エレファントカシマシDB ファンプロフィール

一番下へ

項目内容
ハンドルネーム
プロフィール更新(別ウィンドウでPC版に飛びます)
ライブ履歴更新(別ウィンドウでPC版に飛びます)
一言
性別
ファン歴2012/06から6年1ヶ月経過
居住地域東京都 /
誕生日
血液型AB型
初めて買ったSINGLE
初めて買ったALBUM
好きな曲BEST1東京の空
好きな曲BEST2悩んでます
好きな曲BEST3孤独な太陽
好きな曲BEST4悩んでます
好きな曲BEST5悩んでます
好きな曲BEST6悩んでます
好きな曲BEST7悩んでます
好きな曲BEST8悩んでます
好きな曲BEST9悩んでます
好きな曲BEST10悩んでます
ライブ曲BEST1悩んでます
ライブ曲BEST2愛すべき今日
ライブ曲BEST3なぜだか、俺は祷ってゐた。
ライブ曲BEST4夢のちまた
ライブ曲BEST5やさしさ
ライブ曲BEST6悩んでます
ライブ曲BEST7悩んでます
ライブ曲BEST8悩んでます
ライブ曲BEST9悩んでます
ライブ曲BEST10悩んでます
好きなアルバム1東京の空
好きなアルバム2good morning
好きなアルバム3RAINBOW
日本1
日本2
日本3
海外1
海外2
海外3
著名人1
著名人2
著名人3
尊敬
趣味
ホームページ
ファンクラブPAO入会済み
自己紹介
登録日2016/10/25
更新日2018/06/25
参加ライブ情報
 日比谷野外大音楽堂
 日比谷野外大音楽堂
 大阪城野外音楽堂
 さいたまスーパーアリーナ
 RockDaze! 2014 Special ザ・クロマニヨンズ 対 エレファントカシマシ
 Zepp Sapporo
 仙台Rensa
 Zepp Namba
 日比谷野外大音楽堂
 日本武道館
 日本武道館
 日比谷野外大音楽堂
 豊洲PIT
 仙台イズミティ21
 なら100年会館
 新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA
 新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA
 日比谷野外大音楽堂
 Zepp Nagoya
 Zepp Tokyo
 Zepp Sapporo
 初めてのライブレポ。特に印象に残った曲を。
5星の砂 7なからん この2曲はライブでどんどん良くなっている。
11DJ in my life  肩の力の抜けた感じがかっこ良く、リズムが心地よい。
12おかみさん  名古屋、東京と聴きましたが、ますます演奏がSFチック!
22月夜の散歩  
即興的にやることにしたのか、ギターがかなり危うかった。でも歌はすばらしかった。この時はわかりませんでしたが、次の曲の時にちょっと涙声に聞こえました。涙なしでは歌えない思い入れのある曲なんですね。
27やさしさ 宮本さんの歌のうまさがグイグイ伝わりました。
29so many people
野音でもすごかったですが、この曲は盛り上がりが尋常でないですね。まさにライブ映えする曲!
30四月の風  最近好きな曲、と言っていたでしょうか。30周年、何かが起こりそうな気がしますね!

中盤までは宮本さんの声が本調子でなかったけれど、後半になるにつれ、どんどん調子を取り戻し、第3部が一番声がのびやかで、いくらでも歌えそうな勢い。ドラムが最近本当にキレキレで、バンド全体がまとまっているので、宮本さんの声の調子がいまいちな時でも大丈夫、と思わせられました。今回、席の関係なのかいつもよりギターの音が聞こえました。
デビュー時は宮本さんの歌とバンド演奏の実力差がありすぎてバランス悪かったようですが、今バンド演奏が完全に追いつき、時に宮本さんを支えているのを感じました。4人体制、がっちりスクラム組んでいる感じがすごくいいです。
ツアーファイナル、初めてでしたが、感激しました。札幌は非常に寒かったですが遠征してよかった。
 日本武道館
 大阪城ホール
 コラニー文化ホール大ホール
 最高でした!
 長良川国際会議場
 日比谷野外大音楽堂
 外聴きしました。ヨロレイン~ 
 宇都宮市文化会館大ホール
 何十回と聴いている、悲しみの果て、今宵の月のように が この時、とても新鮮に、瑞々しく聴こえました。
 米子市公会堂
 完売!立ち見も出ていたようです。米子、前に来た時と変わったのは駅前にセブンイレブンができたこと。静かな町で良く眠れた、米子の人はシャイだと言っていました。
今を歌え、良かった。リスタートもですが、新曲のプレイの完成度が高い。サニーさんのコーラスも素晴らしい。孤独な旅人、ライブで初聴きできた。
 三島市民文化会館大ホール
 駅のホームから富士山を眺めた。今までで一番ステージに近い席。「悲しみの果て」「今宵の月のように」声が美しく、曲に瑞々しさが増していた。「涙」優しい声、歌声。「翳り行く部屋」今までの朗々とした感じではなく、静かな出だし。GOOD MORNING!からの「コールアンドレスポンス」。アンコールは2曲、最後は放心したように少しフラついていた。渾身のステージをありがとう!
 NHKホール
 原曲に近いテンポのso meny people。早いテンポの時と違って曲が染み込んでいく、しかしやはり盛り上がる曲。ガストロンジャー、奴隷天国、fighting man、どれも最初は余り好みではなかったが、ライブを追う毎に好きになっていった曲。今日は特にガストロンジャーが良かった。夢のかけら、、昔の侍、ロマンテイックな昔の曲、もっと聴きたい。 
 日比谷野外大音楽堂
 この雨も喉にはいいだろう、と最近疲れている様子が気になりながら本降りの中、開演を待っていた。
始まってみると、やはり本調子ではない。力が入らないのを無理に押し出しているような。
心配が先に立って曲に集中できない、というのが本音だった。「上野の山」が聴けて良かった。
雨が小降りになり、ふと上を見ると月があった。その後すぐ「月の夜」が演奏された。
暗闇の中、照明に映えるステージ。月の夜。野音はやはり特別だ。
「男は行く」は圧巻な気迫だった。アンコール2曲の開放感と明るさに、ほっとした。
MCはほとんど無し。体力を曲に集中させるためか。静かに佇み、黙々と次の曲の準備をしていた。
演奏は安定し、宮本さんを支えている。本編の終わりに宮本さんがサポートを含むメンバーと
一人ひとり握手していた。
終わってみると、声の調子こそ良くなかったが、心に残るコンサートだった。
  .

一番上へ