エレファントカシマシDB 管理人の日記 200901

30th ANNIVERSARY TOUR 2017

一番下へ

『敗北と死に至る道が生活』その1890
昼は明治神宮で初詣ついでにジャンクフード。
夜はかに道楽でかに三昧。頼んだ日本酒が出てこず。嫁に「切れていい?」と聞くとダメと。
出てきた茶碗蒸しに毛が入っていた。ここで嫁が切れる。
新しい茶碗蒸しを持ってきたヤツが店長。店長が出てこようが客には一切関係ない。
切れついでに先ほどの日本酒の件もまくしたてる。
元旦早々不愉快な気分。なるべく温和に行きたいのに。
怒らせるのは店の方だ。
帰り際に向こうから謝ってきたので、「それで終わり?」と言うと何故か名刺を差し出す。
「これで終わり?」と言ったらやっと粗品のカニせんべいを持ってきた。
さまぁ~ず大竹も飲食店でトラブるタイプらしく、お友達になれそうだ。

花園神社でおみくじ。大吉。最近大吉ばかり引く。

ランダム日記


『敗北と死に至る道が生活』その1891
つかささんから宮本語録タオルの画像をいただきました。








幕張でも売り切れで見られなかったんですよね。
予想外に売れてしまったのか。
夕方行ったから仕方がない。


『敗北と死に至る道が生活』その1892
そういえば今更ですが、ちゃんと挨拶を書いていなかった。

あけましておめでとう。
昨年はドタバタしましたが、掲示板をつけさせて頂いた(どなたかのリクエストだった..)おかげで、散らばった情報が皆さんのアンテナに受信され、ここに集約されているのを見て我ながらやっててよかったと思いました。
仮想空間ながらギター仲間も増えましたし。

今年も”現状維持!”で頑張ります。
よろしくお願いします。


『敗北と死に至る道が生活』その1893
9連休もすると仕事がしたくなるかと思ったがそうでもない。明日が面倒臭い。たぶんあさっても。いぇい。職があるだけでもありがたいか。。。

正月番組はことごとく見なかった。時間の無駄だ。まぁ無駄に時間を使いたいときは便利だが。
嫁が紅白を見るというのでついでに見ていたが、エレカシが出る日を想定して妄想にふけっていた。出演者とうまくやっていけるだろうか。ミスチルはどうするのだろうと思っていたら別スタジオでメインのスタジオと絡まなかった。そんなことでは和田アキ子に怒られるぞ。
嫁は地デジのボタンで審査員になっちゃったと大はしゃぎ。
どっちが勝ったとか負けたとか誰も気にしていないと思う。
水谷豊が照れくさそうでよかった。相棒とやらは見たことがないが今度見てみようと思う。
ランちゃん好きだったし。。って関係ないか。


『敗北と死に至る道が生活』その1894
頭痛がひどいので書き込み停止中です。


『敗北と死に至る道が生活』その1895
お笑いドリームマッチはさまぁ~ず大竹が際立っていて、久々に不思議な笑いのツボに入った。ウド鈴木と次課長の格好いい方のコンビも笑いすぎた。優勝が松ちゃんとウッチャンのコンビ。。。こんなのちっとも面白くなかったのだが。何様気取りで仕事をしない浜ちゃんよりよっぽどマシだが。

M-1チャンピョンはひっぱりだこの筈だがオードリーの方が露出しているのは何故?そんなことは本当にどーでもいいが、多分風邪ではないと思うが頭が痛くかつ I Can't Stopどうしてなの鼻水が止まらない。会社に出社した日からおかしい。家に帰るとおさまる。原因は出社拒否か。

頭の頭痛が痛い。ハウスダストアレルギーだとかそんな軟弱な体質ではなかった。バイクにテント積んで日本一周するようなタイプだったのに・・・。

幼少の頃は道端に落ちていた仮面ライダースナックを平気で拾って食べるような子供だった。鼻水をセーターの袖で拭くもんだからカッチカチになっていた。そんな野蛮な園児。あの頃は今より寒かったのにほとんどの園児が半ズボンだった気がする。

また今日そうなってしまったのでコンタック600plus を服用。鼻炎の薬だが、plusは風邪でなくアレルギー用らしい。

ほこりアレルギーの対策を見たら原因を除去する方法ばかり。布団で寝たり服を着たりで、原因は不滅なのだからホコリだらけでも大丈夫な体にしたい。こんなことではホームレス生活も出来ない。派遣切りの村に行けばいいのか。やつら本当に働く気があるのだろうか?坂本総務政務官が東大紛争を持ち出しての発言に私はよくぞ言ってくれたと思ったのだが、発言を謝罪した。何故だろう。昼間はハローワークに行っているのだろうか?寝ているだけという情報もある。そういうところを取材をすればいいのに。

”弱者である”と胸を張って人権を主張するような連中だろう。私だったら近郊の農家を尋ねて手伝うことを考える。賃金はいらないし、年齢的に無理と言われないだろう。真面目に働けば野菜をくれるだろう。当面生きてゆける。畑で堂々とテントを張ることも許してもらえるだろう。もっと親しくなれば風呂に入れてくれるかもしれない。そうやって自分に農業が出来るか。今後何をすべきか考えるだろう。土に触れると思考が変わるそうだ。宇宙飛行士の多くが引退後農業を目指すとも聞く。工業の時代は終わって再び農業の時代に入りつつあると思う。

今、世界中で激震している不況はまさにふるいにかけているのかもしれない。この振動に耐えられた企業。ふるいからこぼれ堕ちた企業。この振動に耐えられた人。ふるいからこぼれ堕ちた人。堕ちても這い上がれればより強くなって戻ってこれる。

昨年麻生首相と対談したハローワークの青年は六本木ヒルズで働きたいと言っていた。頭、大丈夫か。

あ、管理人の頭は大丈夫です。物理的には。精神的には壊れているけど。


『敗北と死に至る道が生活』その1896
ストーンズの映画を見てきた。やばい。ゆっくり感想をまとめたいので明日にします。そーとーいいです。もうすぐ公開は終わってしまうのか?大画面で見といたほうがいいかも。そーとーいいです。


『敗北と死に至る道が生活』その1897
寒いのでついうっかりラーメンやらカレーうどんばかり。
ままごとみたいな生活をしている皆様今晩は。そりゃ私だ。

巷では「絆」のフルオンエアが話題になっているが、私はストーンズに浸っている。後続のバンドが次々と解散してゆく中まるで縄文杉のように佇むストーンズは世界遺産に登録しないといけない。

ストーンズ愛に満ち溢れた観客とストーンズ愛に満ち溢れた映像をストーンズ愛に満ち溢れた人々が映画館に足を運ぶという地球に生まれて月を見る。

夕べの月は真上に出ていた。ミック・ジャガーはかれこれ何十年もスポットライトを浴び続けている。それが映画のタイトルである「シャイン・ア・ライト」。ステージを撮影したのでなく、撮影のためのステージに観客を入れた。これだと数十台のカメラも受け入れて見ることが出来る。

映画の冒頭にこんなシーンがある。

照明スタッフ「ライトを当て続けるとミックが燃えてしまいます」
監督「火が出る?」
照明スタッフ「出ます」
監督「ミックを燃やす訳にはいかんだろう」

当たり前だ。ステージのライトというものがいかに熱いか分かる。ミックも途中で「ケツが焼けそうだ」と言っていた。ライトが熱いからステージを駆け回っているのかとも思える。当然ライトは執拗についてくるのだが。ライトの熱は鉄を延ばすのでいちいちチューニングが狂うほどだとか。なのでどのアーティストもほぼ1曲ごとにギターチェンジをする。

あの運動量で踊りながら歌う。年齢を考えたらあり得ない。ミックは長生きするだろう。ロックに健康を持ち込んだのもミックジャガーが最初だろうか。80年代、いいステージをするには体力をつけないといけないとし、水泳やジョギングをしていることを明らかにした。余談ではあるがオジー・オズボーンが思いのほか子煩悩であることもニュースになった。この頃日本でもツービートが痛快な漫才をやっていて、青春ドラマを笑い飛ばしていた。

「それらしきイメージ」というものの化けの皮をひっぺがし、「ぶっちゃけこうじゃねぇの」というブレイクスルーな時代だったのかもしれない。70年代の不良ステータスからミュージックシーンが健全になったのもミックのおかげだろう。相場には”行き過ぎ”というのがあり80年代はよりポップな時代へ突入した。振り返れば軽すぎた時代だろう。揺り戻しで落ち着いた90年代は俄然格好よくなった。

ミックとキースが1本のマイクで歌う姿や、チャーリーの”おじぃちゃん加減”を隠すことなくありのままでドラムを打つ姿や、ロニーのギターを持ったたたずまいなど、どこを見ても全てが格好よく、私は約2時間にやけていたと思う。”加齢”というマイナスに成り得る要素も全て格好よさに変えてステージに立つ。ツェッペリンほど凝ったリフではなく、いたってシンプルなのにキースが弾いているというだけで生でないのが分かっていてもイントロで鳥肌が立つ。

アメリカの「屋根のある公共施設」というのは禁煙だと思うのだが、キースには当てはまらない。ステージ上で平気で煙草をふかす。それを消さずに放り投げる。キースにこの条例を当てはめるのは無粋というものだろう。

私はミックでもなくキースでもなく、ロニーが本当に格好よくて見とれてしまった。あんなじじぃになりたい。スキニージーンズにギターを持った姿。ベルトのバックルでギターを傷つけないようバックルが真横に来ていた。キースがあんな風だから真面目にギターを弾く。

記者「ギターが上手いのはあなたとキースのどちら?」
ロン「もちろん僕だ」

記者「あなたよりギターが上手いとロンウッドは言っているが?」
キース「それは間違いだ。2人とも下手糞だ」

確かにキースが上手いというのは聞いたことが無い。キースのギターに上手いも下手もない。キースのギターはキースのギターでしかない。

[The Rolling Stones] には [ing]がある。デビュー時につけられたこの名前は英国のことわざ[A Rolling Stones Gathers No Moss]。転がる岩に苔は生えない。から取ったものだが、[ing]が後世こんなに意味があるとは誰も思わなかった。映画から感じるライブ感は、いま流行の再結成でなく[ing]であるバンドの音であった。

ライブ映像をカットしてデビュー2年目のインタビュー
記者「2年目ですが今後どのくらい続けられそう?」
ミック「あと1年はやるだろうね。」

再びライブ映像に戻る。あと1年どころではない今のストーンズのライブ。
今までの「バンドの映画」というものの構成にはうんざりしていて、単にライブそのままを見せてくれたほうがよっぽどいいと思っていたが、この映画の構成に関しては見事にやられた。インタビューとライブ映像のカット割が素晴らしく、しかもテンポが良い。

最後ステージを降り、会場から出てどんどん引きの映像になってニューヨーク上空まで行き、大きな月がストーンズの舌出しロゴに変わる。この星にストーンズと共に時代をすごしている。”音楽”って凄い。衣食住などと違って生活に絶対必要ではない筈なのだが、「絶対必要だ」としか言えない。

しかしストーンズはイギリス人。詩の内容など全て理解できるものでもない。ならば日本人同士であるエレファントカシマシと共に時代を過ごしている幸福。みな健康であれ!

おまけ:調子に乗ってストーンズを弾き語りしました。


『敗北と死に至る道が生活』その1898
3連休は実家に帰って寝正月。めしが自動的に出てくるっていい。洗濯物を置いておくと自動的にたたんでおいてある。2層式にもかかわらず。その代わり灯油を買出しに行ったり、重いものや大きなものを買いに行った気分になってみたり。忙しい。

うちのマンションの地下にシアタールームというのがあって、好きなDVDを持ち込んで巨大スクリーンかつ凄いスピーカーで見ることが出来る。そこに wii をつないでスーパーマリオをやってみた。マリオが実物大になる。何を以って実物大かよく分からないが。実物大のマリオがキノコを食べるともっと大きくなる。ドットが荒くなるだけなので綺麗とは言えないが。プレステ3で実写版のスーパーマリオが出ないものだろうか。水中は綺麗だろうし、穴に落ちたら凄く怖い。そんな贅沢なんだか無駄なんだか分からない実写版スーパーマリオ。3Dは苦手。


『敗北と死に至る道が生活』その1899
武道館の予定見たら結構2Daysですね。エレカシもやりゃぁいいのに。
性同一性障害というのがあるのなら民族同一性障害というのもあるだろう。本当はアイスランド人なのに日本人として生まれてしまったとか。そういう人がアイスランドに旅行すると住み着いてしまう。ボビーも本当は日本人として生まれるべきだったのかもしれない。

出身国を聞かれて「サイゼリヤ・・・じゃねぇやナイジェリア」などというオヤジギャグを言う。外国に行って現地人を笑わせるなんていう芸当は私には不可能。

そろそろ wowow 契約する?何も考えずに2日分全部放送すりゃあいいんだ。と上から目線でご意見しようか。


『敗北と死に至る道が生活』その1900
手タレ、足タレというのがいて顔は出さないがパーツは綺麗だという。尻タレというのもいて尻がタレているどころか上がっているそうだ。

そんなことはどうでもいいが、お肉を噛み千切るほどの顎の力で唇を噛んでしまった。どんぶりで掻きこんだ白米が赤飯になっている。めでたい。実は口の中のほっぺの裏側を噛まずに食事が出来るというのは奇跡に近いそうだ。奇跡が日常でたまるものか。
久しぶりに新しいコンテンツを追加しました。あいうえお順の全曲名ファイルです。カラオケのキーなどを書き込むときにいいかもしれません。管理人がギターのカポとテンポを書いておく用に作ったものです。CSV形式なのでエクセルなどで加工出来ます。機種なんかも書いてみたら。なんだかすごく特定の人にしか使われない気がするが。というか誰も使わない気もする。

左メニューの適当な位置がなかったので「GUITAR」の中に入れてしまいました。ご自由にどうぞ。
「宮本の理由」がやっと更新されましたね。10年後も歌っていたい。興ざめなんかしないぞ先生!
こんなものの議論をいつまでやっているのだろう。

定額給付金を庶民は要らないと言っているのに、自民党はバラ巻くことにこだわっている。当初、選挙対策だと称していたのだが、逆に支持率が下がっている。にも関わらずバラ巻くのは何故だかさっぱり分からない。自民党にとってひとつもいいことはないからだ。

と昨晩、嫁と話していたのだが、今日の勝谷さんのメール(勝谷さんいわくメルマガでなく”メール”という私信扱いなので実名、放送禁止用語も可能とのこと)でなんとなく分かった。実に汚い魂胆だ。国家がらみのマネーロンダリングではないだろうか。事実(?)が知りたければ勝谷さんのメールを購読したらいい。って多分過去のメールは読めないけど。

大阪府知事の橋下さんは支給前のお金を学校の耐震化に使おうとしたら国から待ったがかかった。学校の耐震化に待ったを掛ける国がどこにある?ここにある。笑い話のようだ。

仕方なく一度バラ巻き、寄付という形で集めようとしている。一度バラ巻く行為にもお金がかかるので支給前に使いたかったのだ。国より各都道府県がまともなことをやろうとしている。もし貰ったら私は大阪に寄付でもするか。

自民党がやりたいことも橋下さんがやろうとしていることもキーワードは「寄付という形で集めようとしている」だ。同じ形式を取りながらやっていることの善悪は正反対だ。

と、いい人ぶって実際は PSP でも買ってしまうだろう。ダメ人間だ。頑張れソニー。


『敗北と死に至る道が生活』その1901
プロフェッショナルの仕事を聞いて泣いた。例のニューヨーク・ハドソン川への軟着陸。当初墜落と報道されていたが、元空軍の機長の冷静な判断で川に軟着陸。川だから着水か?これが市街地だったら乗客どころか住民も巻き込んでのえらい惨事だった。

私はニューヨークの寒さを身をもって体験してきた。あの気温で川に入った乗客は気の毒だが命を失わなくてよかった。きっと機長が堕ちる前から地上に連絡してすぐに救助が来たのだろう。「死者不明者ゼロ」という結果をもたらした機長の手腕に少々涙腺が緩んだ。これがプロの仕事だ。あっぱれ(拍)。

でも鳥の大群が原因だとしたら再発するかもしれない。鳥にあこがれたライト兄弟が夢見た飛行機が鳥によって落ちるとは皮肉だ。

先日、実家に帰るとき消防車が追い抜いていって路地に止まった。消防員が走り出した姿を見て、一人車の中で泣いてしまった。あの消防員は毎日命を掛けて仕事をしているのだな。と。日々体を鍛えていざという時に備えている。そのときのBGMが「俺たちの明日」だったことは偶然か。

何年だか忘れたがセナとマンセルのモナコでの数センチの攻防。セナがホンダエンジンのリミッターを解除し、ゴールした瞬間、白煙を上げた。監督がオーバーテイクボタンを押せ!と無線で指示した。壊れてもいいから勝てと。ラスト数周の攻防はとても興奮した。「後ろから速い車が来るからどきなさい」という意味のブルーフラッグがセナに対して振られたのだ。これも興奮をあおる演出だったのかもしれない。表彰台でマンセルが立てなくて座り込んでしまった。これもしばらく感動で泣いてしまった。記事を検索したら差は0.215秒だった。

私は愛だ恋だ出会いだ別れだというより、プロの見事な仕事を見ると泣くようだ。

だから消防員が放火とか、警察官が拳銃で自殺とか、成田空港で液体を持ち込んで注意した女性に逆ギレしたとか、およそプロらしくない話を聞くと怒りを覚える。死んでもいいけど拳銃の弾丸は税金だし、権力を持った組織にいると自分が権力を持ったと勘違いしてしまう。そんな私でも分かる大人の感覚が警察官にないのだ。


『敗北と死に至る道が生活』その1902
ソニーが何年ぶりかで赤字だというがシャープなんかずーっと赤字だ。っつうか赤いロゴなんだけれど。面白くなくても笑っておけ。あなたの笑顔はステキだ。見たことないけど。

ソニーのパソコンとソニーのテレビとソニーのブルーレイレコーダーとソニーのプレステ3を持っているのだが、その全てがインターネットとパソコンにつながり、ブラウザが入っていて、パソコンにためた音楽や映像を見る機能がついている。テレビ以外ではことごとくブルーレイが再生出来る。

結果、今、何を操作しているのか分からなくなる。ソニー特有のクロスバー形式のメニュー。どれを操作しても同じ。新しく何かを買った気がしなく、同じようなものを3台買った気がする。結果、ほぅパソコンがネットにつながるのか!プレステでゲームが出来るのか!と当たり前のことと驚くことを間違えてしまう。


『敗北と死に至る道が生活』その1903
必要にせまれらてプリンタのインクを買いに行った。ついでに必要にせまられていないプレステ3を買った。ブルーレイでAVを見たら凄いという噂なのでヨドバシカメラのAV館へ行ってみた。そんな館があるとは初めて知った。DVDの中に少しだけブルーレイのタイトルがあったが、熟女物。せっかく綺麗な映像で熟女を見るヤツがいるだろうか。

よくわからないなりにも電車の痴漢物とナース物を迷ってナース物を買ってみたが、映像が美しい割には被写体がブルーレイ向きでなかった。鳥肌がそのまま鳥肌として見せられて醒めてしまった。汚いものを忠実に見せられる。パッケージの写真は奇跡の写真?嫁の言うとおり痴漢物の方がよかったかなぁ。

そんなことよりヨドバシカメラに入社してAV館のレジを任される人ってどう思っているのか。ヨドバシカメラの人だから凄く商品知識があるだろう。「こちらはですね、モザイクの処理が一般より細かくてですね・・・」全部見ているのだろうか。それだけが気になる。それだけが。


『敗北と死に至る道が生活』その1904
会社の引き出しのカギを失くしてしまった。ちょっとしたキーホルダーをつけていたのだが。ゴミ箱にでも落ちたらゴミとしてしか扱われない。キーホルダーはキーホルダーの機能を果たしていない。ならばと今度は使わないマウスにつけた。大きいから失くさないだろう。

女子高生の携帯電話が携帯電話より大きいくらいじゃらじゃらしているのは、あながちバカでもないということだが、一見バカに見える。「あーすぃー?あーしいままるきゅう」。話すともっとバカに見える。

でも夕べの報道ステーションを見て思った。国会で自民党に質問をなげつけているレンホウさんも東国原知事もたけしの番組で熱湯コマーシャルに出ていた2人だ。「あーすぃー?あーしいままるきゅう」の女子高生だって立派になる可能性も否定できない。

通訳すると「あーすぃー?あーしいままるきゅう」は「私ですか?私は今109にいます」のことだ。


『敗北と死に至る道が生活』その1905
国がお金をくれるというのに、大勢の国民が要らないという不思議な国にお住まいのみなさん今晩は。

義務も果たさず権利ばかり主張するヤツ等には辟易しているのだ。安易に派遣を切る企業も悪いが、たった一ヶ月無職で暮らせる貯蓄もせず安い寮に住まわせてもらい、たまの休日には暢気にパチンコで散財していた人も悪い。どっちもどっちだ。

オバマさんの「義務を喜んで引き受ける」はよかったなぁ。イスラム圏の一部過激テロリストに向けた「何を破壊するかでなく、何を築けるかによって評価される」も素晴らしいメッセージ。テロリストは、破壊することで何か進展したか?自らの評価を下げることに気づくべきだ。

勝谷さんによるとオバマさんの言ったものは27歳のスピーチライターと一緒に書いたものだとか。紙を見ている様子はなかった。それが当たり前だ。心の言葉だった。日本の政治家はいちいち下を見て確認しながら話している場面が多い。たまに心の言葉を言うと失言してしまう。それが本音だからだ。

大統領を見られるという保証も無いのにみんな氷点下5度のワシントンDCに集結していた。歴史に立ち会いたかったのだ。消費経済というのはマインドやムードと言ったよく分からないもので流されるのであの勢いはアメリカ経済の復活を予感させる。アメリカのマスコミは「100日間は叩かない」という暗黙のルールがあるのだそうだ。強いリーダーがいて羨ましい。

なんだかんだ言って日本人はアメリカが好きだろう。違う?


『敗北と死に至る道が生活』その1906
寝顔を見られるのがシャクな皆様今晩は。Windows標準の日本語入力システム使ってる人が大半だと思うが、出るべき漢字が出ない場合。一度「無変換」を押してから「変換」すると出るかも。業界ではWindows標準の日本語入力システムのことは「あいえむいー」と言われているが覚えなくてよろしい。あなたが覚えることはこんなことではない。
WOWOWで映画「アース」をやっていた。これ確か映画館に見に行った。白熊が生活する氷がなくなって泳いでる環境問題の映画。住む場所が無いなんて悲惨だ。ガザ地区の子供に記者が「今何が一番欲しいか?」と問うたら「座る場所」と答えていてとても可哀想だった。少女の家族もみな死んでしまい、家は瓦礫。上野公園の白熊の方が幸せと思ってしまうという不幸。

さすがデジタルの映像。熊の毛から雪の風紋まで綺麗に見える。ブルーレイの一番いい画質で録画してやった。バラエティーなんか見てる場合じゃない。

ところがうちのテレビはハイビジョンではあるが、フルハイビジョンではないと嫁に教えてもらった。家電サラリーマンだった筈なのだが、時代についていけてない。でもハイビジョンとフルハイビジョンを見比べて分かるのだろうか。今でも十分綺麗だ。人の欲望ははしたない。じゃなくて果てしない。

3月まであと2ヶ月で4月まであと3ヶ月だ。地球が正常ならば雪が溶けて桜が咲いて散るのかもしれない。とは言え、東京には雪が積もらなくなった。数年前までは積もる日が数回あったのだが、最近は全く積もらない。もう真っ白な東京は見られないのか。花粉症気味なので春は嫌いだ。


『敗北と死に至る道が生活』その1907
コートを着るとき普段とは逆の腕から着てごらんなさい。二人羽織りで蕎麦喰う感じになるから。二人羽織りで蕎麦喰ったことないけど。

昼飯はどうでもいいのでパンにしている。そんなことを言うとパンの国に人に失礼かもしれないが、パンの国の人が日本語を読んでいる確率は少なく、更にここを見る確率も少なくほぼゼロだと考えるがどうだろう。私、パンの国の人ですという人がいたら申し出てください。「あぁそうですか」と返信させていただきます。

フランスパンに明太子を乗せたやつがあり、それが不味くてたまらないから、月に3回は買ってしまう。パン2個で300円程度。大崎の定食屋に800円も出せるかっつううの。「こんなものを作りやがって」「パンが魚臭いってどうゆうことだ」「俺が日本人だからまだ食べられるが外国人だったら吐き出している」と毎回思う。でもつい買ってしまうのは何故だ。単に硬いものが好きだからだろう。昭和の人間は固いものが大好きなのだ。タケノコやゴボウやレンコン。ザクザク食べてる感じがたまらない。昭和は関係ないのかもしれない。

大体今のグルメレポーターは何だ。何喰っても「やわらか~い」。やわらかけりゃいいのか?ハンバーグもジューシーならいいのか。汁も出ないボッソボソの「お肉食べてます」的なハンバーグもたまには食べたいではないか。

ところでセロリの溝ってマヨネーズを入れる用に神様が作ったらしい。丸ごと1本ちゅーっとマヨネーズを乗せてボリボリ喰う。丸ごと1本ってのはセロリのことであって、マヨネーズのことではない。QPちゃんは冬でも裸同然。マヨネーズが肌色だから余計そう思う。寒くは無いそうだ。かなりの勢いで手を広げている。かなりの勢いで手を広げているったって昔のライブドアじゃないぞ。

ところでカンガルーのポケットの中身は相当臭いらしい。洗うときは中身を確認しないと二度と行かないキャバクラの名刺なんかがボロボロになるから気をつけたまえ。

と母は思っただろう。


『敗北と死に至る道が生活』その1908
キムチの匂いのついてしまったタッパーを洗っては乾いては洗っているが、こんなに苦労するならいっそ捨ててしまって新しいの買ったほうが早いのではないかとどうでもいいことで悩んでいる管理人です。調子はどうだ。

歯医者の定期検診に行ってきた。悪いところはひとつもない。が、歯医者が好きなのだから仕方がない。夜は歯間ブラシとフロスと手動と電動。最後にリステリンのスタンダードな茶色いやつをやっているせいで、毎回上手に磨けてますと言われる。歯だけはちゃんとしといた方がいいですよ。

歯医者に行くと必ずうな丼の「丸富」に行く。1,300円でめちゃくちゃうまい。。。近所にあったら頻繁に行ってしまうから遠くてよかった。


『敗北と死に至る道が生活』その1909
自分でエビフライをあげたら喰い過ぎちまった管理人です。天ぷらより簡単ですね。

昨晩からオフィシャルにつながらないため、当ページの表紙も遅くなっています。内部的にオフィシャルに接続しに行って更新を確認しているためです。レスポンスが返ってこなければ諦める時間を3秒に設定しなおしました。どうしちゃったんでしょうかねえ。


『敗北と死に至る道が生活』その1910
立ち見でも同じ金額か。。どうせ全席立ち見なんだが。とは言え後ろなんだろうが。うううてっきり追加公演かと思った。
加湿器をつけていると布団が湿っぽくなるので布団乾燥機をやったのだが、一体何を望んでいるのか分からなくなる。そんな1月も終わろうとしている。どんな1月だ。

コンビニに行くと買いもしないくせにアイスのボックスを覗き込む。ガリガリ君の妹が出ていた。冬なのに。2人とも全然ガリガリじゃない。冬だ。
タラバガニはカニではないというが本当だろうか。ブラックタイガーは虎じゃない。でもホワイトタイガーは虎なのだ。エビのくせに虎に例えられていることなど本人たちの了解を得ているのだろうか。聞いても肯定しか出来ない体型なのだが。きっと虎の模様に似ているからだろう。虎ありきでエビ。一方で「エビイモ」などというイモもあって、これは模様がエビに似ているからだという。こちらはエビありきでイモなのだが、どう考えてもイモの発見の方が早かったはずだ。とすればエビの方がイモに似ているので「イモエビ」になる筈なのだし、虎は「イモエビタイガー」になる筈なのだが格好悪すぎるから却下する。

布団乾燥機なんか持ってないし。


『敗北と死に至る道が生活』その1911
安いシャンプーは詰め替え用だけ売っていて本体を見かけないがどうなってんだろうか。もしかして詰め替え用しか作ってない?坊主で TSUBAKI なんぞ使っていてもキューティクルが光った瞬間に刈り取られるのが関の山。

私が中学生だった頃、人のことを「~選手」と呼ぶのが流行っていた。「~君」だと水臭いし呼び捨てるほどの仲でもない場合。「~選手は何部なの?」

将棋部だったりする。

桜田淳子がまだ壺を売っていなく、「道に落ちている何か。プライスレス」などと言いながら落ちていたガムなんぞを拾い喰いしても大丈夫な平和な昭和50年代。中学生だというのに休み時間に追いかけっこをしていた。私が追いかけていた。相手は走り逃げながらいきなり前のガラス戸をしめた。私はそこに思いっきり突っ込んで行った。割れたガラスが首に来ていたら・・・。

今考えたら死んでいてもおかしくない状況だった。手を少し切ってガラス代を払わされただけで済んだ。親が払ったんだが。今考えると親には感謝の気持ちと謝りたい気持ちと沢山あるのだが一度も言ったことが無い。そんなテレビ番組でもあれば手紙を書いて母を号泣させる用意はいつだってある。「せっかくのすきやきなのに、ふりかけかけてごめんなさい」。泣くか?

バイクで居眠り運転も2回やってハッとした。車と同じで昼食後の暖かい日の長距離ツーリングは眠くなったりする。今考えたら死んでいてもおかしくない。あなたにも数回あるだろう。ふりかけたことが。


『敗北と死に至る道が生活』その1912
VirtualPC に Windows7 を入れたが VirtualPC 追加機能が入らなくてブルースクリーンになる。ベータ版とは言え何もしないうちからブルースクリーンが出ると触る気がしない。速攻削除してやった。Virtualって便利だ。
参議院でAと結論する。衆議院でAならもちろんAで決まり。でも衆議院でBなら引き分けでも結局Bになる。ならば参議院など不要ではないか。と思うが、頭のいい大人のやっていることだからもっと思慮深いことによりそうなっているのだろう。次の選挙は一党多裁国家を悔い改めさせるチャンスだ。

「奴隷天国」が何故廃盤か知らないが、派遣制度は任意の奴隷天国。企業も悪いという空気になっているが、企業は制度を利用したに過ぎなく、その制度に乗っかって派遣従業員になったのは自分の意思。強制された訳ではない。小泉竹中時代の任意の奴隷天国制度。そういう意識で「奴隷天国」を聞いてみた。

「つらいつらいと同情を乞うて果てろ」。まさしく年末の日比谷公園状態。「生まれたときから何をしてきた」。クビ切られてすぐにホームレスって極端過ぎないかと思っていた。私も派遣。いつ切られても1年以上は生きていけるように貯蓄は大切。そんな意識もなく休日にはパチンコにでも明け暮れていたのだろう。頑張ってきた人は暮らせているので何の支援も無い。パチンコに明け暮れたヤツも何人か混ざっているだろう。なぜ一緒くたに支援しなきゃならんのだ。本当に生まれたときから何をしてきたのだ!

「なんにもできずに オロオロオロオロ 茫然と立って果てろ しかばねめ」「無理を承知でまた繰り返されるしかばねどものいいわけ」「生まれたときからいいわけばかりさ」「右往左往であくびして死ね」。全局が何故か顔をぼかして報道という映像にこの曲を・・・。

派遣切りの話はもういいってか。もうしません。


『敗北と死に至る道が生活』その1913
阿部寛が抱えて持ってくるようなハムを買ってきて厚切りにしてハムカツを揚げてみた。ついでに普通の薄いやつも。普通の薄いヤツの方が断然おいしかった。何故だろう。厚み?ついでにギョニソもやってみた。ギョニソは全然うまくない。天ぷらの方がいいかも。ギョニソとは魚肉ソーセージのこと。

料理って味以外の何かでも変わってしまう。温度とか。手順とか。一つ何かをするかしないかで全然違う。

面白いと言えば面白いが、一人暮らしならば絶対店に行った方がいい。テレビや雑誌で一食あたり200円!とか言うが、大根100円で買ってきて十分の一しか使わなかったから10円として計算している。大根十分の一を10円で売っている訳ではない。結局後ろに90円分残っていて一週間くらい大根を無理して食べるハメになる。プリン作るのも最低4個は作ってしまう。誰が食べるのだ。

再び使う頃には賞味期限切れになっているバニラエッセンス。最初から腐っていたんじゃないかと思わせるアンチョビ。バニラアイスにかけて以来使い道が分からないバルサミコ酢。周辺機器ばかり増えて邪魔くさ。

自分で作ったからと言って、おいしいものが出来る訳ではない。料理をやる度に「二度とするものか」と思う。でも残った油を使い切りたい。ってまた天ぷらやっちまうんだろう。油物が好きな割にはさほど太らない体質で良かった。


『敗北と死に至る道が生活』その1914
今日は雨風が強いので外出は控えろという昨日の天気予報を信じて食材を買い込み寝正月と決め込んだのだが外を見たら大した雨も降らず風もなかった。雨を免罪符に引き籠っていたかったのだが、こんな穏やかな日に部屋にいると罪の意識を感じるのはきっと私だけだろう。

キーワードで勝手に取ってくれるビデオに溜まったヤツを見ては消し、見ては消し。なんだか毎週土曜日にこの作業をやっている気がする。地上波の番組など見なければ見ないでも済んでしまう程度のものなんだが。時間の無駄なんだろうが、無駄な時間を費やすというのも贅沢なことだ。

見ながら寝てしまい、昼飯を食べ、見ながら寝てしまい夕方になってようやく台所をマジックリンと部屋に掃除機をかけた。いったん動き出すと活動的になるのだが、いかんせんエンジンがかかったのが夕方なのだから何をするにも中途半端だったりする。

夜更かしすると月曜が辛いので零時には布団にもぐりこんでしまうのだろう。


過去
2017-01|02|03|04|05|
2016-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003-01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2002-04|05|06|07|08|09|10|11|12|

一番上へ