エレファントカシマシDB ファンプロフィール

一番下へ

項目内容
ハンドルネームきづな
プロフィール更新(別ウィンドウでPC版に飛びます)
ライブ履歴更新(別ウィンドウでPC版に飛びます)
一言
性別
ファン歴2008/02から10年2ヶ月経過
居住地域愛知県 /
誕生日
血液型B型
初めて買ったSINGLE
初めて買ったALBUM 「逆流」/長淵剛
好きな曲BEST1未来の生命体
好きな曲BEST2DEAD OR ALIVE
好きな曲BEST3今をかきならせ
好きな曲BEST4
好きな曲BEST5なぜだか、俺は祷ってゐた。
好きな曲BEST6
好きな曲BEST7風に吹かれて
好きな曲BEST8笑顔の未来へ
好きな曲BEST9シグナル
好きな曲BEST10リッスントゥザミュージック
ライブ曲BEST1今をかきならせ
ライブ曲BEST2It’s my life
ライブ曲BEST3ガストロンジャー
ライブ曲BEST4笑顔の未来へ
ライブ曲BEST5俺たちの明日
ライブ曲BEST6
ライブ曲BEST7デーデ
ライブ曲BEST8悲しみの果て
ライブ曲BEST9四月の風
ライブ曲BEST10地元のダンナ
好きなアルバム1町を見下ろす丘
好きなアルバム2DEAD OR ALIVE
好きなアルバム3昇れる太陽
購買履歴(ALBUM)
THE ELEPHANT KASHIMASHI持っている
THE ELEPHANT KASHIMASHI Ⅱ持っている
浮世の夢持っている
生活持っている
エレファントカシマシ5持っている
奴隷天国なし
東京の空持っている
ココロに花を持っている
明日に向かって走れ-月夜の歌-持っている
エレファントカシマシベストなし
愛と夢持っている
good morning持っている
sweet memory~エレカシ青春セレクション~初回限定盤なし
sweet memory~エレカシ青春セレクション~なし
エレファントカシマシSINGLES 1988-2001なし
ライフ持っている
DEAD OR ALIVE持っている
花男なし
俺の道持っている
持っている
持っている
日本夏持っている
野音秋持っている
町を見下ろす丘持っている
町を見下ろす丘(配信限定バージョン)なし
STARTING OVER持っている
昇れる太陽持っている
愛と夢 (再発売)なし
エレカシ自選作品集 PONY CANYON 浪漫記持っている
明日に向かって走れ-月夜の歌- (再発売)持っている
ココロに花を (再発売)持っている
DEAD OR ALIVE (再発売)持っている
エレカシ自選作品集 EMI 胎動記持っている
エレカシ自選作品集 EPIC 創世記持っている
俺の道 (再発売)持っている
奴隷天国 (再発売)持っている
悪魔のささやき〜そして、心に火を灯す旅〜なし
悪魔のささやき〜そして、心に火を灯す旅〜 初回盤A持っている
悪魔のささやき〜そして、心に火を灯す旅〜 初回盤B持っている
MASTERPIECE持っている
MASTERPIECE(初回限定盤)持っている
THE BEST 2007-2012 俺たちの明日 初回限定盤 B持っている
THE BEST 2007-2012 俺たちの明日 初回限定盤 A持っている
THE BEST 2007-2012 俺たちの明日なし
[the fighting men's chronicle] THE ELEPHANT KASHIMASHI official live bootleg box持っている
THE ELEPHANT KASHIMASHI deluxe edition持っている
ココロに花を deluxe edition持っている
THE ELEPHANT KASHIMASHI live BEST BOUT持っている
エレファントカシマシ カヴァーアルバム2 ~A Tribute to The Elephant Kashimashi~持っている
RAINBOWなし
RAINBOW(初回限定盤)持っている
All Time Best Album THE FIGHTING MANなし
All Time Best Album THE FIGHTING MAN(初回限定盤)なし
All Time Best Album THE FIGHTING MAN(デラックス盤)なし
エレファントカシマシ カヴァーアルバム3 ~A Tribute to The Elephant Kashimashi~なし
タイトル未定なし
購買履歴(SINGLE)
デーデなし
ふわふわなし
おはようこんにちはなし
浮雲男なし
男は行くなし
曙光なし
奴隷天国なし
極楽大将生活賛歌なし
この世は最高!なし
悲しみの果てなし
孤独な旅人なし
悲しみの果てなし
明日に向かって走れなし
戦う男なし
今宵の月のようになし
風に吹かれてなし
はじまりは今なし
夢のかけらなし
ヒトコイシクテ、アイヲモトメテなし
愛の夢をくれなし
真夜中のヒーロー持っている
ガストロンジャー持っている
so many people持っている
コールアンドレスポンス持っている
孤独な太陽持っている
暑中見舞-憂鬱な午後-持っている
普通の日々持っている
あなたのやさしさをオレは何に例えようなし
生命賛歌なし
ハロー人生!!なし
俺の道なし
化ケモノ青年なし
友達がいるのさ持っている
俺たちの明日持っている
笑顔の未来へ持っている
桜の花、舞い上がる道を持っている
新しい季節へキミと持っている
持っている
絆 初回限定盤持っている
幸せよ、この指にとまれ(通常盤)持っている
幸せよ、この指にとまれ(初回限定盤)持っている
明日への記憶持っている
いつか見た夢を持っている
ワインディングロード/東京からまんまで宇宙持っている
大地のシンフォニー/約束(通常盤)なし
大地のシンフォニー/約束(初回限定盤)持っている
ズレてる方がいい(通常盤)なし
ズレてる方がいい(初回限定盤)持っている
あなたへ(通常盤)持っている
あなたへ(初回限定豪華盤)なし
Destiny(通常盤)なし
Destiny(初回限定豪華盤)持っている
愛すべき今日(通常盤)なし
愛すべき今日(初回限定盤)持っている
夢を追う旅人(通常盤)なし
夢を追う旅人(初回限定盤)なし
風と共に(通常盤)なし
風と共に(初回限定盤)なし
RESTART/今を歌え(通常盤)なし
RESTART/今を歌え(初回限定盤)なし
購買履歴(VISUAL)
エレファントカシマシコンサート1998日本武道館”風に吹かれて”持っている
エレファントカシマシビデオクリップ集”クリップス”持っている
エレファントカシマシビデオクリップ集”クリップス2”持っている
Life TOUR 2002持っている
エレファントカシマシビデオクリップ集”クリップス3”持っている
扉の向こう-ロック歌手宮本浩次という生き方-持っている
桜の花舞い上がる武道館持っている
エレファントカシマシコンサート1998日本武道館”風に吹かれて” (再発売)持っている
エレファントカシマシビデオクリップ集”クリップス” (再発売)持っている
日比谷野外大音楽堂ライブDVD持っている
エレファントカシマシ EPIC映像作品集 1988-1994持っている
ROCK'N ROLL BAND FES & EVENT LIVE HISTORY 1988-2011持っている
the fighting men's chronicle エレファントカシマシ ディレクターズカット持っている
復活の野音 2013.9.15 日比谷野外大音楽堂持っている
エレファントカシマシ デビュー25周年記念 SPECIAL LIVE さいたまスーパーアリーナ(初回限定盤)持っている
エレファントカシマシ デビュー25周年記念 SPECIAL LIVE さいたまスーパーアリーナ(通常盤)持っている
エレファントカシマシ 新春ライブ2015 日本武道館(DVD)なし
エレファントカシマシ 新春ライブ2015 日本武道館(Blu-ray)なし
ライヴ・フィルム『エレファントカシマシ-1988/09/10 渋谷公会堂-』(DVD)なし
ライヴ・フィルム『エレファントカシマシ-1988/09/10 渋谷公会堂-』(Blu-ray)なし
デビュー30周年記念コンサート”さらにドーンと行くぜ!”大阪城ホールなし
日本1スピッツ
日本2フラワーカンパニーズ
日本3AL
海外1
海外2
海外3
著名人1宮部みゆき
著名人2東野圭吾
著名人3島田荘司
尊敬思慮深い人。自分の道を邁進する人。
趣味
ホームページ
ファンクラブPAO入会済み
自己紹介偶然ラジオから流れてきた「笑顔の未来へ」を聴いてから、ここまでたどりついてしまいました。
登録日2009/03/02
更新日2018/03/26
参加ライブ情報
 名古屋ダイアモンドホール
 日比谷野外大音楽堂
 大阪城野外音楽堂
 水道橋JCBホール
 水道橋JCBホール
 10月17・18日、JCBホール行って来ました。今回は「一度は宮本さんの気迫、するどい眼光を近くで見てみたい」という思いがあり、2日とも超危険ゾーンに挑んでみました。1日目・2日目と記憶がごちゃ混ぜになってます。
理想の朝「町を見下ろす丘」からの選曲で嬉しい。
途中「赤羽の公園で~」と歌ってたような・・・
リッスントゥザミュージック 大好きな曲なのでしみじみ聴き惚れました。が、口笛はいまいちでした。
さよならパーティー 高音がきれいでした。
笑顔の未来へ イントロからめちゃくちゃ反応「涙のテロリスト」と紹介してたと思います。
雨の日に・・・「駅からスタジオまで歩くと16~17分かかる、レコードが売れなくて云々」と。宮本さんはけっこう数字に細かい印象があります。1日目歌詞が飛んでてなかなか2番に入れなかったような・・・
流されてゆこう この曲だったか、人差し指で両口角を引っ張ったまますごい顔で歌ってました、違う曲かも?右人差し指を鼻の穴に突っ込んでた~(たぶんこの曲)
まぬけなジョニー ダイヤモンドホールで聴けなかったので聴けて良かった~「池袋でタクシー拾って~」のあと「どこそこへ」と歌ってました。「そこに(せいちゃん側アリーナを見て)知り合いがいてリアル過ぎると引かれました」「そんなこと言わなくていいか」と石君の方を見て。
珍奇男 凄い迫力でした。初めて近くでギター交換が見れた。ギター交換後立ち上がって「(ギター)立っても弾けるんだよ!」と凄んでたような。
弾き語りで「サンデーモーニング~ダッダッダツァツァツァ~」みたいな曲を2フレーズくらいやってすぐ終わりました。今作ってる曲かもと思いました
ライブ後のオフ会で古参の方が「即興にしては出来が良かった、即興はJ~C~B~とか歌ってたいつも変な曲」と言ってました。
It's my life 石君が前に出てきてイントロを弾きはじめた途端に周囲がザワザワ。みんな「来た~、待ってたよ~」って感じでした。押されました~そしてみんなで揺れました~
「午前0時過ぎ首都高ドライブ!」「ぐるぐる回るのさ環状線!ツァ~」「午前2時過ぎ首都高ドライブ!」右手を突き上げてみんな叫んでました初披露なのに揃ってたので、みんなコレをやりたかったんですね!
シグナル これも大好きな曲低音も素晴らしいです。
傷だらけの夜明けに とてもきれいな声でした。どんなにガナっていても、こんなにきれいな声がちゃんと出るので凄いです。
未来の生命体 めちゃくちゃカッコいい!間奏で宮本さんのギターが「タッタッタッタ」と音が上がってくるとこがとっても好きなので、注目してました。どちらかの手で遠くを指差して
(かなりあやふや)「死ね~」って歌ってました。
俺たちの明日 このへんからすごい盛り上がりになりました。
ガストロンジャー 会場ひとつになってたと思います。
男は行く ギターが渋い。すごい迫力、眼光
地元のダンナ 「じもとのダンナ!」ですごい盛り上がりでした。
今回は超危険ゾーンだったため、高揚しすぎて音は、ほとんど覚えてないのが残念。宮本さんの声は、2日間とも強くてすごくのびてて気迫に満ちてて、言葉では言い尽くせないです。飛び散る汗も首や腕の血管も、非常にきれいでした(色白ですし)あのライブパフォーマンスは誰にもまねできないです。  
 COUNTDOWN JAPAN 08/09 大阪
 日本武道館
 ZEPP TOKYO
 ZEPP FUKUOKA
 広島クラブクアトロ
 ZEPP NAGOYA
 ZEPP OSAKA
 大阪城野外音楽堂
 大阪城野外音楽堂
 日比谷野外大音楽堂
 日比谷野外大音楽堂
 渋谷C.C. Lemonホール
 渋谷C.C. Lemonホール
 大阪厚生年金会館大ホール
 JAPAN CIRCUIT Vol.48 WEST -山崎死闘編-
 JAPAN JAM 2010
 やや成ちゃんより宮本さん正面 7列目から開始直後4列目まで圧縮。1「俺の道」 客席から「オ~オ~!」と歓声が。 途中石くんの右ほっぺを人さし指でついてました。 2「達者であれよ」 この曲で黒ジャケットを脱いで、白シャツを出してたけど後ろが ちゃんと出てないままだった 最後まで。 最初だったか成ちゃんの帽子を取ってかぶって歌い始めた。 帽子姿をはじめてまともに見れたんですが、すごく似合ってた。  曲が終わっても石くんにチョコンと被せたままだったので 「成ちゃんに返してあげて~」と客席から声がして石くんが成ちゃんの方を見て「返す?」みたいに合図してたけど 成ちゃんは「大丈夫」みたいに返してたので、ずっと石くんが被ってた。 最後の方で、いつのまにか成ちゃんに戻ってた (宮本さんも「帽子がいつのまにか成ちゃんに戻ってる!」と言ってた) 3「悲しみの果て」 4「幸せよ、この指にとまれ」 ギターが黒ガムテ補修のではなく、茶色が濃いほうのでした。 最後に「喜びよオーライ、この胸に咲け~」ともう1回アカペラで 付け足してたようです。「昨日今日明日、この胸に咲け~」だったかも。 「本当さ」も言ってました。 5「リッスントゥザミュージック」 とってもいい声だったことしかあんまり覚えてないです。 口笛がやはり心配通り、最初出てなくて後半持ち直してた。 金原さん、笠原さんの方を時々見ながら歌ってた。 バイオリンの弦が切れて 金原さん、すごい迫力だったようです。6「Swallowtail Butterfly~あいのうた~」 土曜日に管理人さんのマネをしてレンタルして聴いてみたらストリングスも入ってたし、キーも宮本さんなら歌えると思った から絶対やると。 最初Charaが歌い、Aメロ(線路のとこ)を宮本さんが高い綺麗な声で 歌ってたと思います。 サビはCharaが歌って宮本さんが下でハモッてたけど、よく聴こえなくて残念。 音響のせいか?もっとちゃんと聴きたかった。綺麗な声でした。 2番も確か交互に歌ってて、宮本さんが裏声で歌ってたとこもあったから サビも一部歌ったのかも。 7「それを愛と呼ぶとしよう&エレガンス」 Charaの「エレガンス」は予習してなかったのでわからなかった。 最初は全く違う「それを愛と呼ぶとしよう」だったけど、途中で 原曲に近いものになってたと思う。これもCharaがハモッてた気がする。 エレガンスと何度か交互にやってたような。 Charaのシャウトはキュートでなお且つカッコよかったです。 宮本さん、何度か、からもうとして、Charaのそばまで行ってからめずに ギター抱えたままくるっと1回転したり、Charaの方を見て様子を伺ってたり 可笑しかった、挙動不審。 このあとだったか?Charaが「ヒーロージ!ヒーロージ!」とコールしたら 客席も一斉に「ヒーロージ!ヒーロージ!」とコールして  宮本さんは、その時下を向いて恥ずかしそうな嬉しい笑顔を。もう、本当に可愛かったです。8「風に吹かれて」 この曲はピアノバージョンで富士山の麓で聴きたいと思ってたので嬉しかった。 最初宮本さんがAメロ歌って、Charaが交互に歌ってたと思います。 宮本さんの声がすごくきれいでいいなぁと。際立ってた。 サビはCharaが上で綺麗にハモッてた。 宮本さんもハモッてたけどあまり音がとれてなかったような。途中からうまくいってたと思います。 「さよならさ~」で前に足をかけて左手を大きく振ってた。 最後の「かぜにふかれて~」も交互に。 今回のセッションではこの曲が一番感動しました。 もう1回聴きたい。 9「俺たちの明日」 「季節は過ぎて~それぞれの~」のとこで、宮本さんが自ら「チャッ、チャチャ」の手拍子を アピールしたので「アッ」と思った。「なに~おもう~」からはまた「パンパン」手拍子に戻してました。次回から必ずやろうと思いました! 10「今宵の月のように」 「なつのかぜ~富士のかぜ」と。 「ポケットに手を~」いつものように左手をお尻のポケットに入れたまま 後ろ向きに石くん側に歩いてました。 新しい技を発見!またお願いします。 11「笑顔の未来へ」 やはりいい声。高いとこもよく出てる。 イントロギターが長めだった。 12「FLYER」 「おちあおう~」のとこで大きく虹を作ってました。 13「コールアンドレスポンス」 宮本さん自ら「チャーラ!チャーラ!」と手を叩きながら? Charaをステージに呼びこんだのも吃驚 ! さっきのお返しのように。野音に続き2度目の死刑宣告! Charaの「ウ~イェ~ーー~!」もキュートでステキでした。 「ア~~、眠りたいおまえの腕の中~」の高いとこはCharaが歌って 宮本さんは下でハモッてました。 ここも、もう1回ちゃんと聴きたい! この歌聴き直したら「カモンカモン~」とか、たくさん声が入ってて、男性ボーカルがもう一人いて 完璧にCD通りに歌えたら最高だと思います。 最後にやっとCharaの右腕をつかんで肩に手をまわしてポーズでした。 ちょうど「笑顔の未来へ」PVの最後で女の子の肩を抱くような感じでした。 「あ~良かった、やっとちゃんとからめて」ホッとしました。 14「待つ男」 富士山でこれをやらなきゃ! 絶対やると思ってたけど。 友人みんな破った瞬間を見てないけど、左脇がかなり破れてて タグとそれについてる貝ボタンが見えたそうです。いつ見てもすごい眼力と、すごい声!迫力! 最後の方で胸もはだけてボタン飛んだの見えました。 お水をすごく飲んでて、1本飲みほして、2本目にいってました。今回、蔦谷さんはハモッてなかった(突発性難聴だったんですね)来年も絶対行こうと思いました。
 
 日比谷野外大音楽堂
 大阪城野外音楽堂
 ROCK IN JAPAN FESTIVAL
 ZEPP TOKYO
 ZEPP TOKYO
 ZEPP OSAKA
 ZEPP OSAKA
 ZEPP NAGOYA
 ZEPP FUKUOKA
 日本武道館
 長野 CLUB JUNK BOX
 浜松窓枠
 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
 JAPAN JAM
 メンバー4人と蔦谷さん、ミッキー登場。 
宮本さんは白シャツ・ジャケット。 
歩きながら肩を上げて大きく息を吸って「フッ~」と吐いてた。 
すごい緊張感が伝わる。すぐジャケットを脱いでた。 

 風に吹かれて 
「ワントゥー、ワントゥーサンハイ!」で始まり。 
「さよならさ~」の腕振りが右側からだったので合わせた。 
最後の「かぜにふかれて~」の「て~」が張りのあるきれいな裏声だった。 
喉の調子がいいと思いました。 

 旅 
「無様な面で言いわけなんかしたくないんだよ」と。 
転調前「ワンチュースリーフォー」 

 ゴクロウサン 
「おまえらバカ野郎!そういう歌です」と。 
最後の「イェイ、ゴクロウサン!」がめちゃ憎たらしい言い方、 
顔もすごい憎々しげで、良かった。


「最高のロックギタリスト、尊敬するあの人、すげえぞ!エブリバディ! 
ものすげえ男、紹介させて下さい、中学の頃…唯一RCサクセションがいたんです。
仲井戸麗市チャボです!」チャボさん登場。 
チャボさんの名前なかなか言えない感じがして、
リスペクトの度合いが半端ないんだろうなぁと感じた。 

ブン・ブン・ブン 
「初心に返って頑張ります!」と。 
「ブブン・ブブ~ン!」会場からも掛け声があがる。 
「ベイベー!ベイベー!」では右腕を挙げて、会場もみんなやってた。 
すごい揃ってて圧巻でした。楽しかった~  
チャボさんのギターソロでは「チャボ~!」と。 
「盗聴されてる、るるるる~」またまた憎たらしい言い方で! 
ステージの左右行ってた。お尻ペンペンもしてたかも。 
弾けてる感じがエレカシにすごく合ってると思った。 


 スローバラード  
「免許持ってない時にトミの車とか、石くんのアパートとかで聴いて 
最高のバラード」と。 
蔦谷さんのピアノが鳴った時点でウルッと来た。 
「きのうは~」きれいな声だった。 
「ちゅうしゃじょーーおー、お~」の歌い方、最後の「お~」の声を変えるとこまで
清志郎さんそっくりの歌い方だった。 
「悪い予感のかけらもな~いさ~」の「な~」の音がちゃんと出てないとこも。
素晴らしい歌声でした。ツアーでもやって欲しいです。  

 君が僕を知ってる  
「歌詞がカッコよくて、普遍的なラブソングです」 
「上から下まで全部~」で「ハレンチなもの」ポーズをしてた。
途中「わかっていてくれる~」で泉谷さんが何故かヘルメットを被って登場。 

「いまだに現役ですごい歌を歌い続けてる男、泉谷しげるさんです」と。

 春夏秋冬
「おまえら、なんでもノリやがって、手拍子なんかするんじゃねえぞ!静かに聴け!
余計なアレンジしやがって」と毒づく泉谷さんに 
「まあ~でもリハの通りにやっていただければ」と宮本さん、すごい笑えた。 
入るとこを泉谷さんに合図してあげてたようでした。 
タンバリンを時々叩いてた。
いつもは投げ捨ててるタンバリンを、途中でそぉっと椅子の上?に置いてたので吃驚した。
宮本さんきれいにハモッてた。 

 翼なき野郎ども 
「次はノッていいからな、俺にリードギターを弾かせろ!チャボ勝負だ」 
何かいろいろ言うので、チャボさんに「うるさい」と怒られてた。 
宮本さんが「石くん」とギターソロを振ったため、
「俺のギターが半分以下になったじゃねえか!俺をつぶす気か!」と怒ってた。
宮本さん「すいません」と謝ってたけど、全然申し訳なさそうじゃなかった(笑) 
「とびっきりの女に会いに行こう!」と左右に来て。  
最後「会いに来たぜ~エブリバディ!」と。 
この曲もハモッてたと思う。

 チャンスは今夜  
「ア~~!」宮本さんのシャウトで始まる。 
チャボさんが「みやもと!」「いずみや!」「みやもと!」と振って歌っていく。
先日のせっちゃんのUstでチャボさんの「さいとう!」がめちゃカッコよかったので
「みやもと!」が聴けて嬉しかったです。 
「チェック!チェック!チェック!トゥナイト!」会場みんな右指振り付きでノリノリ! 
チャボは「石くん、石くん!」と呼んで二人で並んでギター弾いてた。
石くんすごい嬉しそうだった。「ミッキー!」とミッキーにもギターソロを振って。 
トミもせいちゃんもすごく嬉しそうだった。 
泉谷さんが石くんのソロの時に後ろからヘルメットを被せて前が見えなくなってたけど、
石くんものともせずに弾いてた。 

本当に、すごく楽しかった~ 

 ガストロンジャー  
泉谷さんが「放射能に負けっかよ!」と。  

みなさん、いったんはけたけど、泉谷さんだけは残って「休んでんじゃねえ、早くやれ!」と
「ラブミーテンダー」のメロディで「…よせよ~放射能いらね~牛乳のみて~」と歌いだし、
途中石くんが出てきて「コマネチ!」を2回くらいやりました(きっと指示されてると思った!) 

 雨あがりの夜空に  

「日本で一番有名なロックナンバー!歌える人一緒に歌おうぜ!エブリバディ!」 
宮本さんの「オ~ケイ!チャボ!」で始まる。 会場みんな歌ってました。 
ステージ左右に来てた。 「エブリバディ!どうもありがとう~!」 

最後、チャボさんが宮本さんの右手を取って挙げてくれて、宮本さんすごい嬉しそうに 
とびっきりの笑顔でした。 

こんなにこんなに楽しい時間が過ごせて幸せだった。 
来年も絶対に参加しようと思いました。

 大阪国際会議場メインホール(グランキューブ大阪)
 大阪国際会議場メインホール(グランキューブ大阪)
 名古屋市公会堂
 TOKYO DOME CITY HALL
 TOKYO DOME CITY HALL
 SWEET LOVE SHOWER
 日比谷野外大音楽堂
 大阪城野外音楽堂
 RADIO CRAZY
 渋谷公会堂
 渋谷公会堂
 ROCKS TOKYO
 ドラムがなかったので、待ってる間に友人と打ち込みでできる曲を考えてた。
でも、ほとんど弾き語りだった!
舞台袖、出てくる前に鹿野さんと笑顔で握手してた。 
「今宵の月のように」(アコギ)はいつもの感じであんまり違和感なかったけど 
「悲しみの果て」(エレキ)はバンドじゃないとさみしい気がした。「オ~ベイビィ~」のとこがなくて短め。
「スローバラード」(エレキで1番だけ)去年のJAMを思い出した。 いい声でした。最後「サンキューエブリバディ!歌えました」と。
「ココロをノックしてくれ」(エレキで1番だけ?)「まあ、やってくか、そんな曲です」 MUSICAの取材時にレコーディングした曲と。 昔のエレカシの曲、何かに似てる気がしたけど思い出せず。好きな感じ! 
「漂う人の性」(アコギ)すごく力強くて、良かった。 
「大地のシンフォニー」(ドラムは打ちこみ、バンドで。サポートはサニーさんとフジイケンジさん) 
「旅はまだ続いていくっていう歌です」と言って始めたせいか「たびは~まだつづくけれど」から始まってしまい、やり直してた。 間奏のスライドギター、どちらが弾くのかと見てたけど、石くんもフジイさんも弾いてなかった。ヴォーカルと絡み合うスライドギター、ツアーでは聴いてみたい。 白シャツはだけたときにボタンが2つ取れて舞台下に飛んできた。
「七色の虹の橋」(アコギ)聴き惚れた。すごくいい曲。入り込んで聴いたら涙出そう。 「未来を透視してる男の子と女の子の曲」だそうです。 
「我が祈り」(フジイケンジさんと二人でエレキギターで) 原曲を知らないので、よくわかりませんが、とにかくすごい迫力だった。フジイさん「日本のスーパーギタリスト」と紹介されて「いやいや」と照れてました。
「男は行く」(ドラムなしのバンド形態で) 男椅子に腰かけて「男たち、男じゃない人にも捧げます」 
せいちゃんに「前出ろ、前出て弾け!」と。間奏でサニーさん、フジイさんにソロを振ってた。石くんにも(石くんの髪は長くてサラサラで固めてなかった)「ドラムがなくても成立するね」って言ってたけど、その後のACIDMANを見てたらやっぱドラムっていいねと思いました。

途中トミのことに触れて「急に胆嚢炎になっちゃって。もう退院して元気なんですけど。だったらできんじゃねえかよって、でも療養が大事ってことで」 

歌力がよくわかる、気合いもすごくていいライブでした。エレカシのライブっていつもそうだけど、元気をもらえるから、終わった後元気になる。翌日も全く疲れてなくてよく働けた。
アルバム、期待大です!絶対にすごいと思う!
 Zepp Tokyo
 Zepp Tokyo
 Zepp Fukuoka
 広島CLUB QUATTRO
 Zepp Namba
 Zepp Namba
 Zepp Nagoya
 日比谷野外大音楽堂
 日比谷野外大音楽堂
 大阪城野外音楽堂
 大阪城野外音楽堂
 COUNTDOWN JAPAN 13/14
 さいたまスーパーアリーナ
 RockDaze! 2014 Special ザ・クロマニヨンズ 対 エレファントカシマシ
 Zepp DiverCity
 新潟LOTS
 Zepp Sapporo
 Zepp Nagoya
 広島CLUB QUATRO
 高松オリーブホール
 Zepp Namba
 日比谷野外大音楽堂
 Zepp Namba
 FM802 25th Anniversary 802GO! ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY
 日本武道館
 日本武道館
 NUMBER SHOT 2015
 オハラ☆ブレイク ’15夏
 日比谷野外大音楽堂
 豊洲PIT
 なんばHatch
 名古屋 日本特殊陶業市民会館フォレストホール
 なら100年会館
 金沢本多の森ホール
 新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA
 新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA
 新春ライブ2016 大阪フェスティバルホール
 新春ライブ2016 大阪フェスティバルホール
 FM COCOLO presents ROOTS66 -Naughty 50-
 日比谷野外大音楽堂
 Zepp Nagoya
 Zepp Nagoya
 Zepp Tokyo
 日本武道館
 大阪城ホール
 長良川国際会議場
 四日市市文化会館第一ホール
 神戸国際会館こくさいホール
 日比谷野外大音楽堂
 名古屋国際会議場センチュリーホール
 守山市民ホール大ホール
 ロームシアター京都メインホール
 三島市民文化会館大ホール
 富山オーバードホール
 NHKホール
 さいたまスーパーアリーナ
 30th ANNIVERSARY TOUR THE FIGHTING MAN SPECIAL ド・ド・ドーンと集結!!〜夢の競演〜
  .

一番上へ