エレファントカシマシDB 管理人の日記 201510

30th ANNIVERSARY TOUR 2017

一番下へ

『敗北と死に至る道が生活』その3837
 エレカシ好きならこの話は理解出来るに違いない。めんどくせぇんだ。

 町で知り合いを見かけても声をかけないタイプだ。目が合ってしまったら仕方がないが向うがこちらの存在に気が付かなければそっとそのままにして、いや、むしろ気が付かれないようにする。何もしていないのに警察官を見ると逃げてしまう例の症状だ。私だけか。

 挨拶を交わしたところでどうなる。「やあ」「やあ」「・・・」「じゃあ」。。。だったら何もない方がお互い楽ではないか。例え場所がニューヨークだとしても。

ランダム日記


『敗北と死に至る道が生活』その3838
 ツアー&新春ライブについてオフィシャルで先行予約をやっています。

トップページに HMV のリンクを貼りました。よろしければどうぞ。


『敗北と死に至る道が生活』その3839
 Mr.Childrenが、11月に2マンツアー。11/16 Zepp Namba エレカシだそうです。


『敗北と死に至る道が生活』その3840
 Amazon が電話番号でのユーザー登録を開始したという記事を見た。

 もうメールアドレスでのユーザー登録には限界があるんだそうで。若い人はメールアドレスなど持っていない。(なくはないだろうが、普段使ってないのでメールチェックなどしない)

 記事ではさらに、電話番号さえも持ってない人が今後増えるだろうと予測している。そうすると何を根拠にユーザー登録すればいいのだろう。マイナンバーってやつか?余計に危ない気がする。まぁ政府がコントロールするものに安全性などないのが世の常だ。

 町中にWi-fi環境があれば LINE だけでこと足りるので、Amazon も LINE 連携を模索しているっぽい。

 若い人に黒電話を見せてやりたい気分だ。そしておもむろにこう言うのだ「黒いだろ」と。


『敗北と死に至る道が生活』その3841
 仕事が忙しくてなかなか更新が追い付かない。もしかしてファンプロフィール登録希望の返事がない方がいたら催促メールを下さい。全てこなしているつもりでいます。野音が終わってからファンプロフィール登録希望者が増えている。このところのメディアプロモーションが効いているのか?いずれにせよ大歓迎だ。「ライブ盤以外は全て揃えました」などお便りを頂く。私が2000年に行った行為だ。ガストロンジャーの衝撃で新宿HMVのエレカシの棚を全部買い占めたのだ。行けるライブはなるべく行った。なつかしい。戻りたい。戻れない。身体の全部使い尽くして死に向かって行くしかない。それが定めだ。金を集める作業時間が5割。金を集める作業のためのリフレッシュ時間が5割。違うか。


『敗北と死に至る道が生活』その3842
 あとから来たくせに「え、何の話?」と混ざってくる人が苦手だ。キサマのためにもう一度頭から話さなきゃならないのか?で、あまり興味のない話だったらどうするんだ。だまっていて欲しい。

 高校生の頃、無口だったので本当に困った。おまけに無知だったのだ。映画や音楽の話。一体みんなどこでそんな知識を仕入れてくるのだろう。当時はインターネットもスマホもなかった。せいぜい本屋で MUSIC LIFE を立ち読みするくらいが細い情報源だった。おまけに健忘症だ。なので話すことが何もない。本当につらかった。おまけに「根暗」とかいう言葉がはやっていたころだ。とんねるずのせいで元気な奴がもてはやされた時代だ。中身はなにもないくせに。


『敗北と死に至る道が生活』その3843
 NHK BS プレミアム「The Covers」
にエレカシが出ます!

【NEW!!】エレファントカシマシ の出演が決定いたしました!
〔放送日〕11月16日(月)23:15~
・スローバラード(RCサクセション/1976年)
・翳りゆく部屋(荒井由実/1976年)
・RAINBOW(エレファントカシマシ/2015年)

 もうすぐ引っ越す。今の部屋はBSが無料で映る。引っ越し先は地上波しか映らないと聞いた。そんな来月エレカシがCoversに出演。。。。見られない。うう。。

 東京の住みたい町ランキングって都民全員疑問に思っているが、誰にアンケートを取ったんだろうか。恵比寿、吉祥寺などに住みたい人が本当にいるんだろうか。現在、恵比寿、吉祥寺に住んでいる人は本当にいるんだろうか。はなはだ疑問だ。休日の井の頭公園の混雑っぷりったらない。全然癒されない。恵比寿は商店街もないし、ガーデンプレイスなんか遠すぎて、駅から長い動く歩道があるくらいだ。本当に便利なのは中野や武蔵小山だろう。


『敗北と死に至る道が生活』その3844
 BSが見られないと愚痴っぽい日記など、皆さん方にはどうでもいいことで恐縮でした。が、「録画して送ってやってもいいぞ」という申し出を複数頂き、まことにありがたい話です。生きててすみません。

 嫁は北九州市出身なのだが、都内の「えのき」の1パックが大きすぎると困っている。都内の人はそれしか知らないからあまり疑問に思わないのかもしれない。確かに一回で使い切れる量ではないし、一回で喰い切れる量ではない。だのに余ってもなんだと、一回で食べてしまう。おそらく、きのこ業界の談合でかさ増しして単価を上げているのだろう。私のお腹がぽっこりしてきたのもきのこ業界の談合のせいか、またはビールのせいだ。恐らくビールのせいだ。いやビールのせいではない。ビールを飲んだことにより気が緩んで食べすぎるせいだ。大人になって肥えたのは舌だけではない。

 人工的に栽培しているのだからいくらでも調整出来る。栽培ビンの口径を小さくすればいい。P-38並に口径を小さくすればいい。手間だけかかって儲からないとでも言うなら九州を見習え。都内のスーパーでパックを見ると200g と書かれている。九州では100g単位に買えたという。必要なら2パック買えばいいだけの話だ。

 「離合」という言葉も通じないと言っていた。離合(りごう)。東日本ではほぼ通じない。通じたとしたら西日本出身者だ。狭い道路を車がすれちがうことを「離合」というらしい。私も言われるまで知らなかったし、言われた今でもピンとこない。「すれちがう」を正式に言ったような感じの漢字だが、そうでもないっぽい。ましてや方言という感じでもない。大阪より西ではほぼ通じるらしいが本当だろうか。

 あと、さつま揚げのことを「天ぷら」という。では所謂天ぷらはなんと言うかと問えば、天ぷらも「天ぷら」だって。かぁちゃんが「今日は天ぷらだよ」と言っても喜んでいいのか悲しんでいいのか分からないではないか。で、肝心の鹿児島ではさつま揚げとは言わないらしい。フランス人がフランスパンと言わないように、アメリカ人がアメリカンコーヒーと言わないように、ナポリ人がナポリタンと言わないように。か?


『敗北と死に至る道が生活』その3845
 何故か Cocco がエレファントのラインスタンプを発売。ってかCoccoは何をしたいんだろう。

 茨城県常総市の水害も記憶に新しい。あの辺は”水海道”という名前からも分かるように鬼怒川の氾濫が頻発していた地域だ。と勝手に思っている。違ったらごめんなさい。鬼怒川という名前も考えてみれば恐ろしい。鬼、蛇、荒、は自然災害の多い地名につく。でなきゃそんな名前にしないだろう。一昨年の広島の豪雨災害地域も新たに開発して名前を変えてしまった地区らしい。

 東京の赤羽以南が安定したのは荒川放水路という巨大プロジェクトのおかげだ。ぶっとい直線の人工の川を掘った。と、赤羽散歩したときの荒川知水資料館で学んだ。赤門、青門の近くには草刈り選手権の碑なんてのもある。内陸の平地にも関わらず軒下には小舟が吊下がっていた地域らしい。と、赤羽自然観察公園で学んだ。

 江戸川区荒川区墨田区にこんなに人が住んでいるのも荒川放水路のおかげだ。荒川放水路の工事を指揮した青山士(あきら)さんは日本人でパナマ運河を渡った一人目だとか。河川好きにもほどがある。で、パナマ運河って左が太平洋、右が大西洋だと思っていたが、どっちかっつうと右が太平洋だった。


『敗北と死に至る道が生活』その3846
 引っ越しのレイアウトを決めるのに部屋のサイズを測って、家具のサイズを測って、それを1/10のスケールで方眼紙に再現して配置を決めている。ベッドがドアをギリギリ邪魔しているので横にしてみたり、ど真ん中に置いてみたりしている。ベッドを縦と横に90度すらすというありえない配置が有力だ。嫁も面白がって動かすので二人で将棋をやっているかのようだ。いいおじさんとおばさんが何をしているのだ。人にはみせられない姿だ。


『敗北と死に至る道が生活』その3847
 私が中学生だったころ、QUEEN が [Crazy Little Thing Called Love]を出したとき、「げっクイーンがこんな曲出した」と大喜びした感覚に近い。エレカシのTEKUMAKUMAYAKONを聴いて。


 大きさの違うものを運ぶという難しさ。私は引っ越し業者でもなんでもないが、いや、なんでもないってことはないが、なんでもないに近いか。そんなことはどうでもいいが、引っ越し業者はなるべく段ボールに入れて欲しいと言う。大きさが統一された物体を運ぶのは楽だからだ。インターネットもこれで成り立っている。文字、画像、写真、動画。ファイル種別もそれぞれ。こんな雑多なものをユーザーが要求するたびに、サーバーからパソコンまでネット回線を使って送受信しているのだ。考えただけでもすごいだろう。ところがあなたはその凄さにちっとも感謝せずに「くだらねぇ記事だなぁ」と鼻くそでもほじりながら、なんならケツでも掻きながら見るのだろう。

 私が引っ越し業者に見積りを出すと、たいがい段ボール30箱と言われる。むこうはプロだから、おおよその平均値を持っているのだろう。インターネットは「パケット」という単位で送られている。引っ越しの段ボールが1パケットだ。文字、画像、写真、動画、全てパケット単位に切り刻まれて送られる。切り刻まれたものをブラウザは組み立てなおして表示している。パケットに満たない情報も1パケットだ。要するにスカスカの段ボールも満タンの段ボールも同じ1パケットだ。パケットにはヘッダと呼ばれる自分自身の情報を持っている。段ボールに張り付けるラベルのことだ。「私はAという画像の3番目です」とか。でも虫眼鏡でよくよく見ると1と0しかない。1と0で泣いたり笑ったりしている。それがデジタル。


『敗北と死に至る道が生活』その3848
 今晩わ。お久しぶりです。やっと引っ越しが終わった。とは言え段ボールの山だ。我が家は収集癖はないが、なんだか前回引っ越したまま未開封でもよかったんじゃないかという箱もある。ということは要らないということではないかと思う。んー。若いころよりだいぶ物への執着心はなくなった。自分の終着点が近くなったからだと思う。人生とは余計なものをしょい込んでから捨ててゆく作業なのかもしれない。最後に残ったものは何だ。私の音楽人生においてヘビメタやクラッシック、スカ、パンク、ミクスチャーを経由し、残ったのはエレファントカシマシだ。素敵な人生だったと思う。って死ぬのか。俺は。


『敗北と死に至る道が生活』その3849
 テレビとビデオだけを接続するのになんでこんなに配線が多いのだろう。昔は電源とアンテナ線だけでよかった。今はテレビもビデオもLAN回線を接続できるし、「ビデオを見るときは2ちゃんねる」などという行為もないので、別途HDMIケーブルが必要になる。まぁRCAじゃないだけマシなんだが。RCAとは赤白黄色のケーブルだ。そんなこんなでこんがらがって、ゆくゆくはほこりまみれになる。全部無線にならないものだろうか。効率は悪いが電気も無線で飛ばせるらしい。

 「ビデオを見るときは2ちゃんねる」って、もしかして知らない?昭和の時代のテレビという物は進化の仕方が優しかった。既存ユーザーを切り捨てることなく進化してきた。初期のテレビは白黒でモノラルだった。そこからカラーにするのだが、白黒ユーザーにはカラー放送も白黒に映るように工夫されて信号を送った。既に家庭に入った受像機を修正するわけにはいかないからだ。更にはステレオや二か国語が追加されるが、モノラルユーザーはステレオが混ざって聞こえるように、二か国語は主音声しか聞こえないように工夫されて信号を送った。既に家庭に入った受像機を修正するわけにはいかないからだ。そしてビデオというものが発売されるが、さぁ困った。テレビはそういう接続形態を前提に作られていなかったのだ。技術者は考える。ビデオ出力をテレビ信号に変えてNHKに挟まれて余っている「2チャンネル」に信号を送ればいいと。入力はアンテナしかなかったのだ。何度も言うが既に家庭に入った受像機を修正するわけにはいかないからだ。

 なので昭和に生まれた人は「ビデオを見るときは2ちゃんねる」で見ていた。現代は既存のテレビを引き継ぐことなく地デジ対応するからテレビを買い替えろと冷たい。世知辛き浮世。


過去
2017-01|02|03|04|
2016-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2002-04|05|06|07|08|09|10|11|12|

一番上へ