エレファントカシマシDB ファンプロフィール

30th ANNIVERSARY TOUR 2017

一番下へ

項目内容
ハンドルネームkk
プロフィール更新(別ウィンドウでPC版に飛びます)
ライブ履歴更新(別ウィンドウでPC版に飛びます)
一言調べたいときいつも拝見してます。ありがとうございます!
性別
ファン歴1998/01から20年0ヶ月経過
居住地域千葉県 /
誕生日
血液型A型
初めて買ったSINGLE
初めて買ったALBUM
好きな曲BEST1悩んでます
好きな曲BEST2悩んでます
好きな曲BEST3悩んでます
好きな曲BEST4悩んでます
好きな曲BEST5悩んでます
好きな曲BEST6悩んでます
好きな曲BEST7悩んでます
好きな曲BEST8悩んでます
好きな曲BEST9悩んでます
好きな曲BEST10悩んでます
ライブ曲BEST1今宵の月のように
ライブ曲BEST2sweet memory
ライブ曲BEST3我が祈り
ライブ曲BEST4ズレてる方がいい
ライブ曲BEST5シグナル
ライブ曲BEST6世界伝統のマスター馬鹿
ライブ曲BEST7桜の花、舞い上がる道を
ライブ曲BEST8花男
ライブ曲BEST9ハロー人生!!
ライブ曲BEST10ハナウタ~遠い昔からの物語~
好きなアルバム1悩んでます
好きなアルバム2悩んでます
好きなアルバム3悩んでます
購買履歴(ALBUM)
THE ELEPHANT KASHIMASHI持っている
THE ELEPHANT KASHIMASHI Ⅱ持っている
浮世の夢持っている
生活持っている
エレファントカシマシ5持っている
奴隷天国持っている
東京の空持っている
ココロに花を持っている
明日に向かって走れ-月夜の歌-持っている
エレファントカシマシベスト持っている
愛と夢持っている
good morning持っている
sweet memory~エレカシ青春セレクション~初回限定盤持っている
sweet memory~エレカシ青春セレクション~なし
エレファントカシマシSINGLES 1988-2001持っている
ライフ持っている
DEAD OR ALIVE持っている
花男なし
俺の道持っている
持っている
持っている
日本夏持っている
野音秋持っている
町を見下ろす丘持っている
町を見下ろす丘(配信限定バージョン)なし
STARTING OVER持っている
昇れる太陽持っている
エレカシ自選作品集 EPIC 創世記なし
愛と夢 (再発売)なし
明日に向かって走れ-月夜の歌- (再発売)なし
ココロに花を (再発売)なし
DEAD OR ALIVE (再発売)なし
エレカシ自選作品集 EMI 胎動記持っている
エレカシ自選作品集 PONY CANYON 浪漫記持っている
俺の道 (再発売)持っている
奴隷天国 (再発売)持っている
悪魔のささやき〜そして、心に火を灯す旅〜持っている
悪魔のささやき〜そして、心に火を灯す旅〜 初回盤A持っている
悪魔のささやき〜そして、心に火を灯す旅〜 初回盤Bなし
MASTERPIECEなし
MASTERPIECE(初回限定盤)持っている
THE BEST 2007-2012 俺たちの明日 初回限定盤 A持っている
THE BEST 2007-2012 俺たちの明日 初回限定盤 B持っている
THE BEST 2007-2012 俺たちの明日なし
[the fighting men's chronicle] THE ELEPHANT KASHIMASHI official live bootleg box持っている
THE ELEPHANT KASHIMASHI deluxe edition持っている
ココロに花を deluxe edition持っている
THE ELEPHANT KASHIMASHI live BEST BOUT持っている
エレファントカシマシ カヴァーアルバム2 ~A Tribute to The Elephant Kashimashi~持っている
RAINBOW持っている
RAINBOW(初回限定盤)持っている
All Time Best Album THE FIGHTING MANなし
All Time Best Album THE FIGHTING MAN(初回限定盤)持っている
All Time Best Album THE FIGHTING MAN(デラックス盤)持っている
購買履歴(SINGLE)
デーデなし
ふわふわなし
おはようこんにちはなし
浮雲男なし
男は行くなし
曙光なし
奴隷天国なし
極楽大将生活賛歌持っている
この世は最高!なし
悲しみの果て持っている
孤独な旅人持っている
悲しみの果て持っている
明日に向かって走れ持っている
戦う男持っている
今宵の月のように持っている
風に吹かれて持っている
はじまりは今持っている
夢のかけら持っている
ヒトコイシクテ、アイヲモトメテ持っている
愛の夢をくれなし
真夜中のヒーロー持っている
ガストロンジャー持っている
so many people持っている
コールアンドレスポンス持っている
孤独な太陽持っている
暑中見舞-憂鬱な午後-持っている
普通の日々持っている
あなたのやさしさをオレは何に例えようなし
生命賛歌持っている
ハロー人生!!なし
俺の道持っている
化ケモノ青年なし
友達がいるのさ持っている
俺たちの明日持っている
笑顔の未来へ持っている
桜の花、舞い上がる道を持っている
新しい季節へキミと持っている
なし
絆 初回限定盤持っている
幸せよ、この指にとまれ(通常盤)なし
幸せよ、この指にとまれ(初回限定盤)持っている
明日への記憶持っている
いつか見た夢を持っている
ワインディングロード/東京からまんまで宇宙持っている
大地のシンフォニー/約束(通常盤)持っている
大地のシンフォニー/約束(初回限定盤)持っている
ズレてる方がいい(通常盤)持っている
ズレてる方がいい(初回限定盤)持っている
あなたへ(通常盤)持っている
あなたへ(初回限定豪華盤)持っている
Destiny(通常盤)持っている
Destiny(初回限定豪華盤)持っている
愛すべき今日(通常盤)なし
愛すべき今日(初回限定盤)持っている
夢を追う旅人(通常盤)なし
夢を追う旅人(初回限定盤)持っている
風と共に(通常盤)持っている
風と共に(初回限定盤)持っている
RESTART/今を歌え(通常盤)持っている
RESTART/今を歌え(初回限定盤)持っている
購買履歴(VISUAL)
エレファントカシマシコンサート1998日本武道館”風に吹かれて”持っている
エレファントカシマシビデオクリップ集”クリップス”持っている
エレファントカシマシビデオクリップ集”クリップス2”持っている
Life TOUR 2002持っている
エレファントカシマシビデオクリップ集”クリップス3”持っている
扉の向こう-ロック歌手宮本浩次という生き方-持っている
桜の花舞い上がる武道館持っている
エレファントカシマシコンサート1998日本武道館”風に吹かれて” (再発売)なし
エレファントカシマシビデオクリップ集”クリップス” (再発売)持っている
日比谷野外大音楽堂ライブDVD持っている
エレファントカシマシ EPIC映像作品集 1988-1994持っている
ROCK'N ROLL BAND FES & EVENT LIVE HISTORY 1988-2011持っている
the fighting men's chronicle エレファントカシマシ ディレクターズカット持っている
復活の野音 2013.9.15 日比谷野外大音楽堂持っている
エレファントカシマシ デビュー25周年記念 SPECIAL LIVE さいたまスーパーアリーナ(初回限定盤)持っている
エレファントカシマシ デビュー25周年記念 SPECIAL LIVE さいたまスーパーアリーナ(通常盤)なし
エレファントカシマシ 新春ライブ2015 日本武道館(DVD)なし
エレファントカシマシ 新春ライブ2015 日本武道館(Blu-ray)持っている
ライヴ・フィルム『エレファントカシマシ-1988/09/10 渋谷公会堂-』(DVD)なし
ライヴ・フィルム『エレファントカシマシ-1988/09/10 渋谷公会堂-』(Blu-ray)持っている
デビュー30周年記念コンサート”さらにドーンと行くぜ!”大阪城ホールなし
日本1
日本2
日本3
海外1
海外2
海外3
著名人1
著名人2
著名人3
尊敬
趣味
ホームページ
ファンクラブPAO入会済み
自己紹介海外が長かったのでなかなかライブにいけませんでした。これから色々行きたい。ワンマンが好きです。
登録日2010/08/10
更新日2018/01/08
参加ライブ情報
 日比谷野外大音楽堂
 日比谷野外大音楽堂
 COUNTDOWN JAPAN07/08 東京
 なんばHatch
 ZEPP TOKYO
 「桜の花舞い上がる道を」が心に沁み泣けてしまいました。また明日からがんばろう、という気持ちになりました。
 渋谷C.C. Lemonホール
 初のツアーライブ。どうしても座席指定のホールは1階席でもステージとの距離を感じます。
記憶に残るのは『風』。とてもとてもよかった。
 渋谷C.C. Lemonホール
 前日に続き2日目。1階席でも後ろから2列目ぐらいでかなり遠い。新春ライブ大阪・東京とこのツアーを東京で見たので今年はこれが最後のライブ。毎年1回か多くても2回しか帰国できないので今回は日比谷野音ではなくツアーを選びました。が、やっぱり日比谷にすればよかったと後で後悔しました。
 COUNTDOWN JAPAN 08/09 東京
 初CDJ。前のバンドからの入替えで奇跡的に最前列石君と昼間さんの間ぐらいの位置へ。ワンマンライブとは違ったテンションでよかったです。後ろは見えなかったので解りませんが、かなり盛り上がっていたようで、ステージ上の宮本さんもテンション高くて、満足度の高いライブでした。
 日比谷野外大音楽堂
 日比谷野外大音楽堂
 日比谷野外大音楽堂
 大阪城野外音楽堂
 ZEPP TOKYO
 久々にタイトなサウンドでとても嬉しかった。新旧色々な曲も聴けて非常に満足だったし新譜からは『旅』が凄くよかった。この曲はライブの真ん中辺りで気持ちもググっと盛り上がりました。しみじみ帰国してよかった!と実感。宮本さんは少しリラックスしているようで、でもテンション高め。ツアー初日で気合が入っているようでした。今宵のときはついもらい泣きしてしまいました。無理な話だけれどツアー全部見たくなりました。そんな満足度の非常に高いライブでした。
 ZEPP TOKYO
 2日目は初日より落ち着いていて声が素晴らしかった!トミのドラムもパワフルでした!コールアンドレスポンスもよかった!2日見られて幸せ。やっぱり『旅』がよかったです。
 ZEPP OSAKA
 熱い素晴しいライブでした!宮本さんも仰ってましたがホントに場所によって、日によってライブは変わるものですね。会場が一体になったようなそんなライブでした。
皆の期待に応えようとする宮本さん。集中力の高い、でも東京とはちょっと違ってリラックスしているところもあるような感じがしました。この日も声が素晴しかったです。
『旅』を聴くのはこの日で3回目。完成度は前2回ほどではなかったですがやっぱり好きな曲です。リズムメロディだけじゃなくて歌詞がぐっと心に刺さります。
『夜の道』が素晴しかった!CDよりよかった!大阪に遠征した甲斐がありました。
 日本武道館
 御節のような福袋のような盛り沢山のお正月新春ライブでした。良い1年になりそうです!
 浜松窓枠
 水戸に行くはずが交通機関なくて行けなくて初の地方ライブ。いつも東京で見るライブとは感覚が違うライブ。入場前風吹く中で体力奪われてたところに最初のワッショイで更に体力奪われ肝心のライブに集中できず残念。「涙」がとてもよかった。311後に聴いて印象がとても変わった曲も。ライブを通して頑張ろうとメッセージもらえたようでジーンときました。こうやって平和な中でライブを見に行けるって普通なことのようでいてとても幸せなんだなぁ、とライブ中に思いました。窓枠はいいライブハウスでした。
 戸田市文化会館
 ホールツアー初日。とても楽しいライブでした!

戸田は音響もよくて丁度いい大きさの会場。この日はアットホームな雰囲気で一体感があって、16列目右端だったけど前回の箱ライブよりも個人的にずっとずっと楽しく感じました。

ヨロレインから気持ちがぐっと盛り上がったところに予想しなかった暑中見舞で一気に気持ちもアガりました!やり直しもご愛嬌。多分ライブで聴くのは初めてでしたがこの曲聴けて嬉しかったです。

アルバムツアーというもののゴッドファーザー、暑中見舞、遠い浜辺、ココロのままにという選曲、そして戸田で地元のダンナと武蔵野が聴けてこれまたとっても満足!最後の歌舞伎のような?待つ男、すばらしかったです。

赤き空よ!が終わった後、もう一度ちょっと歌ってくれたとき、勇気付けられたようでちょっと涙ぐんでしまいました。宮本さんの歌声は驚くほど伸びやかでやさしくて力強くて心地のよい歌声でした。

思い出したらにこにこしてしまう、余韻がずっと続く楽しいライブでした。行けてよかった!
 大阪国際会議場メインホール(グランキューブ大阪)
 Bf19ほぼ真ん中でとても見やすくステージも全て見渡せる席。

本編は多分前回見た戸田と同じ。だったけれど、1曲1曲丁寧に歌われていたのか、非常に集中していて、引き込まれるように観ていて時間がとても短く感じました。魅せるステージといった感じ。同じ曲でも全然違うステージです。

悪魔メフィストはどんどん進化していて、この日は歌い方・アレンジも変えられていたようで一番カッコよかった。今回のツアーで初めての蔦谷さん。宮本さんが「待ってました」と言っておられたのが判りました。やっぱり蔦谷さんすごい。音がまとまっていたように感じたし、そして、メフィストは蔦谷さんと昼海さんなしでは完成しませんね。

満足したところで本編終わってアンコールで夢のちまたでワーッとなって(一瞬上野の山?と思いました)、せいので飛び出せ、極楽大将生活賛歌と嬉しくて楽しかった。極楽大将、ホント楽しい歌ですね。

今回のツアーで宮本さんが何度か「いい曲がいっぱいあるんですけれど」といいながら古い曲を演ってくれるのがとても嬉しいです。ほんと、エレカシはいい曲がいっぱいあるんですよね。アルバムツアーだけどそれだけじゃない(今回のアルバムも好きなので全曲聴けていいんですが)。以前のいい曲たくさん発掘してくれて、毎回ライブごとにちょっとずつ違って、観られない曲があるのはちょっと残念だけど、「この曲か!」という嬉しい驚きがあったりして、今回のツアー何ヶ所も行く甲斐があります。

翌日アップされるライブ映像が楽しみです。これ、DVDになったら絶対永久保存版。皆さんもきっと欲しいこと間違いないでしょう。
 千葉県文化会館
 4列22ほぼ中央。チバ!すごくよかったです!
DEAD OR ALIVE、It's my life、さらば青春、sweet memory
宮本さんの中の千葉(=浜辺、高速?ドライブ)のイメージの曲。
そして大好きな生命賛歌にパンクなハロー人生!!
どれも嬉しかった!
贅沢なライブだったと思います。
 オリンパスホール八王子
 21列5右端に近い。急遽チケットを譲ってもらって観に行きました。
ステージは少し遠めだったけど、往復結構遠かったけど、前日の千葉の疲れが残っていたけど、一人でライブ行くのって実は初めてだったけど、行ってホントによかった!

東京の空はライブで初聴き。まさか!この曲が聴けると思ってませんでした。素晴らしかった。曲が終わってから拍手鳴り止みませんでしたが、いつまでも拍手していたいくらいでした。
ひまつぶし人生も5が実はとても好きなので嬉しかったです。宮本さんの後ろでトミが一緒に歌っているのが見えてそれもなんだか嬉しかったです。
おかみさんのギターかっこよかった。
戦う男!そして東京ってことで友達がいるのさまで!
ツアーなのに色々な曲が聴けて野音っぽくて、今回のツアーは沢山行きたくなります。

旅で「ギター!俺!」も聴けたし、前日に続きオットット珍奇男も赤き空のアレンジが変わっていたのもよかった!

オリンパスホールはきれいで駅からも直結で行きやすくてよかったです。
 仙台Rensa
 Ustreamにて

仙台ライブを中継してくれて本当にありがとうございました!
PC前でもこの特別なライブの熱気を感じました。
絆ではこみ上げてくる涙を抑えられず…。
アンコール時には6千人弱の人がオンラインに。
全国のエレカシファンが一つになった瞬間だったと思います。
 名古屋市公会堂
 仙台USTを見てどうしても行きたくなって急遽決めた名古屋行き。

3階え20。名古屋市公会堂は普通の日々で見た日比谷公会堂のように歴史のありそうなクラシカルな会場。3階席も思っていたよりステージが近く(新春の武道館の1階席よりずっと近かった)中央だったのでステージ全体がバランスよく全部見える。

3階席はどうしても見たいと急遽チケット取った人が多かったのかも?ステージ始まったら1列目の人は立てなかったけれどその後ろはほとんどみんな立ち上がってました。私も。距離は遠かったけど3階席も熱かったです!

宮本さんは歴史あるこの会場が気に入っていらっしゃる様子で、なんとなく会場もみんな和やかでイイ感じでした。翌日が宮本さんのお誕生日だったので途中でおめでとうコールも。この日は純粋に楽しい!と思えたステージです。

この日も「!!!」な曲が。I am happyはライブ初聴き。リズムもよくって「明日もがんばりましょう」でがんばろー!と思える楽しい選曲でした。シャララは音に身をゆだねて気持ちよく聴きました。

3階席から見るライティングはとてもきれいで、珍奇男で4人にスポットが当たってたのもきれいだったし、石くんのソロで石くんにスポット当たってたのに肝心の石くんがスポットから出てしまったのが見えたり。ひらまさんがギターを縦に持って弾いてたのも見えたし、アンコールで宮本さんがあっちこっち歩き回ったり、右側のコード剥がしたり、ボタンがはじけるのが見えたり、なかなか面白い眺めでした。

名古屋、行ってヨカッタ!後悔なしの大満足でした。
 TOKYO DOME CITY HALL
 レポは大体書いていたのにライブから1ヶ月以上たってやっと…。

***
1000番台。最前ブロック成ちゃん前辺り→センター辺りまで。
 
4/2から始まったツアーの千秋楽初日。元JCBホールは初めてでしたがスタンディングと座席もありつつもステージとも遠くなくてぎゅっと詰まったいい場所。ホールツアーが続いていたので最後はライブを耳と体に刻み付けたくて前のほうへ行きました。
 
気合が入ってて、最初からバンドの調子がいいのが判る。宮本さんは声も伸びやかに出ているしギターもしっかり弾いてたような。ツアーアルバムの曲から始まって、もう何度も聴いているのにどの曲も心地よく耳に響きます。周りの人もこのライブを楽しみたい!と同じ気持ちだからか最初からすごく盛り上がって気持ちがいい。このツアーで初聴きのどこへ?、so many people、そしてロック屋(五月雨東京)!梅雨でこの日はしとしと雨が降っていたから五月雨東京?色々考えて曲を選んでくれていますね。宮本さんは激しい歌はロックに!楽しい歌はハッピーに、やさしい歌はとてもとてもやさしく歌っていました。前回見た名古屋で聴きたいナーと思ってた普通の日々はとてもやさしかった。普通の日々と赤き空よは日々の生活のことを歌っていて、丁寧で、聴いていて毎日を大切に生きていこう!と思えました。悪魔メフィストはどんどん完成されていっててこの日はすごくかっこよかった。
 
アンコールのパワー・イン・ザ・ワールドはずっとずっと聴きたいと思っていた曲。続けてクレッシェンド・デミネンド。皆力強く拳を振り上げてる。当時のツアー以来(?)のstarting overはすごくかっこよくて久しぶりに聴いたらこの曲が好きだと気づきました。笑顔の未来へとハナウタはかわいくハッピー。心なしかハナウタを蔦谷さんに向けて歌ってるのかな?と思いましたが気のせい?ファイティングマンは盛り上がりソングナンバーワン。みんなみんなファイティングマンでした。ガストロンジャーは珍奇男同様に進化してる曲だと思います。今日も進化形でした。ニタリニタリの花男、さよおならーでおしまい!
 
最初のほうで成ちゃんと蔦谷さんがよく見えたんですが二人ともその動きを見逃すまいとじっと宮本さんを見続けていたのが印象的でした。6人の気持ちが一つになってた結果の充実のステージだったんだと思います。それまでのライブよりも長くて嬉しい驚きの選曲でここしばらく見たライブで一番でした!
 TOKYO DOME CITY HALL
 アリーナ真ん中辺りで。
長いツアーの千秋楽にふさわしい忘れられないライブになりました。
 日比谷野外大音楽堂
 B7真ん中のブロック。今年もまた、野音に参加できて幸せでした。

虫の音が聞こえる中、徐々に暮れゆく空、周りに建物の明かりが見え、虫がチラチラ飛んでいたり、
いろんな匂いがする中で大好きな音が聴ける幸せをしみじみ感じつつ…本当に日本に帰ってきてよかった。

なんとなくいつもの野音とちょっと違う感じがしたけれど、後からセトリを見たら、ツアーとはまた違った色々考えての選曲だったようでした。あ!この曲?!と珍しい曲も色々聴けて嬉しかった。
暫くライブで聴いてなかったし、この曲から始まったらいいのになー、と思っていたので歴史はほんと嬉しかったです。
ハローNew York!はついこの間が911の10周年だったからかな?と思いました。カタカナ英語が好きです。日本にしか神社ないんですよね。
勉強オレとラスト・ゲームはライブで初聞き。すごくカッコよかった。俺の道、大好きなアルバムです。
初めて見るギター!と思ったドブロギターでの弾き語りもよかったです。
明日への記憶では曲に入りすぎてしまったのか一瞬自分がどこにいて何をしてるのかと我を忘れるような感覚に。この曲なんか不思議です。
「にっぽんが好きだー!!」にうんうんうなずいてしまいました。私も日本が好きだー!

宮本さん最後のほうはふらふらになりつつも力を振り絞って歌ってました。
今まであまり感じたことがなかったけれど、去年の野音から「いつまでも元気に皆に歌を歌って欲しい」と思うようになりました。

ボキャブラリーが貧困ですごいとかよかったしかいえないけど、本当にすごくいいライブでした。
来年もまたその次もニコニコしながら参加できたら幸せです。
 GG11
 石君側2列目。08/09のCDJ以来のフェス。
悲しみの果てはみんなに「素晴らしい日々を送って行こう」というメッセージなのだと受け取ってます。知ってる人が多いこの曲、一緒に歌ってる人多かった。
フェス向けな選曲の中で朝~メフィスト!ちょっとびっくりしたけど、よかったです!曲が終わったとき会場はシーン…。ガツンな1曲でした。
その次のガストはみんな知ってるせいか余計に盛り上がった気がします。
最後の今宵の月のようにはやっぱりこの曲はいいな~と改めて感じました。
GG11はいいフェスでした。
 大阪城野外音楽堂
 X65。FCは日比谷を申込んだので一般で申込み。無事に取れたので今年も大阪行きました。
事前に雨の予報で心配だった天気も気持ちのいい爽やかな秋晴れになりました。

日比谷は気合が入って暑くて熱いライブでしたが大阪はリラックスして爽やかな心地よい優しい感じのライブだったと思います。金木犀の匂いがしていました。4人の曲も6人の曲も1人の曲もとてもとてもよかったです。バンドがすごくいい状態のようで楽しんでる感じで見ている方も楽しくなりました。

楽しい秋の一日になりました。
 ぴあ39thFAREWELL “39─THANK YOU─”~車輪小僧の大回転~
 一番後ろのAブロック。肉眼ではステージが遙か彼方に見える程度。
後ろの方だとステージすらちゃんと見えないのでなんとかブロック最前で。

悲しみの果てから。宮本さんののどの調子はよい感じ。
2曲目は俺の道。フェスでしかもいつものロックフェスじゃないところでこの曲はすごくうれしい。
宮本さんもメンバーも気合入ってる感じでした。

新曲初聴き!ライブで初披露を初聴き!楽しみにしてました!
ワインディングロードだけかと思ってたので東京からまんまで宇宙も続けてあって
うれしかった。2曲は違うタイプの曲のようだけどどこか共通したものを感じました。
どちらも明るく元気になれる感じです。どっちも好きです。
この曲はどちらか1曲だけじゃなくて一緒にセットで聴きたい感じ。
今までにあったような、でもすごく新しいようなそんな感じがしました。
絶えず進化してるバンドの今の音。
歌っている、演奏しているバンドがすごく楽しそうでした。
行けてよかった。
 第1回 日比谷ライブ&マルシェ2011
 宮本さんが歌ったのは2曲だけだったけど、とてもよかった!
やっぱり今宵の月のようにはいい曲ですね。
宮本さんとチャボさんと泉谷さんのギターだけでの歌、素晴らしかったです。
ステージに出てきて、君が僕を知っているを歌った宮本さんを見ていて
RCが、チャボさんが、泉谷さんが好きなんだなぁと感じました。

知らない曲がほとんどだったけど全体を通して元気になれたライブでした。
 渋谷公会堂
 2-11-9
 渋谷公会堂
 2-12-6
 GO!FES
 フェスでのメフィストカッコよかった!
悲しみの果てや今宵の月のようにをフェスで聴くとじんときます。
 Zepp Sendai
 初の仙台、そして最初で最後のZepp Sendai。自分にとってのツアー初日。
Zepp Sendaiはこじんまりとしていて見やすい。センター3,4列目くらい。
はじめに大地のシンフォニー!なんとなく、我が祈りかな?と思ってたので少し意外な感じがしましたがじっくり聴かせるこの曲での始まりよかったです。宮本さんは前髪で隠れて表情が見えない。続けてすぐMoonlight Magic。この曲の瑞々しい感じがやっぱり好きです。
とても力強くおはようこんにちは。昔のeZのMVと同じ表情の宮本さん。東京からまんまで宇宙はかなりロックテイスト。穴があったら入いりたい~珍奇男は尖り気味でした。久しぶりの珍奇男はセッションがすごくよかった。
新譜の曲は丁寧に歌っているようでした。どの曲もCDとは違う感じだけどすごく好きです。アコギでのDarlingと七色の虹の橋はとても良くて切ない感じで声が素晴らしかった。七色の虹の橋の時は最後の方ちょっとぐっと来ていたように見えました。観ている方もぐっときました。マスター馬鹿はカッコよかった!飛べない俺のピアノ!キーボードがあったのでもしや?と思ってましたが弾き語りよかった!そして聴きたくて待ってた我が祈りもテンションあがりました。ライブメフィストを彷彿とさせるものがありました。
アンコールのさあ頑張ろうぜと悲しみの果ては仙台へのエール?桜の花舞い上がる道をは聴けると思っていなかったので驚きましたが嬉しかったです。この曲を初めて聞いた時のことを思い出しました。最後のガストとファイティングマンは会場もヒートアップ。全員ファイティングマン!楽しかったです。
 Zepp Tokyo
 東京初日。2つ目のブロック真ん中センターくらい。
始まる前に2階席を見上げたら蔦谷さんが見に来られていた。
仙台に比べると落ち着いているようであり東京ホームのライブ初日という感じでテンション高めのようでもある。仙台ではmoonlight magicが聴けて、今日は脱コミュニケーション。このアルバムの曲は好きだ。新譜の曲はCDで聴くのもいいのだけど、ライブがまたすごくいい仕上がりになってる。そして新譜の曲の間に古い曲も入ってくるのが嬉しい。ゲンカクGet Up Babyと金でもないかと!曲と曲の間に宮本さんがジャカジャカギターを弾くのだけど先日とは違った感じだった(どっちもいいんですが)。この日の珍奇男はカッコよかった!なんかどんどん進化してて違う曲みたいになってる。七色の虹の橋は今日もよかった。飛べない俺ではキーボードの前に座って弾き語るのだけどついつい腰が浮きマイクを握りしめてしまうようですが、先日よりは落ち着いていました。ピアノの強弱の付き方が好きです。そしてガストロンジャーでも宮本さんがでたらめにピアノを弾くんだけど、それが音楽になっててさすが!と思った。楽しいライブだった!
 Zepp Tokyo
 センター成ちゃん寄り2列目くらい。

集中力高く声も素晴しくて記憶に残る良いライブでした!
大地のシンフォニーから優しい川!
続けて化ケモノ青年!楽しい!
テンションが上がったところで東京からまんまで宇宙。新譜の曲は今日もいい。
まだ数回しか聴いてないのに前からライブで聴いてきたような感じもする。
眠れない夜とてって。眠れない夜はトミが銅鑼を鳴らすところが見られた。
珍奇男はこの日も素晴らしい。しかもすごいセッションが目の前で観られて嬉しい!皆カッコイイ。
七色の虹の橋のサビの部分というのかな?「なないろの にっじのはしー」のところがすごくいい。
飛べない俺でまたじーんと来て我が祈りは音とライトに身を任せる感じ。
アンコールでは周りの熱狂がすごすぎて後ろからどんどん押されて
ちょっとつぶされ気味でしんどかった。多分会場はものすごい盛り上がってたんだと思う。
いつも「よかった」しか言えないけど終わった後暫く余韻が凄かった、そんなライブでした。
 Zepp Namba
 ホール真ん中エリア成ちゃん側。
最初ちょっと宮本さんのテンションが高すぎ!?でハチャメチャライブかな?
と思ったけど、途中から集中力がすごくて1曲1曲丁寧に歌っていて素晴しかった。
定めから脱コミュニケーションの流れがカッコよかった。
東京からまんまで宇宙が楽しかった。
約束、初めて別バージョン聞きました。情景が目に浮かぶような感じで
とても気持ちがこもっている感じでした。
今日の我が祈り、丁寧でカッコよくて今までで一番でした。
終わってからもライブの余韻が抜けなくて反芻してました。よかったー。
 Zepp Nagoya
 LIVE FACTORY
 日比谷野外大音楽堂
 まだ気持ちが言葉になりません。

宮本さんの顔が見られてよかった!歌が聴けてよかった!ありがとう!
宮本さんが元気にステージに戻ってくる日を待ってます。

b419
 大阪城野外音楽堂
 40d
 大阪城野外音楽堂
 i60
 さいたまスーパーアリーナ
 夢を見ているようなあっという間の4時間でした。
今年はいい年になります!

a291
 rockin’on presents JAPAN JAM 2014
 Destiny初聴き。
ラジオで聴いたのよりずっと力強くて明日に向かう力をもらえる曲に感じました。
ズレてる方がイイはライブでどんどんカッコよくなってる気がします。

center front area
 VIVA LA ROCK
 前日の小さな一体感のある会場でのフェスもよかったしこの日の大きな会場でのフェスも沢山の人と一緒に盛り上がれていいステージでした!

center r-front area
 RockDaze! 2014 Special ザ・クロマニヨンズ 対 エレファントカシマシ
 絶対いいライブになるはずと楽しみにしていた対バンライブ。どちらのバンドも気合十分で予想以上に素晴らしかった。Destinyはこの日も力強く、去年の大阪野音以来の赤い薔薇が印象的でした。モッシュがすごかったけど、それすら楽しく思えた熱いライブでした。

r-center 2 row
 TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2014
 段々と暮れゆく屋外でのライブ。
地元のダンナから始まったかっこいいステージ。
とても気持ちのよい初夏の1日だった。
 SWEET LOVE SHOWER
 ラブシャ3日間の初日、朝一のステージは「おはようこんにちは」から!そこからはみんなが知ってるいい曲ばかり。
35分とあっという間のステージだったけど、元気いっぱい時間いっぱいでいいステージでした!初めての山中湖は楽しかった!

center 2 row
 Zepp DiverCity
 2年3か月ぶりのツアーの初日。緊張や期待や色々なものが混ざり合った初日特有のいい雰囲気の中、熱狂的にハードな曲で始まってあっという間の夢のような楽しい楽しい2時間強のライブ。メンバーの出す音は以前に増してソリッドでカッコよく、宮本さんの歌声は時に力強く時に優しく響いてました。全部聴きたい曲ばっかりで嬉しい悲鳴を上げてしまうくらい。終わってしばらく放心してました。今回のツアーどの場所も絶対にいいはず!B240
大好きな化ケモノ青年、全然変な歌じゃないです!
 Zepp DiverCity
 幸い2日目も観ることができました。初っ端から初日とは違う始まり。テンション高い曲で会場も一気に盛り上がる。初日と入れ替わってる曲もあって、今日もやっぱり聴きたかった曲が沢山。いい具合に激しい曲と優しい曲、新しい曲と以前の曲が混ざっていてきっと練りに練った選曲になっているんだろうと想像できる。エレカシのライブは観ていても客観的ではいられない。どの曲もストレートに心に刺さる。あっという間の2時間10分でした。
B285
 新潟LOTS
 初新潟。初LOTS。Zeppと違って小さ目の会場。始まるまで真っ暗でまったくわからなかったけどステージがすごく近くてみんなの一体感がすごかった。最初からものすごい熱量と盛り上がりでちょっと押しつぶされそうだった。東京と違ってなんとなくリラックスしたようなでもテンション高くてみんないい感じ。今回の東京は新しいファンの人が結構いたせいか?古い曲がわからないのかな?という場面もあったけど、この日は古い曲でみんな更に大盛り上がりですごく楽しかった。新潟ご当地ソングは「港町」ということで「お前と突っ走る」。前回は浜松で聴いてた。東京2日目で聴いた「sweet memory」がこの日も聴けた!宮本さんもテンション高く「ツアー最初の地方!イェー!」何度も「新潟!」と言ったりガストロンジャーでは「新潟ベイビー!」を連呼。最後は久々に「花男」も聴けて、とても楽しい遠征になりました。
303
 仙台Rensa
 前回の仙台ライブはZeppでRensaは2011のライブビューイングを見て以来、来たいと思っていた場所。ステージも小さく会場はギュッとした感じ。この日は脱コミュニケーションから。初っ端から会場は熱く皆「待ってました!」と盛り上がって楽しい。テンション高い曲が続いた後、旅の途中。今日はピアノの弾き語りじゃなくてエレキギターで弾き語りの七色の虹の橋(いつもアコギだったので新鮮!)をじっくり聴き入る。明日に向かっていこうと元気づけてくれているような曲が多い。ダブルアンコールで「成ちゃん頼むよ」と宮本さん。花男?待つ男?と思っていたら生命賛歌!!!新鮮な驚きで物凄い盛り上がりで終了。明日からまた頑張ります!という気持ちになりました。
542
 Zepp Fukuoka
 この福岡からツアーも後半戦。当初行く予定じゃなかったけれど、2階席のチケットを譲っていただいた。5月の対バンライブ以来のZepp福岡。初めての2階席。いつもはスタンディングで下からステージを見上げる感じなのでステージ全部が見渡せるのは新鮮。楽器や機材が真ん中に集められた感じでセッティングされている。2階からの眺めはよかったし冷静に観られたけれど、もみくちゃになっても視界が悪くて背伸びして観てもやっぱり1階の方が好きみたいです。通路隣の席だったので結局座らずライブ中はずっと通路に立ってました。

聴きたいと思っていたsoul rescueは2012年の新春ライブ以来。今回のツアーは元音源に忠実に演っている気がするのだけどこの日のsoul rescueもそうで最後の台詞まで鳥肌が立つほどかっこよかった。小さいライブハウスが2つ続いてのZeppだったからかそれとも2階席から見ていたからか、丁寧で少し慎重なライブに思えました。でも音が凄く大きくて耳にビリビリ来るほどだったし、声がとても素晴らしかった!男餓鬼道空っ風で1月のさいたまスーパーアリーナのライブを思い出し、もしや?と思ったもののコーレスはなくバシッとしめてました。sweet memoryを歌い終わってすぐ宮本さんが「明日に向かっていこう!」と言われたのが心に残りました。福岡に行ってよかった!
2E28
 Zepp Nagoya
 前回のツアーファイナル以来2年ぶりのZepp名古屋。比較的番号が良かったのでセンター少し左寄りの前方よくステージが見える場所で。前日の福岡はモッシュなかったのにこの日は客電落ちたところから既に物凄いモッシュ。でも嫌じゃない。1曲目。最初のギターの音ですぐに曲がわかる。アルバムが出た当時は留学直前でライブに行く余裕がなくて、ずっとずっとライブで聴きたいと思っていた曲。もうこの曲が聴けただけで満足。甘い夢さえではこの日は珍しくギターからじゃなくてベースとドラムから始まってこれもカッコイイ!この日は熱量高いセトリの日?序盤から盛り上がったところにパワー・イン・ザ・ワールド~我が祈り~クレッシェンド・デミネンド!うっとりするほど盛り上がる。明日を行けは回を重ねるごとに完成されている感じでこの日は一番決まっててカッコよかった!アンコール1曲目の今宵の月のようにはこのツアーでは丁寧に歌っている印象があるけれどこの日も伸びやかな歌声に聴き入りました。今回のツアーは結構沢山観に行ってるけれどどこもそれぞれに良さがあって沢山久しぶりの曲が聴けてそして毎回元気になります。
167
 広島CLUB QUATRO
 初めての広島のクアトロは横広な感じでフロアの後ろに高くテーブル席があってステージを見下ろすような作りになっていた。フロアセンター左寄りに待機。1 曲目は歴史!2曲目で周りの盛り上がりが凄くて右に左に流されるモッシュ。この世は最高からデーデまで同じ流れだけどこの感じが毎回好きで、甘い夢さえの 出だしも時々でちょっと違ったりして楽しい。パワー・イン・ザ・ワールドから真夜中のヒーロー!!聴きたいと思っていた曲で兎に角カッコイイ。そしてガン ダーラコンビネーションのお前と突っ走るがまたよかった。次々といい曲!今日の弾き語りはピアノに戻って飛べない俺。初めてちゃんと伴奏しつつ歌っている ところが見えたけれど歌がとてもよかった。この曲で冷えてしまったようで宮本さんがスタッフの方に室温上げるようにお願いしたのか急にフロアの温度が上がった ようだけど新潟のように我慢できないほどではなかった(お着替えせずに済んだ様子)。宮本さんが客席が近いと言ってたけど他の場所と違って後ろのテーブル 席が迫ってたからかな?この日は「いい顔してるぜ、今日は結構良く見えます」と。ステージへの声も良く聞こえたようで「アットホームな感じ」とも言ってた 気がする。アンコール2曲目はマスター馬鹿!久しぶりに聴けて嬉しい。石くんと成ちゃんのコーラスも決まっててカッコよかった。この日は終始楽しいライブ でした。
209
 高松オリーブホール
 今回一番キャパが小さい場所で狭いのに相当数の人が入っていたのか始まる前からギュウギュウ押されてきつい。sky is blueが始まったとたんに右左後ろから物凄い圧が掛って苦しい。昇れる太陽から始まってカッコよかったのに最初の3曲くらいは押されて身じろぎできず窒 息しそうなまま過ぎてしまった。ステージが低くて前列3、4人くらいまで1段高くなってるため後ろの人が見えないからか最初の何曲目かで宮本さんが石くん に男椅子に上って弾くように言ったりジャンプしながら弾くように指示。宮本さんもアンプの上や男椅子に上がって歌うことが多かった。今日の日替わりソング は何度でも立ち上がれ!嬉しい!この曲でやっと片手を挙げられるようになった。Sweet Memoryは好きな曲なのでこのツアー中何度も聴けて嬉しい。この日のあなたへはとてもよくて歌を聴いて感動していました。桜の花、舞い上がる道をの最 初の方でステージ左側でちょこっと落ちた(降りたくらいの感じだったけど)宮本さん、定位置に戻ってきて歌ってた途中で突然涙を浮かべて涙声に。気づいた ら自分を含め周りの人と大声で宮本さんと一緒に歌ってました。宮本さんは「ごめん」「一緒に歌ってくれてありがとう」。次の俺たちの明日も最初の「さぁ、 がんばろうぜ」の後、歌えなくなってしまった宮本さんを励ますように会場皆で歌う。自然発生的に大合唱になったけれど凄く暖かくてみんなもらい泣きで感動 しました。アンコールのきれいな今宵の月のようにから幸せよ、この指にとまれの流れがとてもよかった。みんながとても温かい気持ちに満たされていたよう。 ラストは花男。最初から最後まで押されっぱなしできつかったけど爪先立ちとジャンプでさよおならー!凄い一体感だった気がします。「ありがとう、よくわからないけど、好きです」って。みんなも好きですよ!高松は忘れ得ないライ ブになりました。
98
 Zepp Namba
 大阪ツアーファイナル初日。ステージに登場した宮本さんは今日はちょっと機嫌よい感じ?と考えていたところで、始まったのは「凡人」!ビリビリするような気迫で圧倒されてただじっと聴き入る。凄かった!オープニングではこのツアーで初めての初期の曲。こういう感じ、やっぱりいいですね。続くこのツアーの定番曲もとてもいい。「悲しみの果て」が特によかった。久しぶりの「人生の午後に」。アルバムが出た当時は好んで聴く曲じゃなかったけれど、この日は胸に迫るものがあり、聴き入ってしまいました。じっくり聴かせてすぐ「どこへ?」。カッコイー!次は宮本さんが「好きな曲です」と「ヒトコイシクテ、アイヲモトメテ」。「愛と夢」は好きなアルバムでライブで聴けるのが嬉しい。新春のホーンが入ったバージョンもよかったけどバンドだけの方が好き。「大阪は沢山変えてきました!」と宮本さんいうだけあって日替り曲は全部このツアーで初聴き。「生きている証」も「星の降るような夜に」も全部聴けて嬉しかった。
この日の歌も演奏も素晴らしくカッコよかった!ギターもベースもドラムもカッコよかった。石くんと成ちゃんのコーラスも回を重ねるごとにどんどんカッコよくなってた(コーラスはこれからも続けてほしいです)。
翌日のツアー最終日は台風の影響で10/30に延期。もちろん駆けつけます!
374
 日比谷野外大音楽堂
 今回は一人1枚ということでお隣さんも知らない人でしたがFCに入るくらいエレカシが好きな人ばかりで、会場の雰囲気も良かった。選曲は嬉しい驚きが沢山で聴きたかった曲沢山聴けて幸せ。宮本さん始めバンドのメンバーがみんなすごい気合でそして楽しんでいたようなのも嬉しかった。ツアーやフェスも当然いいのだけど、野音はやっぱり別格です。今年もあの場所にいられて本当によかった。
c2-114
 Zepp Namba
 ツアー最終日10月13日の振替公演。野音の後になってしまった大阪ファイナル。少し時間が空いたせいか緊張する。入場した後SEを聴きながら待つ。SEからツアーの時と少し違っていて今日聴ける曲は当初13日に準備した曲は違うんだろうと思ってしまう。
奴隷天国から始まって一気に気分が上がる。そして物凄く圧される。コールアンドレスポンス、化ケモノ青年、シャララ、赤い薔薇、sweet memory。いつもの曲と今日の曲。どれもいい。ツアーは今日で終わりだからしっかりとステージの上の5人を目に焼き付ける。みんな楽しそうでカッコイイ。sweet memoryの途中でちょっと具合が悪くなってしまって、でも途中退席せずには済んだ。その後は集中してライブが観られなかったのが一番の心残り。
アンコールで今宵の月のようにはこの日も伸びやかな声で聴いていて心地好い。ここからは野音の続き?と思うような曲の連続!遁生は2009年の野音以来。そのときもすごく感動したけどこの日も素晴らしかった!久しぶりに聴いたてって、達者であれよ、友達がいるのさ、そして大阪での四月の風。少し頭がボンヤリしていたけど宮本さん顔中びしょびしょで泣いていたようで、でも目がきらきらしてとても良い顔をしていた。最後の花男の前にツアー初日1曲目に聴いた俺の道!これからもずっとずっと「俺の道」を極めてください。どこまでもついていきます!最後は全身の力を振り絞って歌う花男。またこの日も元気をもらいました。
東京と札幌の時に具合が悪かったと聞いて、後から話すところが宮本さんらしいけど、でもすごく心配になりました(仙台でしんどそうに見えたのはまだ完全じゃなかったから?)。どうぞ無理はしないでいつまでも元気で皆に良い歌を聴かせてください。

494
 mito LIGHT HOUSE 25th anniversary ~祝盃~
 下北沢のワンマンは外れてしまったからどうしても行きたかったこの対バンライブ。水戸にチケットを買いに行ったところからこのライブは始まってた気がする。朝から並んで無事にチケット確保。
ライブ当日はIDチェックを受けて中に入る。入るときにどちらが目当てか聞かれた。思っていた以上に小さなスペースで後方上の2階も解放されてて既に人が上がってる。ブラフマン先攻の場合のダイバー対策と思って右側スピーカー前で待機。よくよくステージを見ると背の高いストレートマイクスタンドでワイヤレスマイク。やっぱりブラフマンが先だ。民族音楽みたいな音とともにライブが始まる。ブラフマンのライブは初めてでダイバーがすごいと聞いていた通り、初っ端から激しいダイブがあちこち起こってた。モッシュもあったけど思っていたほどでもなく、ライブ自体とてもよかった。ライブがいいバンド。TOSHI-LOWさんのMCは今回の対バンの経緯と、映画でもエレカシについて熱く語っていたけど、この夜もエレカシ愛を語っていてエレカシファンはうれしい。カバーの「月の夜」も聴けた。1時間ほどでブラフマンが終わってステージの転換は素早かった。
いつものとおり静かにメンバーが出てきてスタンバイする。ツアー初日の1曲目と同じく「俺の道」から(ブラフマンと対バンしたバトルオンフライデーと同じ始まりのよう)。ワンマンのリラックスした中にある緊張感と違って対バンだと無言で「俺たちの歌を聴いてくれ」と言ってるような気迫を感じる。「悲しみの果て」でわっと声が上がったのは多分ブラフファンから。カッコイイロックな曲と皆がよく知ってる曲が混じったセトリはブラフファンを意識してるみたい。いつも聴いてる曲もやっぱり気合が入ってて、悲しみの果ても今宵の月のようにも素晴らしかった。「我が祈り」もすごくカッコイイ。この曲を歌い終わった後だったか「ライブ久しぶりだから息上がっちゃって…」と言っていたような(1ヵ月ちょっとぶりくらい?)。ステージとフロアが凄く近くて、また宮本さんがギリギリ前まで出てくるので手を伸ばせば触れられそうなくらい。途中、宮本さんがTOSHI-LOWさんのMCに対して「さっき…」と言いかけて結局「ありがとう…」とだけ言ってた。
対バンは持ち時間が短いので「ファイティングマン」まであっという間に終わってしまって物足りない。会場から手拍子が止まない中、宮本さんが一人で出てきてアコギを持って椅子に座って「涙」を。最初ギターが上手くいかなくって一瞬止まって「みんな本当にアンコール聴きたいんだよね?」と。もちろんですとも。その後もちょっとギターがアヤシイ感じだったけど歌は素晴らしかった!そして「もうちょっとやっても大丈夫?」とスタッフに聞いた後メンバーも出てきて「花男」。今年最後に聴く曲が花男は嬉しい。ご本人はあまり気にしてない様子だったけどトミが鼻血を出しててびっくり。大丈夫だったのかな…。
寒い日だったけどとても熱くていい対バンライブでした。

138
 日本武道館
 2770
 日本武道館
 2024
 LIVE FACTORY 2015
 半年ぶりで待ちに待った久々のライブ!嬉しくて楽しかった!元気になりました!物足りないので早くワンマン見たいです。
 NUMBER SHOT 2015
 今年の夏フェス第1弾。数日前から台風が接近していて開催が危ぶまれたりもしましたが無事に開催。
このフェスの数日前に新曲も配信が始まっていたので新曲聴けるかな…と期待した通りにバンドバージョン聴けました!爽やかな感じの配信バージョンとだいぶ印象違いましたが、力強くて元気になる曲!ライブでもいい曲でした!また聴きたい。30分と短かったけどライブ楽しくてまたまた元気になりました!
 オハラ☆ブレイク ’15夏
 日比谷野外大音楽堂
 リハからすごい歌っていたのに本編でも声が素晴らしい様子でした。
RAINBOWが楽しみです。
 尽未来際 ~尽未来祭~
 豊洲PIT
 なんばHatch
 サンポートホール高松
 仙台イズミティ21
 名古屋 日本特殊陶業市民会館フォレストホール
 広島アステールプラザ 大ホール
 なら100年会館
 金沢本多の森ホール
 新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA
 新春ライブ初日にして3時間弱。RAINBOWツアーの続きみたいで個人的には嬉しかった。新譜の曲に織り交ぜられる激渋な初期の曲も素晴らしかった。
 新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA
 新春ライブ2016 大阪フェスティバルホール
 新春ライブ2016 大阪フェスティバルホール
 「ARABAKI ROCK FEST.16」BRAHMAN「THE COVER」のステージに宮本浩次
 宮本さんと一緒でTOSHI-LOWがうれしそうに歌っていたのが印象的だった。
 ARABAKI ROCK FEST.
 前日は雨だったそうだけどこの日は過ごしやすく初ARABAKIはいいステージで楽しかった。初聴きの新曲もよかったー。
 Talking Rock! FES.2016
 夏フェスという暑さの中、少しずつ日が傾いて凌ぎやすくなってきた時間。
ガツっと「俺たちの明日」から、新曲も超盛り上がってぎゅうぎゅうで楽しいステージ。「i am hungry」初披露で初めて全部聴いたけどかっこいい!「Rainbow」も既に定番でかっこいい!この曲の途中で宮本さん暑かったのかきつかったのか、靴を片方脱いで片足靴下で歌い終わったらもう片方も脱いでその後はずっと靴はかずに最後まで。身軽になったのかジャンプも軽やかだった。楽しい夏休みの1日になりました。
 日比谷野外大音楽堂
 今年も野音に参加できてうれしかった。
今回の選曲は明るく軽やかな今と未来に向かった感じの歌が多くてどの曲も今の心にぴったりと合ってた。「この先何が起こるやら、悪いようにはならないさ」というフレーズが心に残る。ちょっぴり先走り気味のところもあったけれどそれもなんだかこの日にあっていたような。
少し蒸した早い秋の野外の空気と濃い緑の中、見上げれば雲と空が見えて虫の音と歌が聞こえて、あぁ、今年もここにいられて良かったと思いました。

c13L
 日比谷野外大音楽堂
 10912c
 Zepp Namba
 Zepp Namba
 Zepp Nagoya
 Zepp Nagoya
 Zepp Tokyo
 Zepp Tokyo
 The Covers Fes.2016 公開収録
 Zepp Sapporo
 Zepp Tour最終日。これまで個人的にツアーで訪れた地では最北だった仙台を超えて初の北海道。寒い雨の日だったけどライブは熱く温かく最高のツアーファイナルでした。
月夜の散歩、やさしさ、今宵の月のように、心に沁みました。そしてこの日の朝、出発するときに聴きたいな~と思っていたso many people。途中「あらゆるこの世の輝きを一緒につかみとろう」と変わった詞がぐっときました。
 日本武道館
 大阪城ホール
 北とぴあさくらホール
 コラニー文化ホール大ホール
 初めての甲府のホールはほぼ満員。最初から最後まですべてが丁寧な演奏と素晴らしい歌でした。毎回最高と思うライブが更新されていくって本当にすごい。この30周年ツアーこれからもますます楽しみです。

4-25
 市原市市民会館大ホール
 この30周年ツアーは丁寧な曲紹介があって、既に何度か聴いているのだけどちょっとずつ違うエピソードが入っていて毎回新鮮な気持ちで聴いています。中盤お疲れなのかな…と思ったけれど、そこからのバンドの底力を見た気がします。みんなで盛り上がったアンコールの星の砂とso many people。嬉しかったです。2137
 福井フェニックスプラザ
 熱い声援も多くてとても温かくて楽しいステージでした。みんなに話しかけるようにフランクな曲解説は丁寧で聴いている方もついつい頷いてしまったり。もう何度か見ているステージのはずなのにどの曲もとても新鮮に聴こえるから不思議です。この日のやさしさは圧巻で耳に残りました。アンコールの涙は練習してないからうまくいくかな?といいつつとても素晴らしくて、きっとうれしかったのだと思いますが歌い終わった後にほろっと涙が。最後はメンバーも前に出てきて楽しそうな花男。初めての福井、来た甲斐がありました!A34
 郡山市民文化センター大ホール
 この会場は4階席まであって天井が高く音の良いホールで、音響が良いせいかスピーカー前でも耳が痛くならない。チケットは売り切れていて下から見上げると4階までぎっしりと人が入っている。みんなの熱気を感じてかバンドもテンション高く良い演奏で宮本さんの声も素晴らしい。

第1部終了間際に6月1日からNHKみんなのうたでオンエアされている新曲「風と共に」初披露。新曲がフルでお披露目されるのはこの日が初めて。しかもバンドでライブでって最高です。テレビ・ラジオで聴くよりも力強く初めて聴くパートのメロディもいい。NHKのテキストで見ていた詞も曲として聴くとまた心にぐっと語りかけてくるよう。たぶんしばらくはライブでしか全曲を聴けないけど早くみんなにも聴いてほしい。いい歌です。
4-11
 やまぎんホール
 11-17
 神奈川県民ホール大ホール
 14-15
 まつもと市民芸術館
 ステージが見切れるという注釈つきのバルコニー席からは確かにステージがちょっと見えないところもありましたが眺めがよくて、新しくてふかふかの椅子に豪華な感じのホールで演劇用のホールだからか小さな音もよく拾って響いてました。
アンコールのときにちょこっとおはようこんにちはを弾き語って涙。この日のホールによくあってました。
1-11R
 オリンパスホール八王子
 2011年のツアー以来のオリンパスホール。端の席だったけどやっぱり音がすごく良かった。
このツアーで見てきた中でも集中力と完成度高くて素晴らしい日だった。
17-43
 ミュージックタウン音市場
 本ツアー唯一のスタンディングの会場。絶対盛り上がるはず!と思った通りに楽しいライブだった。ホールもいいけどやっぱりライブハウスの自由な雰囲気がバンドにあってると思う。
沖縄だし、星の砂聴きたいな~と思ってたからアンコールで聴けてうれしかった!ベイベー明日は俺の夢の初披露も聴けて楽しい夏休みの1日になりました。
85
 オハラ☆ブレイク’17夏
 前回の第1回目は正午の太陽ギラギラの中で「エス」のお二人の伴奏でのステージ。今回は暮れゆく湖畔で一人でギターだけのステージ。ツアーで鍛えた?トークを交えつつ、レアなカバー曲もあり楽しいステージでした。夕暮れの屋外での「風と共に」がとても印象的でした。
 SUMMER SONIC 2017
 2009年は行けなかったので、今回は絶対観たい!と張り切って観に行きました。海外のバンドも出るフェスで観られるって嬉しい。Mountain Stageは屋内なので夏フェスでも快適。久々のドビッシャー男!フェスで聴くといいです。ちょっと声の調子が良くないようでしたが、盛り上がっていいステージでした。
 日比谷野外大音楽堂
 名古屋国際会議場センチュリーホール
 ツアー後半スタート初日。キーボードはサニーさんに変わり、前半とはちょっと音が変わった感じがする。個人的には好きな感じ。18-49
 仙台サンプラザホール
 とにかく楽しかった。短髪の宮本さんは3階の天井席からはわかりづらかったけどデビュー当時の頃と同じように見えました。
 宇都宮市文化会館大ホール
 4-25
 新潟県民会館
 とても温かくて楽しいライブでした。 最初から最後まで素晴らしいライブでしたが急遽歌ってくれた「今を歌え」特に素晴らしかった!5-27
 大宮ソニックシティ大ホール
 ロームシアター京都メインホール
 三島市民文化会館大ホール
 なら100年会館大ホール
 富山オーバードホール
 大阪フェスティバルホール
 大阪フェスティバルホール
  .

一番上へ