エレファントカシマシDB ファンプロフィール

30th ANNIVERSARY TOUR 2017

一番下へ

項目内容
ハンドルネーム弁天
プロフィール更新(別ウィンドウでPC版に飛びます)
ライブ履歴更新(別ウィンドウでPC版に飛びます)
一言管理人様に感謝です!
性別
ファン歴2007/11から10年2ヶ月経過
居住地域東京都 /
誕生日
血液型A型
初めて買ったSINGLE
初めて買ったALBUM
好きな曲BEST1武蔵野
好きな曲BEST2悩んでます
好きな曲BEST3悩んでます
好きな曲BEST4悩んでます
好きな曲BEST5悩んでます
好きな曲BEST6悩んでます
好きな曲BEST7悩んでます
好きな曲BEST8悩んでます
好きな曲BEST9悩んでます
好きな曲BEST10悩んでます
ライブ曲BEST1ガストロンジャー
ライブ曲BEST2悩んでます
ライブ曲BEST3悩んでます
ライブ曲BEST4悩んでます
ライブ曲BEST5悩んでます
ライブ曲BEST6悩んでます
ライブ曲BEST7悩んでます
ライブ曲BEST8悩んでます
ライブ曲BEST9悩んでます
ライブ曲BEST10悩んでます
好きなアルバム1悩んでます
好きなアルバム2悩んでます
好きなアルバム3悩んでます
購買履歴(ALBUM)
THE ELEPHANT KASHIMASHI持っている
THE ELEPHANT KASHIMASHI Ⅱ持っている
浮世の夢持っている
生活持っている
エレファントカシマシ5持っている
奴隷天国なし
東京の空持っている
ココロに花を持っている
明日に向かって走れ-月夜の歌-持っている
エレファントカシマシベスト持っている
愛と夢持っている
good morning持っている
sweet memory~エレカシ青春セレクション~初回限定盤持っている
sweet memory~エレカシ青春セレクション~持っている
エレファントカシマシSINGLES 1988-2001持っている
ライフ持っている
DEAD OR ALIVE持っている
花男持っている
俺の道持っている
持っている
持っている
日本夏持っている
野音秋持っている
町を見下ろす丘持っている
町を見下ろす丘(配信限定バージョン)なし
STARTING OVER持っている
昇れる太陽持っている
エレカシ自選作品集 EPIC 創世記なし
愛と夢 (再発売)なし
明日に向かって走れ-月夜の歌- (再発売)持っている
ココロに花を (再発売)持っている
DEAD OR ALIVE (再発売)なし
エレカシ自選作品集 EMI 胎動記持っている
エレカシ自選作品集 PONY CANYON 浪漫記持っている
俺の道 (再発売)持っている
奴隷天国 (再発売)持っている
悪魔のささやき〜そして、心に火を灯す旅〜持っている
悪魔のささやき〜そして、心に火を灯す旅〜 初回盤A持っている
悪魔のささやき〜そして、心に火を灯す旅〜 初回盤Bなし
MASTERPIECE持っている
MASTERPIECE(初回限定盤)持っている
THE BEST 2007-2012 俺たちの明日 初回限定盤 A持っている
THE BEST 2007-2012 俺たちの明日 初回限定盤 B持っている
THE BEST 2007-2012 俺たちの明日なし
[the fighting men's chronicle] THE ELEPHANT KASHIMASHI official live bootleg box持っている
THE ELEPHANT KASHIMASHI deluxe edition持っている
ココロに花を deluxe edition持っている
THE ELEPHANT KASHIMASHI live BEST BOUT持っている
エレファントカシマシ カヴァーアルバム2 ~A Tribute to The Elephant Kashimashi~持っている
RAINBOWなし
RAINBOW(初回限定盤)持っている
All Time Best Album THE FIGHTING MANなし
All Time Best Album THE FIGHTING MAN(初回限定盤)持っている
All Time Best Album THE FIGHTING MAN(デラックス盤)持っている
購買履歴(SINGLE)
デーデなし
ふわふわなし
おはようこんにちはなし
浮雲男なし
男は行くなし
曙光なし
奴隷天国なし
極楽大将生活賛歌なし
この世は最高!なし
悲しみの果て持っている
孤独な旅人なし
悲しみの果てなし
明日に向かって走れ持っている
戦う男なし
今宵の月のように持っている
風に吹かれて持っている
はじまりは今なし
夢のかけら持っている
ヒトコイシクテ、アイヲモトメテ持っている
愛の夢をくれなし
真夜中のヒーロー持っている
ガストロンジャー持っている
so many people持っている
コールアンドレスポンス持っている
孤独な太陽持っている
暑中見舞-憂鬱な午後-持っている
普通の日々持っている
あなたのやさしさをオレは何に例えようなし
生命賛歌なし
ハロー人生!!なし
俺の道なし
化ケモノ青年なし
友達がいるのさ持っている
俺たちの明日持っている
笑顔の未来へ持っている
桜の花、舞い上がる道を持っている
新しい季節へキミと持っている
持っている
絆 初回限定盤持っている
幸せよ、この指にとまれ(通常盤)持っている
幸せよ、この指にとまれ(初回限定盤)持っている
明日への記憶持っている
いつか見た夢を持っている
ワインディングロード/東京からまんまで宇宙持っている
大地のシンフォニー/約束(通常盤)持っている
大地のシンフォニー/約束(初回限定盤)持っている
ズレてる方がいい(通常盤)持っている
ズレてる方がいい(初回限定盤)持っている
あなたへ(通常盤)持っている
あなたへ(初回限定豪華盤)持っている
Destiny(通常盤)なし
Destiny(初回限定豪華盤)持っている
愛すべき今日(通常盤)なし
愛すべき今日(初回限定盤)持っている
夢を追う旅人(通常盤)持っている
夢を追う旅人(初回限定盤)なし
風と共に(通常盤)なし
風と共に(初回限定盤)持っている
RESTART/今を歌え(通常盤)なし
RESTART/今を歌え(初回限定盤)持っている
購買履歴(VISUAL)
エレファントカシマシコンサート1998日本武道館”風に吹かれて”持っている
エレファントカシマシビデオクリップ集”クリップス”持っている
エレファントカシマシビデオクリップ集”クリップス2”持っている
Life TOUR 2002持っている
エレファントカシマシビデオクリップ集”クリップス3”持っている
扉の向こう-ロック歌手宮本浩次という生き方-持っている
桜の花舞い上がる武道館持っている
エレファントカシマシコンサート1998日本武道館”風に吹かれて” (再発売)持っている
エレファントカシマシビデオクリップ集”クリップス” (再発売)持っている
日比谷野外大音楽堂ライブDVD持っている
エレファントカシマシ EPIC映像作品集 1988-1994持っている
ROCK'N ROLL BAND FES & EVENT LIVE HISTORY 1988-2011持っている
the fighting men's chronicle エレファントカシマシ ディレクターズカット持っている
復活の野音 2013.9.15 日比谷野外大音楽堂持っている
エレファントカシマシ デビュー25周年記念 SPECIAL LIVE さいたまスーパーアリーナ(初回限定盤)持っている
エレファントカシマシ デビュー25周年記念 SPECIAL LIVE さいたまスーパーアリーナ(通常盤)なし
エレファントカシマシ 新春ライブ2015 日本武道館(DVD)なし
エレファントカシマシ 新春ライブ2015 日本武道館(Blu-ray)持っている
ライヴ・フィルム『エレファントカシマシ-1988/09/10 渋谷公会堂-』(DVD)なし
ライヴ・フィルム『エレファントカシマシ-1988/09/10 渋谷公会堂-』(Blu-ray)持っている
デビュー30周年記念コンサート”さらにドーンと行くぜ!”大阪城ホールなし
日本1
日本2
日本3
海外1
海外2
海外3
著名人1
著名人2
著名人3
尊敬
趣味
ホームページ
ファンクラブPAO入会済み
自己紹介今まで”喰わず嫌い”でした(宮本さん、ごめんなさい)。・・今?”毒を喰らわば皿までも”って感じです。よろしくお願いいたします。
登録日2008/05/15
更新日2017/11/20
参加ライブ情報
 渋谷C.C. Lemonホール
 野郎共の競宴 SHIBUYA-AX
 結構間際になって出演がわかり、ギリギリで奇跡的に手に入ったチケット。普段はスタンディング参加のAXのどこで立ち見?と思ったらステージ後方ミキサー卓の左右の超狭いスペース。2Fとそこはほとんどエレカシファンだったのでは?
まず泉谷さんとCHABOさん登場。昔二人で「セーターズ」(笑)というグループを組んでいたとか。ヨタMC(「エレカシがよ、すごいキビシイ練習してやんの」「俺たち、やんねぇよなぁ~」「練習、キライだもん!」「本番、キライだもん!(byCHABO)」の後アコギで数曲。しかしこれが出だし間違えたりのヨレヨレぶり。男性泉谷ファンの野次がすごい。泉谷さん、負けずに怒鳴り返す(笑)
二人が引っ込んだ後にエレカシ登場。始まると同時にものすごい後方からの押し。無精ヒゲの宮本さん「緊張するとノドが乾く・・」といつも以上に給水。「いつもはイベントというと”年長組”なんだけど・・」と先パイ達のお招きに恐縮しきってる様子。
本日は宮本さんのアコギ~バンドにつなげていく感じで、宮本さんのアコギのカッティングの潔さといったら!泉谷さんCHABOさんもそうなんだけど、ホントに気持ち良くて。声もよく出ていたし、泉谷さんのカバーとまさかのRCのカバーが2曲も聞けて仰天!エレカシ板RCが聴けるなんて!!他の曲もテンポ良い演奏だったが宮本さん自ら「アンコール!」と叫んで始まった「ガストロンジャー」、前方の方々が・・立たない。そのかわり立ち見と2Fの我らエレカシファンはきっちりと盛り上げましたよ、エエ。ちなみに指定席の人たちが立ち上がったのは泉谷さんが「立て!」と命令した時とアンコールの時。泉谷さん「感動は強要から作られる」「無理やりが感動を呼ぶ」って・・(笑)。
それにしても泉谷パワー恐るべし。「春夏秋冬」エレクトリックver.もさることながら非常にPUNKなノリで。新曲も良かった。CHABOさんはバリバリのブルースなどやってくれるのかと思っていたら、以外にもポエトリー・リーディングにプログレっぽい演奏を乗せたもので。CHABOさんの「東京」は1970年の新宿。そのころ宮本さんは生まれてまだ数年しか経っていないんだなぁ。泉谷さんとエレカシのカバーをということで、「冬の朝」をバンド形式でやってくれた。
「俺が歌って申し訳ないんだけど・・」と言ってやった「雨上がりの夜空に」「スローバラード」。あの日出演した人たちは誰一人として清志郎さんの状態について語らなかったけど、元気でステージに立っている自分と、ここにいるはずだった人の無念な想い。心の中では全員が同じように清志郎さんの存在を感じていたはず。
エレカシはアンコールも辞退で(たぶん宮本さんが自分らはまだまだだと思ったのでしょう・・それと忙しくてリハ不足もあったと思うので)残念だったが(後で泉谷さんが打ち上げまでいるんだったらアンコールに出ろ!(笑)と言ってましたね)、とにかくいいもの見せて聴かせていただいた感じ。
貴重なライブでした。
 水道橋JCBホール
 水道橋JCBホール
 日本武道館
 大エレカシ祭り。ファンになりたての去年の今頃はエレカシライブ初体験となった5月の渋公を楽しみにしていた。あれから一年、まさかこんなに早く武道館体験ができるとは!それだけで感無量・・
グッズ購入の為、早めに到着したらリハの真っ最中。中から漏れて来るシャウトに「本番前にそんなに力出しちゃって大丈夫なの?!」と心配になる。
ライブ自体は圧巻の一言。「俺はプロフェッショナル!」って自分を奮い立たせるように叫んでいた宮本さんの、みんなに伝えよう伝えようとする想いが本当に凄くて。後ろに控えたオケの華やかな雰囲気もハレの舞台にふさわしく良かったと思う。
ただ、宮本さんの喉の調子はちょっと・・リハ番長さま!気合、入れ過ぎちゃいましたね。最初から飛ばし過ぎ!選曲がこれでもかの高音がきついモノが続いて、鋼の声帯を持ってる宮本さんだから最後まで歌い上げることが出来たものの、本来の、あの素晴らしい声には程遠いものだったような気がした。
今回左右にスクリーンが設置され表情が良く見えるのはよかったのですが、宮本さんの異常なほどの汗とか時折映るトミさんの苦しそうな表情とか見てしまうと・・その存在も良し悪しかな、と思いました。
それでも「男は行く」「シャララ」「珍奇男」あたりのブルージィなナンバーは秀逸!こういった昔の曲もライブで聴くとものすごく新鮮に聞こえる。スタジオ盤には収まりきらない迫力、やっぱりエレカシはライブバンドなのだということを再認識させられた。今回曲の前フリも毒のあるMCが多くて、昔のエレカシを知らない身としてはちょっとぞくっとしました(笑)。
逆に「It's my~」「to you」あたりのサワヤカ系ナンバーはちょっと力み過ぎの感が。
ストリングス、「女人禁制」のステージに堂々と登場した金原さんが凄かった!「僕らの音楽」等いろんなミュージシャンのバックで粛々と演奏してる姿からは想像もつかないような、ロック魂を感じさせてくれる演奏でした。
「桜~」はバンド+オケだと音数が多過ぎた感じ。むしろストリングスに宮本さんの歌だけの方がより引き立ったのでは?
去年渋公で初めて聴いて個人的に色々と思うところのあった「風」がまた聞けて、あれから一年経ってまた真剣に自分と向き合わないと・・宮本さんの歌聴いて武道館後にしました。
宮本さん、これからは年齢と体力との戦いですね。
だけどもちろん50歳でも60歳になっても会いに行くさ!
サンキュー、エレカシ!!
次のライブハウスに期待~~
 ZEPP TOKYO
 スタンディング。A-400番台、開場後10分もたたないうちに入場、石クン寄り5列目位にくい込む。開演前のBGM,レッチリの「Scartissue」がかかって、「おお!」と思ったが以後Radioheadっぽいダウナ―な曲の数々に眠くなり(選曲、だあれ?笑)・・開演までの長かった事!入場後かなり経ってからドドド・・と人をかき分けて入ってきたOL風のお姉さん。私の前にいたフェスタオル首にかけてた2人組の若い女のコたちがトイレ行くのかと思って思わず道を空けたらそのコたちの斜め前にちゃっかり陣取っちゃって、ちょっとそういうのはないんじゃないの?って感じでした。女のコたちもあきれてたよ。遅れてくるんだったら会社、休もうよ。前に行けないとわかったら今回は諦めて宮本さんの歌聴くことに専念しようよ。あと、後ろにいた「空きあらば前に出てやる」とばかりにすでに人の背中に手をずっと押しつけ密着してくる方とか・・暑いんですけど?気合い入ってるのはわかるんですが、いくらギュウ詰めスタンディングとはいえマナーつうモノもあるだろうに。そういう点は近頃のフェス慣れしているワカモノの方がはるかにわきまえてるよな・・などと思いつつ、19時をかなり回ってから開演。宮本さん黒シャツで登場。今まで参戦した中で一番近い!表情までよく見えてただただうっとり(笑)。やはりこの人がステージで出す殺気にも近いオーラ、たたずまい・・カリスマだな、と思う。目がキラキラしてて。オープニングは「Sky~」。「スライドブリージャー」使用。「おかみさん」、やはり期待していた通りの盛り上がり。そして「スタ・オヴァ」の如くイントロにマシーンを使っての「Johnny~」。バンドver.でこの曲が聴けるとは!「Want you,need you・・」もっと「狂った」アレンジでも良かったかも。結局「昇れる~」からは全曲演奏。昔の曲からはまさかの「星の砂」「Blue Days」・・これも大盛り上がり。「So many~」「暑中見舞い~」も聴けて良かった。「暑中見舞い~」など最近の曲と言っても十分通じるポップさで、ノれる。「Listen~」の“口笛”、ちゃんと音が出ていて(笑)素敵でした。今回はモタつくこともなく、「バンドとして」非常にタイトにまとまっていたと思う。石クンの頑張りぶりもほほえましく。宮本さんも声の調子が武道館とは雲泥の差で、御本人もしょっぱなからの客のノリに、演ってて気持ちが良かったのでは?MCでは珍しく「今日が初めての人?」なんて訊いてたし。とにかくお腹いっぱい、満足感の感じられるライブでした。「to you」で出だしの歌詞が出てこなくて「to you]さん、ゴメンネ」と謝っていたのでマイナス10点といったところですが、意味不明の240点つけます。踊れたし。
 ZEPP TOKYO
 2日目。本日は1100番台。さすがに昨日ほどの位置は無理だが、それでも二つ目のバーから3、4列目、やや中央寄りに陣取る。昨日同様サクサクと入場出来たが今日は何となく人の密度が違う。若い男の子たちの数も多いような。(宮本さんの事を)”オヤジと同い年”とか言ってる声が聞こえてきて「うーむ」と唸ってしまった(笑)。開演を待っている間に前方で気分が悪くなり倒れてしまった女の子がいたが、気の毒に・・スタンディングは体調を万全にして望まないと。7時過ぎ開演。「ジョニー~」のイントロループでメンバーが現れ、おや?と思う間もなく「こうして~」が始まる。うわ!昨日と違うオープニング。まさかの「押し」も物凄く(やはり男の子たちの)、今日は宮本さんも人の隙間からしか見えない。またマナー云々の話になるが、「客電が消えたら前方に突進」することを「裏ワザ」と勘違いしてる人、マジで危ないから止めましょう。少しでも前で見たい気持ちはわかるけどさ。こちらも必死でガードして位置をキープ。幸い押しは数曲で収まる。今日は昨日と打って変ってMCもほとんどなく、以後淡々とした感じで進行していく。ひたすら歌が発射されていく感じ。元祖(?)「まぬけな~」では歌の冒頭で「3度目!」という雄叫びがあったが(3度フラれてまだ懲りない、という事か?笑)。宮本さん、2日目ということもあり、「絆」「ネヴァー~」あたりでかなり声が辛そう。もう身体全体を使って振り絞って歌っている。でもそんな姿が聴いているこちらにはガツンとくるんだなぁ・・MCが無い分こまめに給水。「ネヴァー~」の最後で静かにささやくように「・・おやすみ」。続くお客さんの拍手・・印象的でした。中盤でメンバーに指示を出しての「ガスト」。これでスィッチが入ったというか、流れが変わったような気が。今日は宮本さんの指示が何ヶ所か入り、見ていると後ろで守っている蔦谷さんや昼海さんもひんぱんに宮本さんとアイコンタクトを取っている。アンコールの「太陽の季節」で「奴隷天国」の再発希望を訴えていたが、初心者の私も切に希望、です。音源しかないけど、良いアルバムだもの。「太陽の~」は「昇れる~」の裏テーマだったというような事を言っていたけれども、結局昔からコアな部分はブレてないんだ、と再認識。(ちなみにテーマといえばパンフで石クンが着てるTシャツは”loop,loop,loop"で、燃え盛る太陽の「光の輪」もループといえばループだ・・などと思った)ラストの「ファイティングマン」の盛り上がりが凄くて、みんなでピョンピョン、ジャンプしてしまった。最後の最後、「実は・・エビバデ、ファイティングマン!!」がサイコー!・・いわゆる「一般的」なロックのライブとしては昨日の方がセトリ、喉の調子、MC,進行・・どれを取っても上だろう。だが自分たちの技量と持っている曲だけで勝負を仕掛けてくる今日のようなライブもまたエレカシならでは。あらためて2日あれば両方見ないとダメですね。宮本さん、今回は有能なブレインを持つ武士たちの上に立つ戦国武将のようでした。その関係は決して殿様と家来ではなく。最強のエレカシ軍。そんな事を強く感じた。今回アンコールを求めるお客さんの「拍手」が長く長くしかも同じペースでいつまでも続いていたのもとても印象的で。そうしたみんなのリスペクト感がエレカシに伝わって、私達をさらに楽しませてくれればそれはもうファン冥利に尽きる事で。初めて彼らを見た渋公から1年。「バンドとして」さらにカッコ良くなったエレカシ。死ぬまで付いてくぞ!本日も踊り倒して大満足のライブでした。
 JAPAN CIRCUIT -vol.47-
 日比谷野外大音楽堂
 日比谷野外大音楽堂
 渋谷C.C. Lemonホール
 渋谷C.C. Lemonホール
 ROCKS TOKYO
 日比谷野外大音楽堂
 MUSIC ON! TV presents GG10
 SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER
 ZEPP TOKYO
 ZEPP TOKYO
 日本武道館
 JAPAN JAM
 オリンパスホール八王子
 TOKYO DOME CITY HALL
 TOKYO DOME CITY HALL
 日比谷野外大音楽堂
 GG11
 第1回 日比谷ライブ&マルシェ2011
 渋谷公会堂
 渋谷公会堂
 Zepp Tokyo
 Zepp Tokyo
 日比谷野外大音楽堂
 日比谷野外大音楽堂
 さいたまスーパーアリーナ
 Zepp DiverCity
 Zepp DiverCity
 日比谷野外大音楽堂
 日本武道館
 日本武道館
 日比谷野外大音楽堂
 豊洲PIT
 新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA
 新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA
 日比谷野外大音楽堂
 日比谷野外大音楽堂
 Zepp Tokyo
 Zepp Tokyo
 日本武道館
 神奈川県民ホール大ホール
 オリンパスホール八王子
 日比谷野外大音楽堂
 大宮ソニックシティ大ホール
  .

一番上へ