あやめちゃんを救う会

エレファントカシマシDB 管理人の日記 201709

30th ANNIVERSARY TOUR 2017

一番下へ

『敗北と死に至る道が生活』その4268
 GMailで心当たりの「ある」メルマガにもバンバン迷惑メール報告をしている管理人です。こうする人が多いせいか、大手企業のメルマガも一発で迷惑フォルダに入ってしまう時代。今時迷惑メールを送る人って何なんでしょうか。きっと自動送信設定したまま死んじゃったんだろうな。

 となると、あなたがこれを見ている瞬間には管理人は死んでるかもってことだ。レンタルサーバー代の引き落としができなくなったらようやく削除されるのだろう。ネットは既にデジタル遺品で溢れかえっているのかもしれない。

ランダム日記


『敗北と死に至る道が生活』その4269
 コンパクトシティがうまくいってない。私が心配するようなもんじゃないが、日本一の限界集落と言われている群馬県南牧村は私の父の故郷だ。若者の仕事が役場くらいしか無いので出て行かざるを得ない。本当に20年後の日本が心配だ。

 年寄りは変化を恐れる。にしても恐れすぎだ。母にCDを教えたら、カセットテープの方が使いやすいとぬかす。そんなわけが無いのだ。要するに新しいことを覚えるくらいなら以前から知ってる方法でやる。きみまろの音源にカセットテープがあるのもこうした理由からだ。

 かくいう私もIEのお気に入りが左に表示されていたのをEdgeで右側にされたので、設定で左に出来ないか調べたことがある。年寄りの仲間入りだ。最初にあてがわれた物が正しいとは限らない。温泉宿のスリッパだって、大浴場で自分のスリッパを他人が履いていったと憤慨する人がいるが、そもそも最初にあてがわれたスリッパが清潔だったとでも思っているのだろうか。あんなものは全部不潔である。

 水槽にガラスで隔てて小魚と捕食魚を入れると、小魚は死ぬそうだ。襲われる可能性などないのに襲われる可能性ばかりを考えて。ネガティブ思考というのはストレスだ。そうは言ってもこういう性格なんだから仕方がない。レットイットビー。ビートルズが一回出した結論。


『敗北と死に至る道が生活』その4270
仕事上気をつけていること。

同じものを作らない
説明不要なものは説明しない
余計なことをしない(または隠す)
出来るからと言ってやらない


『敗北と死に至る道が生活』その4271
野音のチケットが届いた。良席のためセットリストのリアルタイム更新はできません。以上よろしくお願いします。


『敗北と死に至る道が生活』その4272

Set IE = CreateObject ("InternetExplorer.Application")
With IE
.Visible = True
.Navigate "http://www.aaa.com/login.php"
Do While .Busy = True Or . readyState <> 4
Loop
With .document
Set UID = .getElementByID ("ID")
Set PWD = .getElmetByID ("Pwd")
End With
End With
UID.Value="userid"
PWD.Value="password"
IE.document.forms (0).Submit

----
このコードを aa.vbs などで保存して適切な値に書き換えるとログインの自動化が出来るかもしれません。


『敗北と死に至る道が生活』その4273
 プログラミングをしていると似た内容の行を数行繰り返す。といった処理を書く場合がある。

htmlのTABLEのTRとか。
1行をコピーして張り付けるのに一番効率的な方法だと勝手に思っている方法を紹介する。

Windowsの話ではあるが。

1·コピー元1行全体をコピーする.
 1-1,行頭にカーソルを置き、Shift+下矢印。これで改行も含めて選択される。
 1-2, Ctrl+C,これで改行も含めてコピーされる.
2.貼り付ける
 2-1.1-2のCtrlキーは押したままVを押す.見た目は何も変わらない.
 2-2.2-1のCtrlキーは押したままVを押す. 1行同じものが複製される.
 2-3. 2-2のCtrlキーは押したままVを貼り付けたい分押す
以上

キモは2-1、自分の複製を自分自身に貼り付けるので見た目は何も変わらない。
この一見無駄な動作をすることにより貼り付ける位置にカーソル移動する必要がない。
Ctrlキー押しっぱなしもキモ。テキストエディタ(メモ帳含む)の話だけど。
プロはこうしてマウスに一度も触れずに仕事をしている。


『敗北と死に至る道が生活』その4274

ロッキンオンから出る単行本をAmazonで探してるのだが、まだない?
さまよってたら「今宵の月のように」のスコア譜が出ているベースマガジンを見つけてしまった。


『敗北と死に至る道が生活』その4275
 Amazonに出てると、教えていただきました。


『敗北と死に至る道が生活』その4276
 野音。台風が心配だが、午後は大丈夫そうな予報。


『敗北と死に至る道が生活』その4277
 野音帰りの電車の中です。天気は完璧。前座エレファントカシマシ。凄まじかった。宝石箱ひっくり返したようなセットリスト。前から二列目ということもあり、圧倒されました。

セットリスト更新しました。間違ってたら恥ずかしいので教えてください。


『敗北と死に至る道が生活』その4278
 三連休は毎日野音でライブがあったらしいが、土日は雨で月曜日だけ晴れたそうです。天気まで応援している。歩き続けることの大切さを生き様として見せつけられた。そんな気がする。


『敗北と死に至る道が生活』その4279



『敗北と死に至る道が生活』その4280
前にも書いただろうが「涙の数だけ」はAmazon Musicにある。prime会員なら無料でダウンロード可能。



家計簿を付け始めたのは何年前だろうか。もちろん独身時代から、今でも家計簿は私自身がつけている。別に節約しようとかそんなんじゃなく、資産の把握のためだ。出入りだけつけて、たまにズレても全く気にしない。マイナスなら「使途不明」プラスなら「小銭発見」という項目に記入するだけ。妻に渡す分は「妻銀行」という架空の銀行扱い。プリペイドカードも架空の銀行扱いにするか、入金時に出金扱いにして残高は無い物とするとか工夫次第。

家計簿なんて面倒だという人は恐らくきちんと合ってないといけないとか、スーパーの明細単位に入力しようとしているからだろう。うちではスーパーの合計金額を「加工食品」として1行しかつけない。食品じゃなくても食品でいい。きちんとしようとして長続きしないんだったら、多少緩くても長続きしたほうがいい。グラフで見ると総資産が減りもしなけりゃ増えもしない。これはぎりぎりの生活ということだろうか。


『敗北と死に至る道が生活』その4281
今日は有給で母の通院に付き添い。有給休暇はほぼ介護で消化される。

ios11にしたら、また単語登録が消えた。もう辞書は使わない。

スーパーの惣菜売り場でO157。トングが問題視されているが、それ以前にあそこで誰かがくしゃみしたら。。パン屋も同様。ビュッフェもやばい気がする。そんなこと言ってたら何も買えないか。


『敗北と死に至る道が生活』その4282
「行 」というのは縦方向に並んでいる が、1行選択した状態は横方向に選択されている。

「列」というのは横方向に並んでいるが、1列選択した状態は縦方向に選択されている。

右スクロール」というのは定義がよくわからないが恐らく画面からはみ出した右側を見ることだろうか。

この動作をするとと画面自体は左側に移動することにより右側が見える。これは「左スクロール」じゃないだろうか。

iPhoneでも「左フリック」すると右側が出てくる。

人に何かを説明すると真逆に理解されることがあるから気をつけたまえ。


『敗北と死に至る道が生活』その4283

 性が不一致だから結婚するのに性格の不一致で別れる。


VBAコードを整理するときの思考プロセス


が面白い。14番目のコードにたどり着くまでに悪い夢でも見ていたようだ。と、最初のコードと見た目がさほど変わらない。実際は全然違うコードだが。思考の過程を垣間見ることが出来るのは、これを客観的に文章化出来るからだ。見習いたい。

エクセルに計算式をコードから埋めても文字になるとき、.value = .value というのをwith レンジで囲む。知らない人が見てもあまり理解出来ないコードだがいちいちコメントしない。vbaはおもちゃだから、騙し騙し使うことだ。


『敗北と死に至る道が生活』その4284
 理屈を問い詰める虚しさは使い果たした
世の中は自己主張にあふれている
とはいえ人生はまだ続いている

いつまでも井の中だ
もしかしたら井戸を広げる作業に夢中かもしれない。


過去
2017-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2016-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2002-04|05|06|07|08|09|10|11|12|

一番上へ