議場センチュリーホール
 ロームシアター京都メインホール
 ロームシアター京都でのライブに行って来ました。
今年6回目のエレカシライブでしたが、今回が文句なしにNo1でした。理由は色々ありますが‥‥

1.会場が素晴らしかった。

コンサートホールなので音響が良いのは当然なのですが、客席の段差が大きくてとても見やすかったです(ちなみに私達は14列目中央)。

余談ですが、京都Tシャツは予想通りの朱色。
ホールの座席の色も朱色。まるで保護色のようで面白かったです。

2.宮本さんの喉が絶好調。

歴史で声が裏返ったり苦しそうでなかったので期待しましたが、最後まで余裕のある歌いっぷりでした。

3.宮本さん上機嫌。

歴史ある京都で歌うことにちょっとプレッシャーを感じるなんて言ってましたが、なんのなんの。
良く喋ったしタコ踊りやおならブーッも出てのびのびと歌い上げていました。

4.宮本さん、歌が上手くなった?

と思えるほど、特にバラード系の曲がしみじみと心に響きました。紅白が決まったから?まさか髪の毛を切ったから?なんてことはないですよね。

5.会場が温かかった。

「実は紅白歌合戦に‥‥」と語ったところで満場の拍手鳴り止まず。
「皆さん、薄々感じてるとは思うんですが、相当嬉しいんです。最初からずっと出たかったもので」と語る宮本さん。
相当なんてものじゃなく、メチャクチャ嬉しそうでした。

「どうすれば白組の勝利に貢献できるかと」なんて言う宮本さんって本当に可愛いですね。

6.「奴隷天国」→「コール アンド レスポンス」→「生命賛歌」→「RESTART」の並びはヤバ過ぎる!

生命賛歌が終わった後、床にひれ伏して、そこからムクムク起き上がりRESTARTが始まる。まさにRESTART!
宮本さん、快心の構成だったんじゃないでしょうか?

残念なのは、新曲が入ったことで大好きな「やさしさ」と「TEKUMAKUMAYAKON」が聴けなかったこと。
特に昨日の声でやさしさが聴きたかったな~。
ま、新春ライブに期待しましょう。

ってなことで、67歳の私的ライブレポートでした。
 なら100年会館大ホール
 京都に引き続き、奈良のライブにも行って来ました。
なら100年会館は2年前のRAINBOWツァー以来ですが、あの時の印象そのままに、素晴らしい音響でした。
駅から近いし、とても良いコンサートホールですね。

僕たちは駅前のABホテルに泊まったんですが、ホテルから会場に向かう時、エレベーターで一緒になった女性もエレカシのトートバッグを持ってられたし、ホテルから一足先に出た方もエレカシグッズを持ってました。
このホテル、エレカシファン度が高かったんじゃないでしょうか?

京都と同じく昨夜のミヤジの声は良く出ていて、古の奈良の素晴らしいホールでコンサートできるのは幸せだ!って言ってました。
京都ほどメンバーをイジったりはしなかったし、MCも少なめだったかな?
そんな中、団地で火鉢を長時間使っていて一酸化炭素中毒になった話など、ファンにはお馴染みのエピソードも披露してくれました。

「戦う男」や「ズレてる方がいい」の入り方が変わっていました。1週間でも色々変えるんだと感心。
「翳りゆく部屋」は前と同じく語りかけるような歌い方に変化。心に染みいります。
「やさしさ」が復活しました。しかも弾き語りで!言うまでもなく最高でした!
アンコールの「俺の道」はたぶん去年のZEPP名古屋以来だったのでメッチャ嬉しかったです。
CDで聴いた時にはまあまあかな?と思っていた「今を歌え」。ライブで聴くと心を揺さぶられる素晴らしい曲です。
「奴隷天国」→「コール アンド レスポンス」→「生命賛歌」→「RESTART」の4曲は、これ以上の迫力となると、もう戦争くらいしかないんじゃないかと思えるほどすごかったです(^^;)
やっぱりエレカシはライブに行かなきゃダメですね。

実は、京都から帰ってすぐにひいた風邪が良くならず(喉が痛くて鼻水ダラダラ&熱っぽい)、昨夜も参戦するかどうかちょっと迷ったんですが、やっぱり行って良かったです。
何と言っても僕にとって今年最後のエレカシライブですし、風邪も吹っ飛ぶほどの感動をもらいました。
メンバーのみんなも最後まで元気でツァーを終えられそうで本当に良かった。
後はカウントダウンや紅白、頑張って下さい。
また新春のフェスティバルホールで会いましょう!
 大阪フェスティバルホール
 今年最初のエレカシコンサート参戦は7日のフェスティバルホールになりました。
奈良や京都のホールも立派で感心してたけど、やっぱりフェスティバルホールは一つグレードが上ですね。
スケールも音響も素晴らしかったです!当然ながら今日もソールドアウト。
私は古いフェスティバルホールにも何度も行きましたが、やっぱり全てにおいて今の方が良いように感じます。

昨日のセットリストにはあえて目を通さず、オープニングは何だろう?と相方と話してたんですが、まさかの「ドビッシャー男」。
エレカシライブではオープニングが当たったためしがないです(^^;)

「夢のかけら」やってくれないかな?と前々から思っていたらドンピシャ!!
恥ずかしながらライブでは初聴きでしたが、やっぱり名曲ですね。
その前の「悲しみの果て」を歌い終わった後、後を向いたまましばらくモジモジしてたけど、あれはたぶん涙ぐんでいたんだと思います。

「珍奇男」は歌が終わった後がパワーアップしてて相変わらずのど迫力。
ミヤジのギターもグレードが上がっていました。

「この世は最高!」から「奴隷天国」はトミーのドラムでつないだ切れ目のない入りで、さらに迫力が増していました。
こういうのを紅白で聴ける日が来ると良いのにな~。

第三部は「so many people」一曲だけでさくっと終了して、特別な曲になった「今宵の月のように」で終了しました。

全国ツアーの後半くらいから思っていたんだけど、バラードがさらに心に響く歌い方になってきました。
「翳りゆく部屋」「今を歌え」「風と共に」などでは感情の深い部分を揺さぶられました。

毎年毎年、年始にエレカシのライブを聴ける幸せ。たっぷり堪能してきました。
さて、次はスーパーアリーナか~。
 さいたまスーパーアリーナ
 4年前に続いてスーパーアリーナのライブに参戦してきました。

30列ど真ん中。花道の端からは4~5m。
これまで40回近くエレカシライブに参戦してますが、たぶんミヤジとの最短距離記録の更新です!

「星の砂 」と「I am hungry」は去年の武道館以来。「ベイベー明日は俺の夢」はライブ初聴き。
「男餓鬼道空っ風 」と「あなたのやさしさをオレは何に例えよう」は前回のスーパーアリーナ以来。
「デーデ」も「珍奇男」もなかったけれど、ライブツアーとはまた違った曲がたくさん聴けてとても嬉しかったです!

「夢のかけら」では歌詞を追いかけているうちに遙か昔(45年くらい前?)に過ぎ去った青春を思い出し、「今を歌え 」や弾き語りの「涙 」は心の奥に深く染みいり、「四月の風」ではミヤジの涙にもらい泣きしてしまいました。

「あなたのやさしさを‥‥」のラッパ部隊のアドリブ演奏も実に見事であの広いスーパーアリーナが揺れるような盛り上がりでした。

前回のスーパーアリーナでは約5時間立ちっぱなしで最後は心身共にヘトヘトになってしまいましたが、今回は椅子が用意されていたこともあって、休息ごとに座れてとてもありがたかったです。

今回は心から楽しかった!と言える類い希なライブで、これはおそらくバンドと観客の相互に、自信と信頼が出来上がった結果ではないかと思います。
与え与えられ、インスパイアーしあいながらライブを作り上げていく。こういう素晴らしいライブの現場に立ち会えたことを本当に幸せに感じました。
風船も花びらもリボンもゲットできたしね。
 Zepp Namba
 6/30 Zepp Namba 参戦してきました。覚え書きをちょこっと‥‥。

スタンディング900番台。久しぶりのライブ会場でワクワクします。

5分遅れくらいでメンバー入場。会場から「ミヤジ、大丈夫~?」の声が。
もちろん僕らもそれが一番心配でしたが、3曲目くらいまでで「これは大丈夫だ」と安心できました。声も良く出ていたと思います。
途中で「ミヤジ、めっちゃ好き~!」「私も~!」の声が。昔のライブだったら大変な事になってただろうに、宮本さんはスルー。

全体にMC少なめ、メンバーのコーラスもほとんどなし(「自由」なんかはコーラスがほしかった)。
その代わり?会場からのコーラスが多かったです。

「Easy Go」はCDよりもやや遅めのテンポで前回聴いたスーパーアリーナよりもずっと良い出来。
さすがに後半は苦しそうだったけど歌詞もよく聴き取れました。大迫力。

「今を歌え」はこなれてこなれて、これまででも最高の出来映え。涙がこぼれそうになりました。

「いつもの顔で」「旅立ちの朝」はCDよりもずっと男っぽい感じの演奏。すごく良かった!

「オレを生きる」はCDで聴いた時は正直「なくても良い曲だな」と思っていたけど、ライブで聴くとかなり格好良かったです。
宮本さん、ごめんなさい。

「Wake Up」は尋常じゃない格好良さ。ぜひライブの定番にしてほしいです。

1部でニューアルバムの披露は終了。2部では「いつものとおり」が僕らはライブでの初聴き。楽しい曲でした。
「歩いてゆく」もしっとり&はっきりとした歌い方でとても良かった。

アンコールはなかったけれど、会場から失望の声はあがらず。「病み上がりだもんな」と納得の雰囲気が‥‥。

途中、名古屋のライブが延期になったことについて、深々と頭を下げて謝ってられました。
身体の不調を感じたらすぐに医者に行くようにとも。
宮本さんも無理しないで下さいね。あなたは僕らの宝物なんだから
  .

一番上へ