あやめちゃんを救う会

エレファントカシマシDB 管理人の日記 201305

30th ANNIVERSARY TOUR 2017

一番下へ

『敗北と死に至る道が生活』その3164

韓国経由、ロンドン、パリから帰国
アビーロードを渡ってきた。


「男」と開かれた韓国で見つけたお茶。

URLが EKDP だった。。。

ランダム日記


『敗北と死に至る道が生活』その3165
 こちら品川区。PAO会報が届きました。


イギリスの田舎に行って茅葺きの家を見てきた。


ビッグベン。ロンドンアイにも乗った。


バッキンガム宮殿。


大英博物館。


「浮世とは?」って真面目に考えたことはなかったが、大英博物館で学んだ。

What is the foating world?

Living only for the moment, turning our attention to the pleasures of the moon, the snow,the cherry blossoms and the maples, singing songs, drinking wine, and diverting ourselves in just floating, floating, caring not a whit for the poverty staring us in the face, refusing to be disheartened, like a gourd floating along with the river current: this is what we call the floating world.

> excite 翻訳によれば

単にさしあたり生きていること、月の楽しみへの私たちの注意を回すこと、雪、桜の花およびモミジ、歌う歌、飲用に適したワイン、また楽しむこと、の中で、ちょうど、浮かぶこと、浮かぶこと、注意、ない、欠乏用の微少、凝視、私たち、顔の中で、落胆することの拒絶、ヒョウタンのように、川流れと共に浮かぶこと
これはいわゆる浮かぶ世界です。

らしい。


[London's calling] と書かれた vodafone 広告入りのタクシー。clash ファンにはたまらない。


デパート、ハロッズの内部。やりすぎ感ぷんぷん。


ハイドパーク。どう切り取っても絵になる。


シャーロック・ホームズのベイカーストリート駅。No Smokingって。。。


『敗北と死に至る道が生活』その3166
~風フォントってのを見つけたので使ってみた。


BEATLES風フォント


SEX PISTOLS風フォント


jamiroquai風フォント


AC/DC風フォント


『敗北と死に至る道が生活』その3167
だからって何シリーズ第二弾。

~風フォントってのを見つけたので使ってみた。


nirvana風フォント


LED ZEPPELIN風フォント1


LED ZEPPELIN風フォント2


LED ZEPPELIN風フォント3


IRON MAIDEN風フォント


PAO67 にあったデビュー当時のインタビューにて渋谷さんに趣味悪いと言われていた [KILL THE KING] 。当時高校生だった私も含めてギターキッズは全員通った道。「キルキンのイントロ弾けた?」が挨拶だった。アルペジオのオルタネイトだから伸ばさずに1音ずつキレていないとダメだった。リッッチーに憧れて白いストラトを買ったんだっけ。

ここを通らないとツッペリンには辿り着かなかったと思う。[KILL THE KING]。凄まじい傑作だと思う。


『敗北と死に至る道が生活』その3168



[live BEST BOUT] はデジパックと通常の2種類出ているので気をつけてください


『敗北と死に至る道が生活』その3169
 尾崎豊の歌詞に影響されて校舎の窓ガラス壊して回ったなどと聞くと思わず、「真面目か!」と突っ込みたくもなる。

 沖縄を抜いて長野が長寿の都道府県らしいが、海がないというのも理由の一つらしい。水銀摂取量が少ないそうだ。現時点で発表されている平均寿命は現在死ぬ人の平均であって、私たちの平均値ではないので気にしなくていいと思う。


『敗北と死に至る道が生活』その3170



国立科学博物館に行ってきた。江戸時代の女性のミイラというのが展示されていたが、ほんの数世代前だと考えると、公にさらけだされて可哀想だと思いながら見てきた。


『敗北と死に至る道が生活』その3171


世界で唯一現役で飛べるゼロ戦。を見てきた。


来日したゼロ戦に桜を見せる。


航空公園はバラが咲き乱れていた。


『敗北と死に至る道が生活』その3172
 2002年に買った冷蔵庫の冷凍ファンがやかましくなった。10年前と電気消費効率が格段に違うとも聞くし、こりゃ買い換えだなと思いつつも、元家電屋としては一度分解してみようと冷凍庫の中側のパネルを外して羽根をぐーっと押し込んだら見事に騒音が消えた。恐らく10年かけて羽根が部品に当たる位置までズレるようにワザと設計していると見た。軸にストッパーをつけてズレないようにしておけばいいだけの話だが、それだと買い替え機会をメーカー側がなくしてしまうので故意にそうなっている。と、勝手に想像する。
 
 ちなみに冷蔵庫は大型(というか高価)のほうが電気代がかからない


『カップ麺だったら汁まで飲んでもいいでしょう』その3173
 等々力渓谷まで歩いてみた。地形学的には面白い場所だが特に行く必要もない。二足歩行は七百万年前。途方も無い時間だ。西暦2013年、皇紀で2673年。人類が物心ついてからわずかでしかない。


『敗北と死に至る道が生活』その3174
 大人になってからは知っている四季が繰り返し、いつのまにか歳をとった。ふと、父親が今の私の年齢の頃のことを考えていた。当時の私は中学3年。父のバイクににけつしてもらって、イトーヨーカドー鎌ヶ谷店に入っている新星堂というレコード屋でストーンズの「スティッキー・フィンガーズ」を買ってもらったことを鮮明に覚えている。

 米音楽サイトStereogumがローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)の歴代アルバムをランク付け。
 
 いまでは傘は腐るほどあり、答えはネットの中にある。それがいいのかどうか分からない。



『敗北と死に至る道が生活』その3175
 ドアーズと言えば独特のキーボードが印象的。なんだか青春時代を彩ってくれた人々が徐々に亡くなっていく。年令を重ねるので当たり前な話だ。だから70,80になるとかなり淋しい気分になるんだろうか。親も亡くなり、ダンナも亡くなり、知っている芸能人も減り。そう考えると母親にもっとやさしくなりたい。





私がDoorsで一番好きなのがこれ。せつなくなる。


『敗北と死に至る道が生活』その3176
 まだ仕事を再開していないため、なるべく散歩をしている。今日は深川へ行った。深川丼ってのを初めてたべた。わざわざ食べるようなものでもないか。富岡八幡宮もすごかったが、深川不動尊もすごかった。おみくじをひいたら大吉だったので嬉しくなった。旅行は南がいいと出た。昨夜プサンに行くことを決めていたのでちょうどいい。

 帰りに豊洲のららぽーとの紀伊国屋でオードリー若林の本を買おうとしたら売り切れだって言われた。電車内で Amazonで買った。



全部5つ星の評価ってすごいな。


『敗北と死に至る道が生活』その3177
 グレートジャーニーを見てきた。叡智の引き継ぎ作業は凄い。エスキモーが作ったアザラシの革で作ったブイとか。砂漠の民が作ったラクダの革を縫い合わせた作った水筒など。そんなもの少しづつ漏れるんじゃないかと思ったが、少しづつ漏れて蒸発することにより気化熱で水が冷たいんだそうだ。プラスティックボトルに入れた水は熱くて飲めたもんじゃないとか。自然のものをとことん利用して生き延びてきた。我々は工業製品に頼りすぎだと思った。江戸時代末期以前だからほんの数世代前までは自然のものをとことん利用していた。


複座に改造された二十一型。やっぱり米国プレーンズ・オブ・フェイム航空博物館所有の方が生々しい。


日本の量産型自動車第一号「オートモ号」。格好よすぎる。

全方位型映像のTHEATER36○ってのがすごかった。球体の中に入って360度全てが映像という映像館。映像酔いした。


『敗北と死に至る道が生活』その3178
 数日後、甥っ子の結婚式が横浜である。お袋と合流するため、無駄に歩かせる訳には行かないので、下見に行ってきた。JR南武線の武蔵小杉駅とJR横須賀線の武蔵小杉駅まで6~7分歩かされるのも誤算。で、桜木町から案の定反対方向へ行ってから戻ったり。下見に行っておいてよかった。ランドマークのムーミンカフェで一休み。じぇじぇ。中華街の下手なタピオカドリンクより全然うまい。


ついでに山下公園を散歩。深紅のバラと氷川丸。中華街で食べ歩いて帰ってきた。平日の昼間っからブラブラするも、修学旅行だかなんだかで、高校生がやたら多い。女子高生は無駄に声が大きい。


『敗北と死に至る道が生活』その3179
 シェルパの人の方が何度もエベレスト登頂に成功していると思う。登山家の影で犠牲になるシェルパは報われない。


『敗北と死に至る道が生活』その3180
 甥っ子の結婚式に行ってきた。なぜだかずーっと「矢口真里も2年前はこんな儀式を行ったんだな」と考えていた。


『敗北と死に至る道が生活』その3181
 北九州の「いのちのたび博物館」に行った。恐竜が滅びずに進化していたら地球はどうなっていただろうか。人類よりマシな未来があったかもしれない。


『敗北と死に至る道が生活』その3182
 韓国・釜山に行ってきた。雨だったので着陸が出来ずに上空を旋回してやっと着いたが日帰りなのですぐに帰ってきた感じだ。



ただ、評判と違って焼肉がうまい。


『敗北と死に至る道が生活』その3183
 門司港から下関の唐戸まで往復してきた。本州と九州はかなり近い。


『敗北と死に至る道が生活』その3184
 寝る姿勢を間違えたのを略して寝違えるというかどうか知らないが、寝違えた。首が回らないので、ずーっと寝ていた。起きるとき頭を手で支えないとつらい。頭が重くなったのか、頭を支える筋肉が衰えた感じだ。人間の頭部は5Kgある。首って凄い。


『敗北と死に至る道が生活』その3185
 最近あまり好きではないが爆笑問題の漫才のDVDを借りて見ていた。ツービート、セントルイスといった東京漫才を継承していてやっぱり面白い。1年に1度は必ず本職のネタをやるという義務を果たしている爆笑問題とさまぁ~ずはプロだと思う。他にもいるだろうけど。


過去
2017-01|02|03|04|05|06|07|08|09|
2016-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2002-04|05|06|07|08|09|10|11|12|

一番上へ