エレファントカシマシDB ファンプロフィール

一番下へ

項目内容
ハンドルネームTomo
プロフィール更新(別ウィンドウでPC版に飛びます)
ライブ履歴更新(別ウィンドウでPC版に飛びます)
一言
性別
ファン歴2001/03から17年1ヶ月経過
居住地域埼玉県 /
誕生日
血液型O型
初めて買ったSINGLE
初めて買ったALBUM
好きな曲BEST1悩んでます
好きな曲BEST2悩んでます
好きな曲BEST3悩んでます
好きな曲BEST4悩んでます
好きな曲BEST5悩んでます
好きな曲BEST6悩んでます
好きな曲BEST7悩んでます
好きな曲BEST8悩んでます
好きな曲BEST9悩んでます
好きな曲BEST10悩んでます
ライブ曲BEST1悩んでます
ライブ曲BEST2悩んでます
ライブ曲BEST3悩んでます
ライブ曲BEST4悩んでます
ライブ曲BEST5悩んでます
ライブ曲BEST6悩んでます
ライブ曲BEST7悩んでます
ライブ曲BEST8悩んでます
ライブ曲BEST9悩んでます
ライブ曲BEST10悩んでます
好きなアルバム1悩んでます
好きなアルバム2悩んでます
好きなアルバム3悩んでます
購買履歴(ALBUM)
THE ELEPHANT KASHIMASHI持っている
THE ELEPHANT KASHIMASHI Ⅱ持っている
浮世の夢持っている
生活持っている
エレファントカシマシ5持っている
奴隷天国持っている
東京の空持っている
ココロに花を持っている
明日に向かって走れ-月夜の歌-持っている
エレファントカシマシベスト持っている
愛と夢持っている
good morning持っている
sweet memory~エレカシ青春セレクション~初回限定盤持っている
sweet memory~エレカシ青春セレクション~なし
エレファントカシマシSINGLES 1988-2001持っている
ライフ持っている
DEAD OR ALIVE持っている
花男なし
俺の道持っている
持っている
持っている
日本夏持っている
野音秋持っている
町を見下ろす丘持っている
町を見下ろす丘(配信限定バージョン)なし
STARTING OVER持っている
昇れる太陽持っている
愛と夢 (再発売)なし
エレカシ自選作品集 PONY CANYON 浪漫記なし
明日に向かって走れ-月夜の歌- (再発売)なし
ココロに花を (再発売)なし
DEAD OR ALIVE (再発売)なし
エレカシ自選作品集 EMI 胎動記なし
エレカシ自選作品集 EPIC 創世記持っている
俺の道 (再発売)なし
奴隷天国 (再発売)なし
悪魔のささやき〜そして、心に火を灯す旅〜なし
悪魔のささやき〜そして、心に火を灯す旅〜 初回盤A持っている
悪魔のささやき〜そして、心に火を灯す旅〜 初回盤Bなし
MASTERPIECEなし
MASTERPIECE(初回限定盤)持っている
THE BEST 2007-2012 俺たちの明日 初回限定盤 Bなし
THE BEST 2007-2012 俺たちの明日 初回限定盤 Aなし
THE BEST 2007-2012 俺たちの明日なし
[the fighting men's chronicle] THE ELEPHANT KASHIMASHI official live bootleg boxなし
THE ELEPHANT KASHIMASHI deluxe editionなし
ココロに花を deluxe editionなし
THE ELEPHANT KASHIMASHI live BEST BOUTなし
エレファントカシマシ カヴァーアルバム2 ~A Tribute to The Elephant Kashimashi~なし
RAINBOWなし
RAINBOW(初回限定盤)なし
All Time Best Album THE FIGHTING MANなし
All Time Best Album THE FIGHTING MAN(初回限定盤)なし
All Time Best Album THE FIGHTING MAN(デラックス盤)なし
エレファントカシマシ カヴァーアルバム3 ~A Tribute to The Elephant Kashimashi~なし
タイトル未定なし
購買履歴(SINGLE)
デーデなし
ふわふわなし
おはようこんにちはなし
浮雲男なし
男は行くなし
曙光なし
奴隷天国なし
極楽大将生活賛歌なし
この世は最高!なし
悲しみの果てなし
孤独な旅人なし
悲しみの果てなし
明日に向かって走れなし
戦う男なし
今宵の月のようになし
風に吹かれて持っている
はじまりは今持っている
夢のかけらなし
ヒトコイシクテ、アイヲモトメテなし
愛の夢をくれなし
真夜中のヒーロー持っている
ガストロンジャー持っている
so many peopleなし
コールアンドレスポンス持っている
孤独な太陽持っている
暑中見舞-憂鬱な午後-持っている
普通の日々持っている
あなたのやさしさをオレは何に例えようなし
生命賛歌持っている
ハロー人生!!持っている
俺の道持っている
化ケモノ青年持っている
友達がいるのさ持っている
俺たちの明日持っている
笑顔の未来へ持っている
桜の花、舞い上がる道を持っている
新しい季節へキミと持っている
持っている
絆 初回限定盤持っている
幸せよ、この指にとまれ(通常盤)なし
幸せよ、この指にとまれ(初回限定盤)持っている
明日への記憶持っている
いつか見た夢を持っている
ワインディングロード/東京からまんまで宇宙持っている
大地のシンフォニー/約束(通常盤)なし
大地のシンフォニー/約束(初回限定盤)持っている
ズレてる方がいい(通常盤)なし
ズレてる方がいい(初回限定盤)持っている
あなたへ(通常盤)なし
あなたへ(初回限定豪華盤)なし
Destiny(通常盤)なし
Destiny(初回限定豪華盤)なし
愛すべき今日(通常盤)なし
愛すべき今日(初回限定盤)なし
夢を追う旅人(通常盤)なし
夢を追う旅人(初回限定盤)なし
風と共に(通常盤)なし
風と共に(初回限定盤)なし
RESTART/今を歌え(通常盤)なし
RESTART/今を歌え(初回限定盤)なし
購買履歴(VISUAL)
エレファントカシマシコンサート1998日本武道館”風に吹かれて”持っている
エレファントカシマシビデオクリップ集”クリップス”持っている
エレファントカシマシビデオクリップ集”クリップス2”持っている
Life TOUR 2002持っている
エレファントカシマシビデオクリップ集”クリップス3”持っている
扉の向こう-ロック歌手宮本浩次という生き方-持っている
桜の花舞い上がる武道館持っている
エレファントカシマシコンサート1998日本武道館”風に吹かれて” (再発売)なし
エレファントカシマシビデオクリップ集”クリップス” (再発売)持っている
日比谷野外大音楽堂ライブDVD持っている
エレファントカシマシ EPIC映像作品集 1988-1994持っている
ROCK'N ROLL BAND FES & EVENT LIVE HISTORY 1988-2011なし
the fighting men's chronicle エレファントカシマシ ディレクターズカットなし
復活の野音 2013.9.15 日比谷野外大音楽堂なし
エレファントカシマシ デビュー25周年記念 SPECIAL LIVE さいたまスーパーアリーナ(初回限定盤)なし
エレファントカシマシ デビュー25周年記念 SPECIAL LIVE さいたまスーパーアリーナ(通常盤)なし
エレファントカシマシ 新春ライブ2015 日本武道館(DVD)なし
エレファントカシマシ 新春ライブ2015 日本武道館(Blu-ray)なし
ライヴ・フィルム『エレファントカシマシ-1988/09/10 渋谷公会堂-』(DVD)なし
ライヴ・フィルム『エレファントカシマシ-1988/09/10 渋谷公会堂-』(Blu-ray)なし
デビュー30周年記念コンサート”さらにドーンと行くぜ!”大阪城ホールなし
日本1
日本2
日本3
海外1
海外2
海外3
著名人1
著名人2
著名人3
尊敬
趣味面白い事を探しています
ホームページ
ファンクラブPAO入会済み
自己紹介
登録日2003/01/01
更新日2018/04/18
参加ライブ情報
 渋谷公会堂
 高音の出があまりよくなかった。部屋のファルセットもかすれていた。それでも全身が震えるくらい美しいファルセットだった。一体どうなってしまったのだろう、私の耳は。
 日比谷野外大音楽堂
 名曲は必要ない。名プレーがあればいい。と常々思っていた。基本的には。にも拘らず月の夜は名曲であるということを、強く再認識させられた。
 SHIBUYA-AX
 悲しみの果て。この曲にはそれほど思い入れがないはずだった。多分、油断していたのだろう。完敗致しました。
 新宿LIQUID ROOM
 未知~とDEAD~、似た要素のあるこの二曲はセットになっているのだろうか。圧巻はやはり流浪~。二十歳そこそこで‘あめりかノ物真似デナイ’日本のど真ん中を貫くようなブルースを完成させていたのだあー。
 赤坂BLITZ
 宙を舞うブラフのファンに宗教的儀式を感じつつ、エレカシを聴いている最中の自分はどうなんだろう・・・もっとも本編がはじまったら頭の中が壊れてそんな事どーでもよくなった。
 日比谷野外大音楽堂
 濃いライブだった。内容については他の皆さんにお任せするとして/エレカシのライブでは何が起こっても驚かない心の準備をしているつもりの私がのけぞった。土方隆行さん登場!吃驚したぜ!NAZCA解散以来、裏方に廻る事が多いようで寂しかったが、ここでお遭いできるとは。今後も宮本さんがかたやんの力を必要としている時には・・悲しみの果てのような切なくもスルドイ曲をやる時には・・職人技でサポートしてください。
 新宿LIQUID ROOM
 「どこへ」のエンディング近く、顔を上げてフロアの隅々を見渡していた宮本さん、何を確認していたのだろう。
歌詞が出来上がっていない新曲をやるというのは、よほど今気に入っているのだろう。と推測するのが普通だろう。普通が通用するかどうかは疑問だが。ミディアムで、チョッパーベースでも合いそうなリズムだった。こんなこと考えるのも高緑さんに絡んでいたからで、何となくチョッパーだと絡みづらいんじゃないかと、そんなアホな画面が浮かんだからだ。
 渋谷公会堂
 PAが・・・星の砂のようなシンプルな曲はいいのだが、最近の曲想もアレンジも凝った曲やる時にはもうちょっとバッキングを抑えてくれたほうがイメージ広がるような気がする。いつも以上に情緒不安定で臨んだライブ、というのも先週宮本さんに酷似した人にある川の辺りで遭遇。蓬髪、白シャツ、黒パンツ、背格好、顔・・・。ステージ上の宮本さんを見ているとその時の印象が重なり、あの時の人は一体?????。皆さんは、宮本さんに似た人を見かけたら引き返して確認しますか?。私は引き返す事ができなかった。
 新宿コマ劇場
 時間があったので鬼王神社へ参ル。心穏やかにライブに臨む予定、であったが1曲目が判った瞬間に動揺し、以下全曲同文。最初蹴りを入れられていた冨永さんが、優しい川でバスドラのアクセントぼこぼこ入れて、やりかえしているように見えておもしろかった。
 CLUB CITTA' 川崎
 「ロックンロールって何なんだ」って新曲かと思ったら、メンバー紹介の曲だった。星くずの中のジパングでかすれた声を期待していたら、普通に地声で歌っておられた。それにしても、化ケモノ青年が時々バカモノに聞こえるのは私だけだろうか。
 SHIBUYA-AX
 丸二日経った今でも、言葉が思いつかない。落ち着いていて余裕があった。一曲一曲を気が済むまでリフレインし、アレンジを変え、各パートソロを充分とり、瞬時に点火してそのまま爆裂し続ける。どうなっちゃったのか判らないが、多分宮本さんは私に見えている場所より更に先にいっているのだろう。到っていない人間には、どれだけ離されているかわからないが。今回の「涙」のアレンジは好みです。「暑中見舞」もうれしかったです。
 日比谷野外大音楽堂
 左スピーカー真前の良席のため、全体の音がよく聴き取れず曲によっては「チューニング合ってんの?」状態。でも必須条件のVoはよく聴こえたからいいか。大久し振りに拝見する近藤さんはヨレヨレっぽくて一層カッコイイ。近藤さんの音も半分くらいしか聴こえなかったが、出場所の随分前からペットを構えてもっと吹きたそうだった。「尊敬する近藤さん」に握手を求められて、一瞬素の笑顔になったのが普段のライブで見られない表情でした。でも宮本さん、「尊敬する」のは近藤さんの「音楽性」だけにとどめといてくださいな。今後も機会があったら、近藤さんクラスのミュージシャンとセッションしていただけると楽しみです。
でも、なんですな~。あのハープの音には吃驚した。あなたがやると、すべてがそうなるのですか。
 MUSIC ON! TV GG04
 満足のライブでした。「ドラゴンはチャーミングで、アシッドマンはストレートで好感持てました。」勿論比べるつもりは毛頭ない。しかしタテノリの単調なリズムを耳にしつつ、意識の底では、冨永さんのドラムは陰影があって表情豊かだったな、高緑さんは早いフレーズを一曲目からノリノリで踊ってたな、石森さんは本当にかあいかったな、と思い起こしていた。友達の歌、のどかな歌い出しにおっとりと構えていたら急展開して魂ヲ抜カレタ。最近のエレカシの曲は多分演奏するのが難しい(んじゃないかなーと思う。)それをあの声で、あのセンスで(化ケノモ青年は聴く度に面白くなっていく)、あのとんでもない歌詞で、とっくに大気圏をつきぬけて普通の人じゃ呼吸もできない場所で歌っている・・・何だか自分でも何を書こうとしているのかわからなくなってきた。すみません。
 LIQUIDROOM ebisu
 イオカードを買ったら恵比寿さんの絵柄だった。だから、脈絡も因果関係もないが、ライブ後、恵比寿神社に詣デル→エレカシさんにはある程度の商業的成功をしていただきたい、でも宮本さんには自分のやりたいことを貫いていただきたい。いらんおせっかいでしょうが。
宮本さんはもう、曲を一定のテンポで歌うのでは満足できない体質になってしまったのでしょうか。冨永さんがぴったりつけていて、見事でした。生命賛歌あたりから鳥肌実。凡人がこんなにかっこいい曲だったのか。ファン歴は長くはないのですが、古いアルバムの方が聴いている度数が多い分、うれしくなります。
 LIQUIDROOM ebisu
 すまねえ魂となっていたので、新曲をもっとやるのかと身構えていたけれど、風に吹かれてですっかりリラックスモードになった。それにしても、孤独な旅人のあの展開、ちょっと心配(?)なギター伴奏で一曲歌い切るのかな、と思っていたら、エンディングでドラッグレースのように暴発してしまった。こういう瞬間があるから、油断がならない。羊の皮を被った狼ならぬ、ローテク無頓着を装ったハイレベルハイテンション・・・・って、ご本人はそんなつもりはないのでしょうけど。
あー、本当にいい一日だった。
 日比谷野外大音楽堂
 今年は月の夜を聴けないのかと思っていたら、最後の方でやってくれた。ぶっ倒れそうな位、よかった。風は、ライブでやらないのだろうか、野音なので、ひそかに期待していたのですが。
 ZEPP TOKYO
 ゴクロウサン、昔の侍、武蔵野がよかった・・・単純なファンなので。いいお正月になりました。
 日比谷野外大音楽堂
 地元のダンナで、冨永さんのスティックの破片が砕け散るのが見えた。きれいな十六夜の月の下で寒き夜、晩秋の一夜が聴けてよかった。シャツの釦が「?」と思ったのは、私だけでしょうか?
 日比谷野外大音楽堂
 あまりライブに行けなくなったが、野音だけは死守したい。メンバー全員元気そうでよかった。ベースソロがよかったので、オリジナルのアレンジにとらわれず、これからもメンバーのソロを聴かせていただきたいです。
 日比谷野外大音楽堂
 チケットは確保したものの、間際にいろいろあったので、野音に行けて夢のようでした。元気をいただきました。大満足です。
 日本武道館
 靖国神社では緑色の桜が咲いていた。でも、武道館裏の彌生廟は相変わらずひっそりしていた。武道館に音楽で入るのははじめてです。席は顔がはっきり見える近距離でしたが、実物の顔が強いライトで白っぽくなってしまうのに対して、モニター画面の方が光の反射などを修正されて細かい表情までよく確認できました。ああいう大きな空間だと残響がまとめてドカンと響くんですね。あれだけたくさんのカメラが入っていたのだから期待してしまうが、やはりDVDでちゃんとしたバランスの演奏を聞きなおしたいです。ずっと聴きたかった風が聴けました。
 日比谷野外大音楽堂
 雨が冷たかったみたいですが、逆に雨のためテンションが上がっていたみたいで、寒さは感じませんでした。「シグナル」聴きたかったので、本望でした。後半、ギターを換えた時、ストラップが短かったみたいで、首にかけようとして「(ギターも位置が)高すぎる!」と困っておられました。ローディーさん、ストラップの長さにも、気をつけて差し上げて下さい。
 日比谷野外大音楽堂
 初めての二日連続。当たり前ですが、やっぱりいい声だ~。野音らしい渋い曲もたくさん聴けました。凡人だったかな、曲の途中で伴奏が切れた時、右上から残響がきこえたので、見てみたら真横の霞が関の30階建て位のビルに音が反響して聞こえていたみたい。(席は会場のほぼ真ん中でした)帰り際に、公園の案内板で調べたら、厚生労働省のビルのようでした。・・・ってことは、「心も身体も売り渡せ 金があればいい」「ニタリ ニタリの策士ども」「えー発表します 全員死刑です」の叫びが、厚労省のビルに届いて、はねかえってきこえたってことですか。・・・ひとり、心の中でニタリとしてしまいました。(思いついた歌詞を書き出しただけで意味はありません。長妻さん、がんばってください。)
 渋谷C.C. Lemonホール
 比較的最近の曲ばかりだったので、最後に桜の花~を聴いて、「今回はこのモードなのか」と一応、納得していたのですが、アンコール2で待つ男のイントロが始まったので、びっくりして血圧と心拍数が二倍になった。ような気がしました。「お年玉もらいました。今年44だ。」発言がツボにはまった。実は、私も・・・もらった。
 日比谷野外大音楽堂
 左スピーカーの間近。胸に手を当てると自分が振動していた。丸一日経った今でも耳鳴りがしている。でも、入場できたのだからよかった。そういえば、「外にいるみんな、聞こえますかー!」と先生が叫んでいましたが、それを聞いて、今後チケットが買えなかったら外聞きしようと決意しました。スピーカーに近すぎて、全体の音(特に大音量のナンバー)がよくわかりませんでしたが、「月夜の散歩」「月の夜」の前にはMCを入れて息を整えてから歌ってくれたので、こういうアンプラグドのバラードはよかった・・・。
「うつらうつら」の時には、もう白シャツが汗で身体にはりついて、大変そうだな~と思っていたら、だいぶ経ってからスタッフが着替えを持ってきてた。センターのカメラを意識してか、石森・高緑両氏を力ずくで前に引っ張っていく。本当に仲良くなきゃあんな引っ張り方できないだろうな・・・。
 ZEPP TOKYO
 「悪魔メフィスト」のあの声を聴きたかった・・・けれど、充分充実していた内容だったから、ま、いいか。今後、聴ける時が来るのをを楽しみにしています。
 日本武道館
 九段下に着き、まず武道館の守り神・平将門公が祀られている築土神社へ初詣、正月限定の「勝守」をサズかり、つくづくしみじみ「限定」という言葉に弱いな~と思う。
体調不良だったので、時々座りながらきいていた。椅子がある会場で助かった。やっぱりシグナルがうれしかったなあ。それにしても3時間も歌った最後に、待つ男であんな声が出るなんて・・・「みんな、体力あるな~」みたいな事おっしゃっていましたが、そのお言葉、のし付けて先生にお返しします。
 日比谷野外大音楽堂
 一番後ろで聞きました。音のバランスよく聞けました。来られてよかった。セミやコオロギの声、時々吹き抜ける風に加えて、ずっと蚊取り線香の匂いがしていたのが野音らしかった。(PAさんが使っていたのかな?)
 日比谷野外大音楽堂
 一年ぶりにとれたチケットでした。

弾き語りのせいか、いつもより歌詞が染みました。

期待して待っていて、いいんですね・・・?
 さいたまスーパーアリーナ
 風邪が治りきらないまま、四時間もつか不安を抱えて参加。スタンド席で助かった。
先生は47歳と何度も自分の年齢を確認されていましたが、四時間の最後にあの待つ男を歌いきってしまう恐ろしい47歳です。ストーンズのように、更に20年後でも活動して頂けると嬉しい・・・けど、自分はそれまで元気で生きていられるか?
さあ頑張ろうぜ~~と言われたので、頑張らないとね。
 日比谷野外大音楽堂
 思うことはたくさんあるけど・・・

結局、かっこいいの一言で十分です。
 日本武道館
 ひとときの別世界。
次はいつになるか。
 日比谷野外大音楽堂
 満月の野音、虫の鳴き声が心地よい。多少の雑音もさほど気にならない。風も心地よい。空の雲が早く動いている。
そんな最高のロケーションで最高に気持ちいいライブでした。
C席だけどほぼ中央だったので、場所もよかった。
来年もますます楽しみです。
 新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA
 せっかくなので有楽町近辺で初詣しようと思ったが、そそられる神社がないので大手町の首塚に詣でると神田明神の幕がかかっていた。
夕暮れのビル街をゆっくり歩いて気持ちを整えつつ国際フォーラム入り。
やっぱり偶成はうれしかった~。
 日比谷野外大音楽堂
 あいにく月は出ていなかったけれど、虫の鳴き声の中の涙、野音らしくてよかったです。
来年もここに来られるといいな。
 日本武道館
 開場前に築土神社に初詣に行ったら、エレカシファンの方の絵馬が掛けられていました。
正面二階の上の方の席。最初から最後まで座ったままは初めての体験。楽だけれど、ちょっとぎこちない・・。でも、来られただけで満足。
 日比谷野外大音楽堂
 台風の覚悟をしていたけれど、晴れて暑かった。
NHKホールが外れてがっかりだけれど、この選曲ならやっぱり野音に来られてよかった・としみじみ思いました。
 さいたまスーパーアリーナ
 ここに来られただけで感謝。また来られるように、体力を備えなければ・・・。
  .

一番上へ